「第32回シマノJC投(キス)釣り選手権 全国大会」結果リポート 鳥取・弓ヶ浜 鈴木剛選手が初優勝

鈴木・取り込み

7月2、3日(土、日)、鳥取県弓ヶ浜で、シマノ主催の「ジャパンカップ投(キス)釣り選手権第32回全国大会」が開かれた。予選リーグを2位で通過した鈴木剛選手が、初の栄冠を手にした。〈週刊つりニュース大阪本社・谷伸一〉

全国で行われた地区大会、そしてセミファイナル北日本、東日本、西日本大会を勝ち上がった20人、インストラクター選抜から1人、昨年度全国大会シード選手3人の総勢24人が弓ヶ浜に集結。

決勝の予選リーグは2日の3試合が90分、3日の2試合は未明からの雷雨の影響で60分ずつの計5試合が行われた。

24人が3ブロックに分かれ、キスの総重量でブロック内の順位を決定。ポイント制によって決勝進出の3人が選ばれる。

決勝は予選リーグ5試合のうち4試合でブロック内1位になり、ポイント制でトップ通過した吉野海洋選手(シード全国)、2試合でブロック内1位になり、いずれも3位以上でポイントを加算した鈴木剛選手(SF北日本大会)、そして第5試合でブロック内1位になり、土壇場で決勝進出を勝ち取った草野満選手(インストラクター選抜)の戦いとなった。

3日は予選リーグを進めるにつれて天候が安定し、厳しい日差しが照りつけるほどになった。

決勝は大会本部前に手つかずエリアを設定。午前9時55分から5分間のインターバルを設け、1時間の競技ごとに3エリアを移動しながら3試合行った。

吉野選手、草野選手とも超遠投派。南からの追い風も加わり、9~10色投げ込むフルスイングでギャラリーを圧倒する。

鈴木選手はマークしていたエリアへ最初に入れていく。数投で良型キスが連で掛かったことにより好感触を得たこともあり、持てる引きだしを駆使して、マイペースで試合を展開していった。

7色投げ込んで引いてくると良型キスが掛かる。予選リーグでパターンをつかみ、1色分を引いてすぐに巻き上げて効率をアップ。

キスを順調に連掛けしている鈴木選手は、終始リードを保って競技を進行していく。大会終了の合図とともに、ギャラリーの誰もが鈴木選手を見守っていた。

大会本部前で3人そろって検量。草野選手の573グラム、吉野選手の645グラムを制した鈴木選手は1503グラムだった。

鈴木選手は5回目の全国大会出場で初優勝。第8回全国大会優勝の鈴木一正さんと二代続いての親子優勝となった。

「うれしいのひとことです。やっとプレッシャーから解放されました。親子三代優勝を思っているので、息子に一番に伝えたい」と語った。

鈴木選手タックル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関西版 2017年6月30日号表紙
    ■今週のつり作戦 「マアジ最盛」 口周りが弱くハリ外れしやすいのに、引きは強烈! やり…
  2. 週刊つりニュース関東版 2017年6月30日号表紙
    ■今週の特集 「ルアーで、エサ釣りで! マゴチ」2~4面 ~茨城・豊丸、東京湾・弁天屋…
  3. 週刊へらニュース 2017年6月30日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「ビン沼(埼玉)」 関東で一番人気の野釣り場と言えば、まず浮かぶの…
  4. 週刊つりニュース中部版 2017年6月30日号表紙
    ■今週のつり作戦 「テナガエビと遊ぼう」 ~釣趣&食味ともに魅力満載(2~3面…
  5. 週刊つりニュース西部版 2017年6月30日号表紙
    ■今週のつり作戦 「夏のオフショアゲーム」 シンプルなタックルでヒットさせるまでの駆け…
  6. マゴチ00
    6月11日(日)、「第3回鹿島灘マゴチ釣り大会」が開催された。鹿島旧港と新港から15隻168人…
  7. ◎一鱗会 6月11日(日)、東京湾金沢八景の船宿で例会を開催。参加14人でシロギス総尾数の…
  8. 6月26日(月)、茨城鹿島の不動丸と植田丸で「真鯛魂レンジセッター釣行会」を開催する。 詳…
  9. 7月30日(日)、天羽漁業協同組合湊支所つり船部主催の第15回上総湊港伝統釣法真鯛シャクリ釣り…
  10. 山と渓谷社「改訂新版サケマス・イワナのわかる本」
    山と渓谷社は「改訂新版サケマス・イワナのわかる本」を刊行した。 北極から温帯まで、北…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る