釣道楽屋SABALO「第36回トウキョウベイ・シーバスフライフィッシング・トーナメン」結果 

光石さんキッカーフィッシュ

光石さんキッカーフィッシュ

10月2日(日)、第36回トウキョウベイ・シーバスフライフィッシング・トーナメント(TBSFT)が開催された。

この大会は、シーバスフィッシングの好機となる春と秋の年2回行われ、東京湾を舞台にボートからフライでシーバスを狙う大会。検量対象魚は叉長40センチ以上の5尾合計叉長で競う。

魚はその場でオールリリース。指定のメジャーで計側する自己申告制。東京湾だけでなく、全国的にいつでも安定してシーバスフィッシングが楽しめるようキャッチ&リリースの啓蒙を目的とした大会でもある。

午前5時すぎ、8人6隻の船が大師運河に集まり5時半にスタートフィッシング。各船思い思いのポイントへ走る。
雨予報だったが、風もなく曇天。
%e8%a1%a8%e5%bd%b0%e5%bc%8f%e3%81%ae%e6%a7%98%e5%ad%90
今大会初挑戦の光石誠さんは、アジの乗合船が集まるポイントのストラクチャーを果敢にトップで狙い1投目からノンキーパーサイズをゲット。その後キッカーサイズの54センチを上げ、最後に狙った湾奥のポイントでは52センチを追加。リミット5尾をそろえて優勝。同船の助川博也さんもリミットメイクし226ポイントで2位。リリース数(ノンキーパーサイズも含めた全尾数)では1位、最多リリース賞を受賞した。

食い渋りのため他船ではリミット5尾達成はなく、丸橋英三さんが57センチを釣りBIGFISH賞を獲得した。

次回37回大会は来年4月のGW前に開催予定。

釣道楽屋SABALO=報〉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊へらニュース 2020年6月5日号表紙
    「本紙初登場! 白竜湖(山形)」 山形県南陽市にある白竜湖は、湿地帯の中にある周囲3.5キ…
  2. 週刊つりニュース関東版 2020年6月5日号表紙
    ■今週の特集 「やっぱ釣りだね!!」 ・華麗なるマス料理 ・トモ釣りの名手が解説 …
  3. 週刊つりニュース西部版 2020年6月5日号表紙
    ■今週のつり作戦 「梅雨グロ」 梅雨(つゆ)の季節がもう間もなくやってくる。うっとうし…
  4. 週刊つりニュース中部版 2020年6月5日号表紙
    ■今週のつり作戦 「小アユ輝く!! お手軽さが最大の魅力」 ~舞台は琵琶湖へ流入する河…
  5. 週刊つりニュース関東版 2020年5月29日号表紙
    ■今週の特集 「アユ香る季節」 ・アユトモ釣り名手の「タフ条件下」攻略術 小沢聡 …
  6. 週刊へらニュース 2020年5月29日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「三名湖(群馬)」 新型コロナウイルスの影響で一時休業していた三名…
  7. 週刊つりニュース西部版 2020年5月29日号表紙
    ■今週のつり作戦 「バスフィッシング」 絶大な人気を誇るバスフィッシング。手軽に楽しめ…
  8. 週刊つりニュース中部版 2020年5月29日号表紙
    ■今週のつり作戦 「イカダ&カセで狙うカカリ釣りクロダイ盛期へ」 ~梅雨の声が聞かれる…
  9. 週刊つりニュース関東版 2020年5月22日号表紙
    ■今週の特集 「やっぱり釣りが好き」 海から淡水まで各地で上昇中 ・釣…
  10. 週刊へらニュース 2020年5月22日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「水沼ダム(茨城)で陸釣りを楽しむ」 茨城県にある水沼ダムは釣り場…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る