オーパ・クラフト「ミニボート安全講習会」開催 東部知多温水プール 7月17日

分割ボートのパイオニアとして今年42周年を迎えたオーパ・クラフト社。安全性の向上に大いに寄与する特許をいくつも取得するなど、常に革新的な進化を遂げる企業姿勢と高い技術力を評価され、経済産業省から「転覆防止用フロート事業」が優れた認定事業として認められている。

さらなる安全・安心につながる社会貢献活動の一環として、今年も「第9回ミニボートのための海上安全講習会」を行う。名古屋海上保安本部の協力の下、ボートを安全に操船するために最低限必要なルールとマナーをまとめて分かりやすくレクチャー。すでにボートフィッシングを楽しんでいる人やボートを購入する予定のある人は、ぜひ知っていてほしい内容だ。

ボートを操船する上で必要な基本的なルールやマナーの講習のほかに、海上保安官の話、さらにはゲーム感覚で体験できる模擬操船実習やロープ実習などもあり、楽しくためになるトピックが盛り込まれる予定。

海開きを迎え、爽やかなボートフィッシングが明日のための大いなるリフレッシュをもたらしてくれる季節。この機会にぜひ講習会に参加してはいかがだろう。

  • 主催…オーパ・クラフト
  • 協力海上保安庁名古屋保安本部
  • とき7月17日(日)
  • ところ東部知多温水プール2F大会議室(愛知県大府市大東町2丁目=資料送付予定)
  • 時間午前10時~午後12時20分
  • 定員15人
  • 講習費500円(テキスト代、講習用ロープ代として)
  • 応募方法はがき、またはFAX、電話、メールで住所、さん名、年齢、電話番号(できれば携帯番号も)、ボート歴(例=ジョイクラフトボート使用5カ月、小学生の息子と行く)を明記
  • 応募期間7月4日(月)~13日(水)。※金・土・祝日定休
  • 発表はがき、またはFAX、メールにて返信予定

▼申込先
有限会社オーパ・クラフト
〒474-0023愛知県大府市大東町2丁目100番地
電話0562(57)3901、FAX同3902。メールアドレスinfo@opacraft.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 美しいアマゴに会いに行こう
    週刊つりニュース各版 2019年2月18日(月)発売 編集部から …
  2. 週刊つりニュース関西版 2019年2月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流釣り解禁特集」 北陸など一部ではすでに解禁済みの河川もあるが、…
  3. 週刊つりニュース関東版 2019年2月22日号表紙
    ■今週の特集 「メバル」 春告魚と呼ばれるメバルが東京湾で開幕。モエビエサやルアーでの…
  4. 週刊つりニュース中部版 2019年2月22日号表紙
    今週号は「3月渓流解禁特集」 2月1日に開幕を迎えた渓流釣り。3月からはさらに多くの河川が…
  5. 週刊へらニュース 2019年2月22日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「北本総合公園の池(埼玉)」 立春が過ぎ、ヘラ釣りのビッグイベント…
  6. 週刊つりニュース西部版 2019年2月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流解禁直前特集」 今週のつり作戦は、お待ちかねの渓流解禁直前大特…
  7. 週刊つりニュース関東版 2019年2月15日号表紙
    ■今週の特集 「ヤリイカ」 ファン待望の釣趣&食味が魅力のヤリイカが本格化。 茨城…
  8. 週刊つりニュース関西版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「フカセ釣りでチヌと勝負」 大阪湾の波止では、寒チヌがシーズン本番!…
  9. 週刊つりニュース西部版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒グロ釣り」 今週のつり作戦は、ウキ・フカセ釣りで狙うクロにスポッ…
  10. 週刊へらニュース 2019年2月15日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「道の口沼(千葉)」 一年で最も寒い季節であり、野釣りはどの釣り場…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る