夏休みにイチ押しの釣り場を大特集 週刊へらニュース

関東地方も梅雨明けで、いよいよ夏本番。準山上湖や山上湖にはボートがズラリ並ぶ。一方、管理池の桟橋にはパラソルの花が満開。今年も各種イベントや大会が多数予定されている。そんな夏休みにイチ押しの釣り場を大特集!!

★精進湖・山梨
山梨県南都留郡富士河口湖町にある精進湖は、ヘラブナ釣り発祥の地とうたわれるほど魚影の濃さ、ロケーションともに最高の釣り場。新緑に包まれた富士の裾野で〝ヤマ〟の釣りを満喫できる。今年もシーズン開幕直後から数&型ともに好調。梅雨の影響も少なくヘラの活性は湖全エリアとも高い。ポイントによっては爆釣も期待できる。

赤池地区
数を釣りたければ文句なしの好エリア。本紙協定「ニューあかいけ」の得々パックを利用すれば、宿泊と舟代がセットの格安料金になるのでリーズナブル。宿泊はもちろん、レストランも営業しているので昼食利用も大歓迎。

今年は例年以上の爆釣で、コタツ、浮島、黒岩の各ロープで平日、土日祝問わず100枚以上の大釣りが続き絶好調。夏の終盤から秋になると、良型ぞろいの釣りが楽しめる。
ニューあかいけ0555-87-2351

本湖地区
肉厚の良型地ベラをメーンに狙いたければ本湖がおすすめ。他手合(たてごう)の浜からは大室山を前景とした「子抱き富士」と呼ばれる富士山の雄大な姿を正面に望み、大きく開けた湖面に舟を浮かべて竿を出せば一日贅沢な時間を過ごすことができる。

湖畔にある「金風荘」からは本湖の好ポイントである中央、小割れ、藤蔵、天神の各ロープへ至近。宿泊可能なので、本湖をメーンにした例会に最適。
金風荘0555-87-2020

中の湖地区
青木ヶ原から広がる新緑に包まれながら涼しく釣りが楽しめるエリア。そこに位置する「ホテルはつかり荘」は、客室20室、広間、宴会場を完備する大型の舟宿。なので大人数での例会・釣行にはもってこい。

同地区は乗っ込み時期からシーズン終盤までを通して良型地ベラが主体。中の湖、ホテル下、大割れの各ロープに至近で2枚1キロ級の良型を主体に、その強引きをじっくり味わえる。
はつかり荘0555-87-2087

釣期は3月~11月。入釣料は¥600、放流バッジ持参者は¥500。舟代¥3000、放流バッジ持参者¥2500。出舟時間は8月31日まで5時~17時、9月5時30分~17時、10月以降は6時~17時。


★松原湖・長野
長野県南佐久郡小海町にある松原湖は高原湖の人気スポット。標高1123メートルと国内有数の高地にある釣り場で、夏は涼しく明け方は上着が必要なほど。湖からは壮大な八ヶ岳連峰を望め、夏はカラマツやシラカバなどの緑に萌える。また、シーズン終盤の10月ごろには、湖が紅葉に包まれる。湿度とほぼ無縁で快適に釣りに集中できる。

釣り場は猪名・長・大月の三湖あるうちの本湖とも呼ばれる猪名湖がメーンで、舟釣りが主体。毎年新ベラ放流もされているので魚影は濃く、尺前後の中型主体で、数を狙うスタイルが中心。湖畔にあるリゾートイン立花屋からは、湖全域のポイントへ好アクセス。夏は北風倒木、稲荷、弁天、姥の各ロープが狙いめ。宿泊も可能なので、レジャー釣行に最適。
リゾートイン立花屋0267-93-2201


★円良田湖・埼玉
埼玉県大里郡寄居町にある円良田湖は、荒川上流の玉淀河原、秩父長瀞の水と緑に囲まれた好環境。東武東上線池袋駅から湖最寄りの寄居駅まで約90分、関越道花園ICから湖まで約15分と都心から車や電車でも好アクセス。

