「クルー・オフショアゲームス第6回東京湾タチウオラウンド」参戦リポート

同船者の中村元幸さんは、ドラゴン2本をキャッチし5位入賞

 吉野屋B船にて中村元幸さんは、ドラゴン2本をキャッチし5位入賞

9月25日(日)、「クルー・オフショアゲームス第6回東京湾タチウオラウンド」(クルー主催)に深川木場の吉野屋から参戦した。

午前5時半に集合。同宿では女性3人を含む41人が集結し朝から大にぎわい。2隻出しで、釣り座はくじ引きで決められ、私はB船の右舷胴の間へ。同舷には、この大会で優勝経験のある中村元幸さん(中央区)や、前回大会で準優勝の森下直樹さん(浦安市)、同じく以前準優勝の経験がある西坂欣哉さん(荒川区)やその友人の佐々木俊彦さんもいる。

午前6時半に、佐久間誠船長の舵取りで出船。船長が船上でルールを説明した後、船は一路集合場所へ。

曇天微風、ベタナギで絶好の釣り日和。8時、海堡周りに8宿12隻・220人の参加選手が大集結。海上で落合みゆきプロデューサーから開会宣言と、「使用ルアーはメタルジグのみ、タチウオ3尾の合計重量で勝負」などのルール説明。「できれば皆さんに優勝してもらいたい」というスタッフとしての熱い思いが伝えられた。そして最後に全員で「頑張るぞ!」と恒例の喚声が上げられ、熱戦の火蓋が切られた。

ここのところ好釣果が出ているという走水沖へほとんどの船が一直線で向かう。ポイントに着くと、50隻を超える大船団が形成されている。

船長は魚探をにらみながら入念な潮回り。「水深67メートル、下から10メートルまで反応があるから底を中心にやってみてください」の合図とともに、三日前のプラでよかったメタルジグ、ベイスのピンク・オレンジ120グラムを軽くキャストし、スローなショートピッチ

ジャークで様子をみる。すると、海底から数シャクリ目でググッという明確なアタリが訪れ、船中1尾目となる80センチ級をキャッチ。2投目にはドスンとリールを巻く手が止められるアタリで、念願のメーターアップ(後検106センチ)をゲット! さらに3投目も同じパターンで80センチ級をキャッチし、開始10分もしないうちにリミットメイク(大会で検量場所ヘ持ち込み可能な尾数を揃えること)を達成! 周りでも次々に良型が釣り上げられ、絶好調の滑りだしに気分は上々。

しかし、その後はピタリとアタリが止まり、潮回りが繰り返される。
「日がのぼって強くなったのでこれからは厳しいか?」と思ったが、そんな不安を吹き飛ばすように、10時に中村さんがドラゴン級をキャッチ。彼が使っていたカラーをまねしてみると、一発で90センチ級がヒット。

その後も誰かがヒットするたびに、カラーやアタリダナを伝え合う。イワシカラーがアタりだすと、全員で同色にしてヒットに導くなど、真剣な大会中にもかかわらず、みんなで楽しく釣り続けた。

終了時間の午後1時前にも入れ食いタイムが訪れ、ほぼ全員が最後の1尾をキャッチ。中村さんはここでもメーター級を釣り上げ、ストップフィッシング。

私の釣果は、82~106センチを12尾。ほとんどの選手が10尾前後の良型を揃え素晴らしい釣果に恵まれた。

その後、全船が本牧漁港に集合し、一人3尾の合計重量で検量。弁当と飲み物が配られ、他船の釣友と情報交換しているうちに表彰式となった。

私は奇しくも前回大会と同重量・3尾合計1545グラムで上位入賞は逃した。


各船から次々にドラゴン級が持ち込まれ、吉野屋A船の鈴木利枝さんは、なんと126センチというスーパードラゴンをキャッチ。最年少の石井那奈ちゃん(小6)を含め、女性選手もほぼ全員が3尾以上を釣り上げており、総合5位から順位と重量が告げられた。
%e6%9c%80%e5%b9%b4%e5%b0%91%e3%81%ae%e7%9f%b3%e4%ba%95%e9%82%a3%e5%a5%88%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%ef%bc%88%e5%b0%8f6%ef%bc%89%e3%81%af%e3%80%81%e3%82%ad%e3%83%83%e3%82%ba%e8%b3%9e%e3%81%ab%e7%85%a7

