ヤマハ「SR-X 24」

ヤマハ「SR-X24」

ヤマハからプレジャーボートの新モデル「SR-X 24」が9月中旬発売予定。

「SR-X 24」は釣りだけでなくクルージング、トーイングなどのさまざまなマリンプレイに対応するマルチパーパスボート。

艇体にはスクエアバウが好評のフィッシングボート「YFR-24」と同型の最新船型を採用。優れた走行性能と安定性を発揮。

モーターボートらしさを演出するオープンタイプの外観デザインを採用。10人分の座席スペースを用意し、大人数でのクルージングやマリンスポーツを可能にした。

船外機は遊びのスタイルに応じて「F150D」、「F200F」の2種類から選択可能。

全長:7.2メートル、全幅2.59メートル、全深さ:1.74メートル、船体質量1474キロ。定員10人。カラーは全6色。
メーカー希望小売価格は法廷安全備品他含め「F150」が¥607万9500、「F200」が¥628万6500。

ヤマハ発動機お客様相談室
TEL0120(090)819

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関西版 2017年3月3日号表紙
    ■今週のつり作戦 「根魚ライトゲームに夢中」 メバルやガシラといった根魚は、手近な波止…
  2. 週刊へらニュース 2017年3月3日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「水城公園しのぶ池(埼玉)」 三寒四温を繰り返し、春の足音が聞こえ…
  3. 週刊つりニュース関東版 2017年3月3日号表紙
    ■ボートショー特集 3月2日~5日の四日間、神奈川・パシフィコ横浜と横浜ベイサイドマリーナ…
  4. 週刊つりニュース中部版 2017年3月3日号表紙
    ■今週のつり作戦 「エリアで巨大トラウトを迎え撃て」 ~興奮のサイトフィッシング(2~…
  5. SHIMANO SQUAREの入り口
    2月8日(水)、株式会社シマノは、グランフロント大阪・北館(大阪市北区)のナレッジキャピタル4…
  6. 週刊つりニュース西部版 2017年3月3日号表紙
    ■今週のつり作戦 「早春のチヌ」 今週のつり作戦は、乗っ込み前哨戦ともいえる早春のチヌ…
  7. フィッシングパラダイス「Under baitSP 200(アンダーベイトスペシャル)」
    東京都世田谷区にあるフィッシングパラダイスから玄界灘や長崎平戸、佐世保~五島沖で人気の落とし込…
  8. フォレスト「ネイティブシリー MIU 7g」
    フォレストから渓流、湖で大活躍のスプーン「ネイティブシリーズMIU」に待望の極厚7グラムが新登…
  9. アルミTP-110W 
    ホープから、バスアングラーの待望のパントボート新登場。 「テキサス・パントTP-11…
  10. サンライン「磯スペシャルフカセちぬ競技」
    サンラインから粘り強さが大型クロダイを浮かす磯釣り用ライン「磯スペシャルフカセちぬ競技」が3月…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る