観光協会の熱心な管理のもと釣り場の保全がなされており、桟橋も整備されている。毎年数回にわたる新ベラ放流がされているので魚影の濃さは抜群。釣り方は舟、桟橋、陸と好みのスタイルで楽しめる。

湖の周辺には鉢形城址公園やブドウ狩り園など散策スポットが豊富。荒川上流の広大なかわせみ河原はキャンプ&バーベキュー場として開放される。一部は、河原まで車の乗り入れが可能なので夏休みでも混雑なく家族や友人とのレジャーに最適。

なお、冬には常管桟橋に仕切り網を設置するので真冬でも好釣果は珍しくない。ちなみに、冬の同湖ではワカサギ釣りも盛んで、解禁日には出舟時間前から行列ができるほどの人気。
寄居町観光協会・円良田湖事務所048-581-8511


★聖湖・長野
長野県東筑摩郡麻績(おみ)村にある聖湖は標高1000メートルの高原にある自然湖で、避暑と釣りの両方を同時に満喫できる。高原リゾートにはレジャー施設が点在し、家族連れでの釣行に最適。

村が湖の管理と整備に力を入れていて水質はよく、毎年の新ベラ放流のため魚影は濃い。1532メートルある湖の周囲には、街道、一本杉、崖、公園下、弁天、白樺の6つの桟橋が設置してある。駐車場を完備、桟橋は固定されているので揺れもなく、年配者や女性、子どもでも安心して釣りやすい好環境。竿規定は21尺まで、宙~底ともに好みの釣り方で中型主体の元気ベラとのやりとりを楽しめる。日によっては、いい人で100枚以上の好釣果もめずらしくなく、数釣りも狙える。

入釣料は一日¥1500、午後¥800。中学生以下は一日¥800で午後¥500。証明書持参の65歳以上と8人以上の例会(要予約)は¥1300。
聖高原リゾート0263-67-2133


★西湖・山梨
山梨県南都留郡富士河口湖町にある西湖は、雄大な富士山と青木ヶ原樹海の緑に包まれた湖。

最深部が71.7メートルと深く、湖水の透明度は高い。海抜902メートルの高地にあるため気温、湿度ともに低く、夏でも涼しく快適。幹線道路から離れているので騒音も少なく樹海を吹き抜ける風や、波の音を聞きながら釣りに没頭できる。精進湖とともに近年夏は絶好調。とくに西湖は全エリアで好釣果があがっているので全国から釣り人が集まってくる。

前浜地区
きれいな湖水と浜が広がるエリア。春には沖ロープで産卵待機するヘラ狙いが面白い。乗っ込みの時期にはメッカともいえるほど抱卵した大型ベラとそれ狙いの釣り人で大いににぎわう。さらに近年は乗っ込みシーズン以降でも釣果は好調をキープしたまま。夏本番に突入した現在、30~40センチの良型地ベラを主体に50枚以上という釣果もアタリ前なほど。前浜の各ロープ、浅原、東電ポンプなどが好ポイント。前浜のロープは風向きやその日のヘラの動きによって沖向きか岸向きかを選択することが好釣果のカギ。湖畔にある釣舟・白根からは前浜エリアへ入釣するのに便利。
釣舟・白根0555-82-2021

クワルビ地区
春と秋の好ポイント。前浜のようになだらかでフラットなエリア。クワルビロープでは藻面の底釣りが面白い。対岸には溶岩帯の好ポイント高松エリアがある。丸美を利用すれば、店主に曳き舟してもらえるので例会も楽で快適。

クワルビ浜にある「貸しボート・民宿丸美」では、西湖では数少ない宿泊釣行が可能な舟宿。客室は8部屋(最大30人収容)、一泊¥3000~。
貸しボート・民宿丸美0555-82-2498

