ホープ「バスボートPS‐270BS」

ホープ01

ホープから、インフレータブルの2016ニューモデル「バスボートPS‐270BS」が発売中。

迷彩カラーを施したバスフィッシングに最適な9㌳。3人乗りでスターンにエレキブラケットを標準装備したエレキ(電動モーター)仕様。バウにはトーイングロープ付き。

持ち運びにも収納にも便利なのがインフレータブル(空気膨張)ボートの魅力だが、もう一つの利点は大きな浮力。チューブ径42センチ採用による高い安定性を誇る。チューブ内を独立させた2気室とすることで万一のチューブの破損からの空気漏れでも陸岸までの安全性を保つ。

水面に浮いているインフレータブルボートは風に弱いのが弱点だったが、フィンキールが装備されることで水への引っかかりとなり流されにくくなり、走行安定性もアップした。3カ所のライフベルトが移動中の乗員を安心させる。

キャリーバッグから取り出して付属のフットポンプで空気を注入するだけで簡単に組み上がるスラットフロア構造。オール付きなので手漕ぎでも使用できるが、エレキモーター付きにオプションのバッテリーを装備すれば機動力は数段アップ。免許は不要。

オールセット、ライフベルト、座板、エレキブラケット、リペアキット、フィンキール、キャリーバック付属。バウ側のエレキブラケット、電動高圧ポンプ、バッテリーはオプション。

サイズは全長2.70メートル、全幅1.40メートル、チューブ径42センチ、気室数2、船内長1.85×船内幅0.62メートル、重量約28キロ。定員3人。

本体価格は、船体のみ¥13万5000。エレキEC‐2セットの場合は定価¥15万1000をセット特価¥12万8000。いずれも税別。送料別途。

ホープ
TEL093(481)8080

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊へらニュース 2020年6月5日号表紙
    「本紙初登場! 白竜湖(山形)」 山形県南陽市にある白竜湖は、湿地帯の中にある周囲3.5キ…
  2. 週刊つりニュース関東版 2020年6月5日号表紙
    ■今週の特集 「やっぱ釣りだね!!」 ・華麗なるマス料理 ・トモ釣りの名手が解説 …
  3. 週刊つりニュース西部版 2020年6月5日号表紙
    ■今週のつり作戦 「梅雨グロ」 梅雨(つゆ)の季節がもう間もなくやってくる。うっとうし…
  4. 週刊つりニュース中部版 2020年6月5日号表紙
    ■今週のつり作戦 「小アユ輝く!! お手軽さが最大の魅力」 ~舞台は琵琶湖へ流入する河…
  5. 週刊つりニュース関東版 2020年5月29日号表紙
    ■今週の特集 「アユ香る季節」 ・アユトモ釣り名手の「タフ条件下」攻略術 小沢聡 …
  6. 週刊へらニュース 2020年5月29日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「三名湖(群馬)」 新型コロナウイルスの影響で一時休業していた三名…
  7. 週刊つりニュース西部版 2020年5月29日号表紙
    ■今週のつり作戦 「バスフィッシング」 絶大な人気を誇るバスフィッシング。手軽に楽しめ…
  8. 週刊つりニュース中部版 2020年5月29日号表紙
    ■今週のつり作戦 「イカダ&カセで狙うカカリ釣りクロダイ盛期へ」 ~梅雨の声が聞かれる…
  9. 週刊つりニュース関東版 2020年5月22日号表紙
    ■今週の特集 「やっぱり釣りが好き」 海から淡水まで各地で上昇中 ・釣…
  10. 週刊へらニュース 2020年5月22日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「水沼ダム(茨城)で陸釣りを楽しむ」 茨城県にある水沼ダムは釣り場…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る