「第17回親子体験釣り教室」リポート 東京湾・浦安出船

沖上がり後は抽選会などで盛り上がった

8月2日(火)、東京湾浦安の吉野屋で「第17回親子体験釣り教室」=(公財)日本釣振興会・日本釣りジャーナリスト協議会共催=が開催され、58組(大人67人、子ども71人)が参加。シロギス釣りを楽しんだ。

ライフジャケットを着用して同教室は次世代を担う子どもたちに、釣りの楽しさを知ってほしいと毎年8月に行われている。

初心者でも安心して楽しめるように、釣りのマスコミや団体、メーカー関係者がサポートとして分乗。合計8船が出船し、本紙は4号船を担当。仕掛けのセッティングやエサの付け方など、釣り方の基本を指導。竿&リール、救命胴衣のレンタルがあるので、クーラーだけで参加する親子も多い。暑さに負けず頑張った

早朝、ゲリラ豪雨に襲われ開始を遅らせる案は出たが、出船する午前8時には雨は上がる。開会式のあと、熱中症への注意やライフジャケット着用方法および重要性をレクチャー。

風はなく、ベタナギだが遠くに雷雲が見える。「雷が鳴ったら安全第一で早上がりします」と船長。航程40分ほどのポイントでスタート。

開始直後からぽつぽつとピンク色のきれ片山さん親子いな本命が掛かる。ファーストヒットは左舷大ドモの片山翔太くん。父親の克巳さんと「一番初めに釣った!」と喜ぶ。武田慶一さんと妻の知美さん、息子の竜之介くん、娘のあずさちゃんは4人で釣行。あずさちゃんは酔い止めの影響なのか少し眠そうだが、しっかりゲット。武田さん親子は4人で参加松本信二さん・航輝くんのペアや大岸 東佳寛さん・陽岳くんのペアも楽しんでいる。

遠くの雷雲が近づき、ゴロゴロと音が鳴り始めたため、予定より1時間早い11時に沖上がり。全員が本命をゲットしてオデコがいなかったことは幸い。
松本さん親子
帰港してからはいろいろな賞品が当たる抽選会などで盛り上がり散会となった。

▼問い合わせ
浦安・吉野屋

〈週刊つりニュース東京本社・大谷俊夫〉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 重要なお知らせ
  2. 週刊つりニュース関東版 2021年1月29日号表紙
    ■今週の特集 「タナゴ満喫」 タナゴ推薦釣り場 茨城・西谷田川周辺、茨城・霞ヶ浦周…
  3. 週刊へらニュース 2021年1月29日号
    ■今週の推薦釣り場 「上大島ファミリー釣り場(神奈川)」 年明けから冷え込みが厳しくな…
  4. 週刊つりニュース西部版 2021年1月29日号表紙
    ■今週のつり作戦 「オフショアゲーム」 今週のつり作戦は、通常のつり作戦とは趣向を変え…
  5. 週刊つりニュース中部版 2021年1月29日号表紙
    ◎今週は「2月渓流解禁特集」!! いよいよファン待望の渓流釣りシーズン開幕が近…
  6. 週刊つりニュース関東版 2021年1月22日号表紙
    ■今週の特集 「タコ&イカ熱視線」 いよいよヤリイカが本格的にシーズンイン。各地から釣…
  7. 週刊へらニュース 2021年1月22日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「道の口沼(千葉)」 相次ぐ寒波でどこの釣り場も苦戦が続く。オデコ…
  8. 週刊つりニュース西部版 2021年1月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒グロ釣り」 今週のつり作戦は、注目度ナンバー1の寒グロを特集。水…
  9. 週刊つりニュース中部版 2021年1月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「ロックフィッシュと遊ぼう」 ~冬のベイエリアの人気者たち(2~3面…
  10. 週刊へらニュース 2021年1月15日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「早霧湖(静岡)」 冬は底釣りが面白い。さらに長竿不要とくれば、初…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る