根場地区
湖の西、ワンド状になっているエリア。本湖のように広大でないので、引き舟なしでもポイントへの移動が簡単。沖ブナイ、エゴ、ユース下の各ロープまたは岩盤着けが好ポイント。どこも溶岩帯を背にするので比較的風に強い。30~40センチ超が主体の良型を長竿で深場から抜き上げる豪快な釣りが楽しめる。

湖畔にある「西湖レストハウス」は、貸しボートのほか休憩・喫茶スペースになっている。事前に予約すれば朝食&昼食を取ることも可能。
西湖レストハウス0555-82-2086

釣期は3月1日~12月31日。入釣料¥600で、舟代¥2500。出舟時間…8月31日まで5時~17時、9月5時30分~17時、10月6時~17時、11~12月6時30分~16時。


★つり堀中の島センター・埼玉
埼玉県川口市にあるつり堀中の島センターは、外環自動車道草加ICから車で約5分。都心からだと高速道路を利用しなくてもアクセスがいいので、気軽に釣行できる。

養魚経験豊富なオーナーが、徹底した水質管理をしているので水況は抜群。もちろん魚影も濃く、夏でもヘラの活性は高い。短竿で、宙~底まで元気ベラの強引が好みの釣り方で楽しめる。

園内には全天候型の屋内コイ池とキンギョ池。こちらは、時間料金で貸し竿&エサが用意されているので短時間の、手ぶら釣行もOK。

釣った魚によるポイント制で景品がもらえるのも楽しみのひとつ。屋内なので直射日光を避けられるうえ雨も気にしなくていい。さらには食堂も完備しているので、ファミリーやカップルでの釣行もおすすめ。
つり堀中の島センター048-295-5194


つり処・椎の木湖・埼玉
埼玉県羽生市にあるつり処・椎の木湖は自動検量機、大型駐車場を完備するなど施設が充実。各メーカー主催の全国大会が開催されるほどの関東屈指の管理池。

最深部が6メートル近くあり、竿規定も21尺までなので短竿の競技派から長竿ののんびり派まで好みの釣り方で楽しめる。桟橋は揺れが少なく広々ゆったりしていて、子ども連れや女性でも安心。水況も常に徹底管理されているので、夏本番を迎えても同池自慢の超大型は高活性。

夏休み特別企画として、8月の平日限定で、小・中学生は入釣無料(土日祝、一部日程を除く)。

毎月各種イベントを好評開催中。毎月第2金曜日に行われるフライデーオープンは入釣料のみで参加ОK(8月は19日に開催)。

さらに同池メーンイベントの1つ、10月22日(土)に行われる第20回フレンドシップ選手権(6人1組でのチーム戦)は、8月1日から参加予約受け付け開始。

7月から食堂がリニューアル。椎の木湖食堂として新たに営業を開始した。うどんや定食など豊富に取りそろえている。
つり処・椎の木湖048-565-4133


★間瀬湖・埼玉
埼玉県本庄市にある間瀬湖は関越道本庄児玉ICから約20分、周囲を緑に包まれた湖。現存する東日本最古の農業用重力式コンクリートダムでエン堤、管理橋が有形登録文化財に指定されている。レトロで、自然と一体化した雰囲気で舟を浮かべると贅沢な悠久の時を楽しめる。

釣り方は舟、桟橋、陸からと好みのスタイルで楽しめるが、好釣果が期待できるのは断然舟。桟橋よりも平均して良型が顔を出す。湖面積は山上湖のように広大ではなく、西と東の両サイドにそれぞれ2本の舟着けロープが張られているので、ボートに不慣れでも簡単に係留できる。比較的混雑することも少ないので、仲間うちで静かに良型地ベラの強い引きを楽しめる。舟釣りの好ポイントは第2石垣から大桜前の区間。常にエサ打ちされているので安定して釣果が期待できる。
▼田中園0495-72-2369


