マルキユー「パワーイソメ動画アップまつり」開催 オリジナル動画を送ろう 9月1日~11月30日

powerisome

釣りエサのマルキユーでは、9月1日から「パワーイソメ動画アップまつり」を実施する。

魚が好むエキスと本物そっくりのフォルムで、海のさまざまなターゲットが釣れる生分解性くわせエサ・パワーイソメ。この使いやすくて釣れるパワーイソメを使った動画を募集中。応募作品のなかから各賞を選出、最優秀賞には賞金10万円が贈られる。

なお、各賞や応募内容、条件などは次の通り。

  • 各賞・賞金…最優秀賞(1作品)10万円、部門賞(2作品)5万円、入賞(5作品)1万円
  • 投稿部門
  • ◎CM部門…パワーイソメを使いたくなるCMをつくろう! 海のいろいろな魚が釣れるパワーイソメ。「子供や女性も使いやすい」「簡単に釣れちゃう」「釣り場で突撃インタビュー」「釣りじゃなくても使いたくなっちゃう」など、みんなが使いたくなる動画でどんどんアピールしよう
  • ◎ショートストーリー部門…パワーイソメと私 家族や仲間と一緒に、1人で、あなたとパワーイソメのストーリーをつくろう。「初めて釣ったお魚さん」「ワイワイガヤガヤ楽しい釣り」「心を打つ感動作」「泣ける・笑えるエピソード」など、自由な発想であなたのドラマを作製
  • ◎アート部門…パワーイソメでちょこっと映画 パワーイソメがコマ送りで生きているように動いたり、アニメのように演技をしたり、はたまた空を飛んじゃったり。ビックリしたりほっこりしたり、あなたのクリエーター魂を思う存分発揮して、みんなのココロを打つ動画をつくろう
  • 動画投稿の対象商品…パワーイソメ、パワーイソメソフトの全種類
  • 応募作品の条件…投稿動画は30秒以上、5分以内。必ずパワーイソメを購入する必要はなく、各部門のテーマにのっとった作品であればOK
  • 応募期間…9月1日(木)~11月30日(水)
  • 結果発表…2017年1月下旬を予定※応募方法など詳細は後記のアドレスで確認を(http://www.marukyu.com/powerisomemv/)

▼問い合わせ
マルキユー株式会社・企画部広告宣伝課
電話048(728)0968

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 美しいアマゴに会いに行こう
    週刊つりニュース各版 2019年2月18日(月)発売 編集部から …
  2. 週刊つりニュース関西版 2019年2月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流釣り解禁特集」 北陸など一部ではすでに解禁済みの河川もあるが、…
  3. 週刊つりニュース関東版 2019年2月22日号表紙
    ■今週の特集 「メバル」 春告魚と呼ばれるメバルが東京湾で開幕。モエビエサやルアーでの…
  4. 週刊つりニュース中部版 2019年2月22日号表紙
    今週号は「3月渓流解禁特集」 2月1日に開幕を迎えた渓流釣り。3月からはさらに多くの河川が…
  5. 週刊へらニュース 2019年2月22日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「北本総合公園の池(埼玉)」 立春が過ぎ、ヘラ釣りのビッグイベント…
  6. 週刊つりニュース西部版 2019年2月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流解禁直前特集」 今週のつり作戦は、お待ちかねの渓流解禁直前大特…
  7. 週刊つりニュース関東版 2019年2月15日号表紙
    ■今週の特集 「ヤリイカ」 ファン待望の釣趣&食味が魅力のヤリイカが本格化。 茨城…
  8. 週刊つりニュース関西版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「フカセ釣りでチヌと勝負」 大阪湾の波止では、寒チヌがシーズン本番!…
  9. 週刊つりニュース西部版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒グロ釣り」 今週のつり作戦は、ウキ・フカセ釣りで狙うクロにスポッ…
  10. 週刊へらニュース 2019年2月15日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「道の口沼(千葉)」 一年で最も寒い季節であり、野釣りはどの釣り場…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る