石井那奈ちゃんがキッズ賞に


5位は中村さん(深川・吉野屋)で2670グラム。4位は野平昌良さん(中山丸)で2700グラム。3位は和田裕樹さん(渡辺釣船店)で2775グラム。2位は大串輔さん(太田屋)で2840グラム。そして栄えある優勝に輝いたのは林知彦さん(宮川丸)で3095グラム。レディース賞は鈴木さんで2455グラム。

入賞者にはもちろん、じゃんけん大会や、抽選会でも豪華な賞品が贈られて、大盛り上がりの閉会式。


クルースタッフの伏見洋和さんによる最後のあいさつの通り、「天候にも釣果にも恵まれ、最高に楽しい大会」になった。

大トリを飾ったのは、船の平均重量1605グラムで船別優勝を勝ち取ったこなや丸B船の小沢一滋船長。和気あいあいななかに、参加者も船長も意地とプライドを賭けた真剣勝負があり、本当に素晴らしい大会だった。


今後は、初心者を対象にした「フィッシングバディーズ」というイベントも企画中とのこと。次回は来月の仙台大会。東京湾では12月18日にタチウオ大会が予定されているということなので、皆も、本紙や船宿のホームページなどをチェックして、参加してみてはいかがだろうか。

順位表
順位 氏名(敬称略) 釣果3尾の総重量(g) 船宿名
1位 林知彦 3095 宮川丸
2位 大串輔 2840 太田屋
3位 和田裕樹 2775 渡辺釣船店B
4位 野平昌良 2700 中山丸
5位 中村元幸 2670 吉野屋B
レディース賞 鈴木利枝 2455 吉野屋A
キッズ賞 石井那奈 880 三喜丸
最優秀船賞 こなや丸B(17人) 合計27300 平均1605g

▼問い合わせ
クルー

〈APC・奥野忠弘〉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 美しいアマゴに会いに行こう
    週刊つりニュース各版 2019年2月18日(月)発売 編集部から …
  2. 週刊つりニュース関西版 2019年2月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流釣り解禁特集」 北陸など一部ではすでに解禁済みの河川もあるが、…
  3. 週刊つりニュース関東版 2019年2月22日号表紙
    ■今週の特集 「メバル」 春告魚と呼ばれるメバルが東京湾で開幕。モエビエサやルアーでの…
  4. 週刊つりニュース中部版 2019年2月22日号表紙
    今週号は「3月渓流解禁特集」 2月1日に開幕を迎えた渓流釣り。3月からはさらに多くの河川が…
  5. 週刊へらニュース 2019年2月22日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「北本総合公園の池(埼玉)」 立春が過ぎ、ヘラ釣りのビッグイベント…
  6. 週刊つりニュース西部版 2019年2月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流解禁直前特集」 今週のつり作戦は、お待ちかねの渓流解禁直前大特…
  7. 週刊つりニュース関東版 2019年2月15日号表紙
    ■今週の特集 「ヤリイカ」 ファン待望の釣趣&食味が魅力のヤリイカが本格化。 茨城…
  8. 週刊つりニュース関西版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「フカセ釣りでチヌと勝負」 大阪湾の波止では、寒チヌがシーズン本番!…
  9. 週刊つりニュース西部版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒グロ釣り」 今週のつり作戦は、ウキ・フカセ釣りで狙うクロにスポッ…
  10. 週刊へらニュース 2019年2月15日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「道の口沼(千葉)」 一年で最も寒い季節であり、野釣りはどの釣り場…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る