★浜野HC・千葉
千葉県市原市にある浜野へら鮒センター(HC)は、京葉道・蘇我ICから約10分で都心からのアクセスが良好。クラブハウス(事務所)では、昼食弁当の注文ができるほかコーヒーや軽食の販売もあり、夏釣りの昼休憩にゆっくりクールダウンできる。

池は桟橋によって異なるタナ規定(タナ1メートル以上または自由)が設定してあるので、周囲を気にせず自分好みの釣り方で楽しむことができる。

現在、毎年恒例の夏休み割引サービスを実施中。8月31日(水)まで、小・中高生(18歳以下)は入釣料がオール¥500になる。釣り道具を持っていなくても、レンタル竿が利用できる(料金¥1500、エサ付き)ので、初心者だけでなく手ぶらでの釣行もおすすめ。

毎月第3土曜日には月例大会を開催。当日受け付けで、参加費¥3000(参加賞付き)。なお、規定は当日使用する桟橋によって変更になる。年末には、毎月の上位入賞者によるチャンピオン大会を開催。
浜野HC・0436-43-6616


★武蔵の池・埼玉
埼玉県さいたま市にある武蔵の池は、開業45周年を迎える老舗釣り堀。首都高速与野IC、JR指扇駅から近くアクセス良好。自動検量機が設置されているので便利で快適。

秋までお得な夏料金で営業中。平日¥1500、土日祝¥2000(10時30分から半日料金¥1500)。さらに、次回から使用できる¥500の割引券を進呈。夏季は土日でも混雑なく楽しめる。

桟橋の人工芝を張り替え、暑さ対策万全。駐車場から釣り場への通路を整地し、カートでの荷物運びがスムーズに。

火曜&土曜大会を好評開催中。8月は6日、9日、16日、20日に開催。当日5時30分~受け付け、6時30分~15時競技、参加費は¥3000(昼食は各自)で上位に賞、全員に参加賞が用意される。

8月11日(木・祝)には第10回お盆釣り大会を開催。5時30分~受け付けで6時30分~15時競技。参加費¥3000、当日は前売り券の購入順に桟橋入場できる。
▼武蔵の池048-624-9667

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関東版 2020年12月4日号表紙
    ■今週の特集 「テンヤマダイ」 茨城や外房を中心に高い人気を誇る、ひとつテンヤを使った…
  2. 週刊つりニュース西部版 2020年12月4日号表紙
    ■今週のつり作戦 「海洋釣り堀特集」 水温が下がってくると、あれだけ元気だった魚たちも…
  3. 週刊へらニュース 2020年12月4日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「明善谷沼(埼玉)」 今年も残り約1カ月となり、納竿・初釣りという…
  4. 週刊つりニュース中部版 2020年12月4日号表紙
    ■今週のつり作戦 「シーバスにオフシーズンなし!! 冬パターンで攻略」 ~ルアーセレク…
  5. 週刊つりニュース関東版 2020年11月27日号表紙
    ■今週の特集 「ヒラメ待望」 12月に広域で解禁する常磐沖のヒラメ。例年、直後に5キロ…
  6. 週刊へらニュース 2020年11月27日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「利根川・横利根水門下流(佐原向地)」 朝夕は冷え込みが厳しくなっ…
  7. 週刊つりニュース西部版 2020年11月27日号表紙
    ■今週のつり作戦 「船タチウオ」 大分沖の船釣りを賑わしているのがタチウオ! 晩秋を迎…
  8. 週刊つりニュース中部版 2020年11月27日号表紙
    ■今週のつり作戦 「カワハギと勝負」 ~沖釣り至高のターゲットに挑戦!! 冬にかけて絶…
  9. 週刊つりニュース関東版 2020年11月20日号表紙
    ■今週の特集 「ルアー激アツ」 脚光を集めるスーパーライトジギング「SLJ」地域によっ…
  10. 週刊つりニュース西部版 2020年11月20日号表紙
    ■今週のつり作戦 「磯クロ釣り」 秋の深まりとともに活性化してきている磯のクロ。続々と…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る