野迫川「アマゴつり大会」開催 奈良・野迫川村 9月3、4日

9月3、4日、関西最大級のアマゴ養殖場がある奈良県の野迫川村で、「アマゴつり大会」が開催される。
詳細は次の通り。

  • 日時…9月3日(土)、4日(日)。3日=午後1時に北今西のかわらび荘に集合、1時10分にルアー、エサ釣り各講習会。講習会終了後に各自で実釣、午後6時30分に釣り終了。その後、地域特別料理の夕食、懇親会。ホテル野迫川にて宿泊。4日=午前10時からルアー(フライ、テンカラ含む)、エサ釣り大会。良型アマゴの特別放流あり。正午に終了。大会は1匹長寸で競われる。表彰式の後、地域主催の昼食会(釣ったアマゴの塩焼きや、地元の特産品がたん能できる)。午後2時ごろに解散の予定
  • 料金1万560円(1泊2食の宿泊費、参加費など)。当日参加の場合は参加費(3000円)のみ支払い
  • その他レンタル用にルアーロッド3本、エサ釣りザオ40本を用意。仕掛け、エサなどは各自で用意。ただしイクラは常備している(有料)
  • 申し込みどちらか一日のみの参加も可能(イベントのメーンは4日)。定員100人で先着順。定員に空きがある場合は当日参加も可能。電話またはメールで氏名、住所、電話番号、参加人数、釣り大会のエントリー区分(ルアー、エサ釣り)を連絡して申し込む

▼問い合わせ・申込先
野迫川村観光局(民宿かわらび荘内)
TEL0747(38)0157
メール(torisum@nosegawa.org)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関西版 2019年2月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流釣り解禁特集」 北陸など一部ではすでに解禁済みの河川もあるが、…
  2. 週刊つりニュース関東版 2019年2月22日号表紙
    ■今週の特集 「メバル」 春告魚と呼ばれるメバルが東京湾で開幕。モエビエサやルアーでの…
  3. 週刊つりニュース中部版 2019年2月22日号表紙
    今週号は「3月渓流解禁特集」 2月1日に開幕を迎えた渓流釣り。3月からはさらに多くの河川が…
  4. 週刊へらニュース 2019年2月22日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「北本総合公園の池(埼玉)」 立春が過ぎ、ヘラ釣りのビッグイベント…
  5. 週刊つりニュース西部版 2019年2月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流解禁直前特集」 今週のつり作戦は、お待ちかねの渓流解禁直前大特…
  6. 週刊つりニュース関東版 2019年2月15日号表紙
    ■今週の特集 「ヤリイカ」 ファン待望の釣趣&食味が魅力のヤリイカが本格化。 茨城…
  7. 週刊つりニュース関西版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「フカセ釣りでチヌと勝負」 大阪湾の波止では、寒チヌがシーズン本番!…
  8. 週刊つりニュース西部版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒グロ釣り」 今週のつり作戦は、ウキ・フカセ釣りで狙うクロにスポッ…
  9. 週刊へらニュース 2019年2月15日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「道の口沼(千葉)」 一年で最も寒い季節であり、野釣りはどの釣り場…
  10. 週刊つりニュース中部版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「船メバル開花宣言」 ~伊勢湾に「春告魚」の季節到来(2~3面) …

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る