東京・板橋 和竿工房 竹岡 世界にひとつだけの作品が作れる

店内には素材の竹が豊富。希少品も

東京都板橋区にある和竿工房竹岡は、志村坂上の「竹ぞう」を継いでできた店。和竿作りはもちろん、完成品や工具、素材の販売も行う。

和竿工房竹岡_店舗外観「この時期人気なのはハゼやシロギス用です」と竹岡美弦店長。店内には多くの竹や工具、用品が並んでおり、必要なものは揃っている。

「和竿製作の魅力は、何と言っても世界に一本だけの竿が作れること。いろいろ試したり遊んだりできるよ」と店長。例えば女性ならカラフルな紅白模様の竿を作るなど、自由気ままに楽しめる。最近は若い人もよく訪れるという。

自分で作った竿で魚を掛けて釣ると嬉しいもの。和竿特有のアタリの表れ方や調子、やり取りの妙味が気に入り、ハマってしまう人も。

同店には先代・竹岡和彦さんが集めた竹素材が豊富。竿の種類に合わせ好みの一本を選べる。

布袋竹は粘りがあり、胴調子のヘチ竿やタナゴ竿に有用。節を残した味わい深い竿が作れる。丸節竹は硬さがあり、カワハギなど先調子の竿に使われる。矢竹は弓矢に使われる素材。節周りがすっきりしており、ヘラ竿やハゼ竿に使える。同店では元素材に加え、中通し用に先端まで穴が通っているものなども用意されている。

作業工程は、切り組み(竹を継ぐ)までは店で行う。その後の糸巻きや色塗り、模様付けなどは日数が掛かるため、自宅でのんびり行うといい。もちろん店でもOKだ。

必要な素材や費用は、ハゼ竿を例にすると、素材は竹¥3500~5000、ガイド¥100~。ほかに絹糸¥1500、人工漆¥400~600など。すべて合わせても1本あたり¥8000~1万ほどで製作可能。完成品が数万~数十万円することも多いものだけに、「意外と安く作れるんだなと驚く人はいます。高級品には及ばずとも、作る面白さを味わい、実際に使って遊ぶには十分ですよ」

和竿工房竹岡_完成品の販売もある同店は完成品も取り扱い。しっかりとした技術で作りこまれた逸品を購入するのもいいだろう。
 
店長は「和竿作りが初めての人も歓迎です。ハゼ、キス、タナゴなど好みの竿を作りましょう。私のほか足繁く通う常連もおり、教えあいながら和気あいあいと製作できますよ。日本伝統の文化に触れて、自分だけのオリジナル竿を作ってみませんか」と話した。

▼問い合わせ
和竿工房竹岡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関西版 2018年6月1日号表紙
    ■今週のつり作戦 「タラジギングに挑戦」 マダラといえば冬のイメージが強いが、釣りのタ…
  2. 週刊へらニュース 2018年6月1日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「芦ノ湖(神奈川)」 神奈川県箱根町にある芦ノ湖が面白くなってきた…
  3. 週刊つりニュース西部版 2018年6月1日号表紙
    ■今週のつり作戦 「初夏のブラックバス」 今週のつり作戦は、大人気のブラックバスゲーム…
  4. 週刊つりニュース中部版 2018年6月1日号表紙
    ■今週のつり作戦 「工夫を重ねてスキルアップを目指せ!! ムギイカメタル」 ~日本海初…
  5. 週刊つりニュース関東版 2018年6月1日号表紙
    ■今週の特集 「コマセ釣り」(2~5面) 釣り物が多彩なコマセ釣り。東京湾剣崎松輪・あ…
  6. enagyokyou
    岐阜県中津川市の恵那漁業協同組合では、中津支部の理解と協力もあって「中津川あゆビギナーズエリア…
  7. 釣りと環境保全を学ぶ「子どもかんきょう釣り教室」〈主催・認定NPO法人日本釣り環境保全連盟、東…
  8. urugi
    長野県下伊那郡売木村を流れる売木川で、今年も「南信州うるぎ村渓流釣り祭り」が開催される。 …
  9. amagasaki
    兵庫・尼崎市立魚つり公園で6月2日、「レディース魚つり大会」が実施される。 詳細は次の通り…
  10. orland
    6月、7月にオーランド(大島製作所)主催の「黒鯛(チヌ)落とし込み初心者講習会」、「黒鯛(チヌ…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る