北斗の水くみ海浜公園「宗像ハゼ釣り大会」開催 福岡県宗像市釣(つり)川河口 10月9日

%e3%83%8f%e3%82%bc%e5%a4%a7%e4%bc%9a%e3%80%80%e6%b5%b7%e6%b5%9c%e5%85%ac%e5%9c%92%e6%a8%aa

釣川河口東側が北斗の水くみ海浜公園

福岡県宗像市の釣(つり)川河口の「北斗の水くみ海浜公園」を会場に10月9日、宗像市・(公財)日本釣振興会福岡県支部・(株)道の駅むなかた主催、ヨシダ釣具店協力による「宗像ハゼ釣り大会」が開催される。

2014年から始まった釣川河口域でのハゼ釣り大会も今回で3回目。参加費は1人1000円で道の駅むなかた商品券と弁当付き。参加募集は先着で定員50人、9月30日までの申し込みだが定員になり次第締め切る。

大会当日は午前8時までに受け付け完了後に開会式の後、必ずライフジャケットを着用して釣り開始。ハゼの釣果、総重量で上位3人と大物賞(1尾全長)1人に賞品贈呈。11時からの検量に間に合うように帰着し、表彰式まではゴミ拾い清掃に協力を。表彰式・閉会式の後で弁当と商品券配布。

当日は事前申し込みでライフジャケットがレンタル可能。希望者は身長を明記する。

使用する仕掛けやエサは自由。また、釣具・エサがない場合も事前申し込みで当日購入可。セット〈サオ・リール・仕掛け付き〉1300円、エサ50グラム440円。仕掛けのみも300円で可。

駐車場は会場の「北斗の水くみ海浜公園」駐車場を利用。

荒天の場合は前日正午までに宗像市ホームページでお知らせ。

参加申し込みは(1)さん名(2)住所(3)年齢(4)電話番号(5)ライフジャケット・レンタル希望の有無と身長(6)釣具なしの場合の購入希望、セット、仕掛けのみ、エサのみを記した用紙をファックスで後記番号へダイヤルするか、Eメールで(1)~(6)を記して後記アドレスに送信を。

▼参加申し込み先
FAX0940.36.0320
Eメールsyoukou@city.munakata.fukuoka.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関東版 2020年12月4日号表紙
    ■今週の特集 「テンヤマダイ」 茨城や外房を中心に高い人気を誇る、ひとつテンヤを使った…
  2. 週刊つりニュース西部版 2020年12月4日号表紙
    ■今週のつり作戦 「海洋釣り堀特集」 水温が下がってくると、あれだけ元気だった魚たちも…
  3. 週刊へらニュース 2020年12月4日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「明善谷沼(埼玉)」 今年も残り約1カ月となり、納竿・初釣りという…
  4. 週刊つりニュース中部版 2020年12月4日号表紙
    ■今週のつり作戦 「シーバスにオフシーズンなし!! 冬パターンで攻略」 ~ルアーセレク…
  5. 週刊つりニュース関東版 2020年11月27日号表紙
    ■今週の特集 「ヒラメ待望」 12月に広域で解禁する常磐沖のヒラメ。例年、直後に5キロ…
  6. 週刊へらニュース 2020年11月27日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「利根川・横利根水門下流(佐原向地)」 朝夕は冷え込みが厳しくなっ…
  7. 週刊つりニュース西部版 2020年11月27日号表紙
    ■今週のつり作戦 「船タチウオ」 大分沖の船釣りを賑わしているのがタチウオ! 晩秋を迎…
  8. 週刊つりニュース中部版 2020年11月27日号表紙
    ■今週のつり作戦 「カワハギと勝負」 ~沖釣り至高のターゲットに挑戦!! 冬にかけて絶…
  9. 週刊つりニュース関東版 2020年11月20日号表紙
    ■今週の特集 「ルアー激アツ」 脚光を集めるスーパーライトジギング「SLJ」地域によっ…
  10. 週刊つりニュース西部版 2020年11月20日号表紙
    ■今週のつり作戦 「磯クロ釣り」 秋の深まりとともに活性化してきている磯のクロ。続々と…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る