「震災復興第3回日立沖真鯛釣り大会」結果リポート 25隻、306人参加しにぎわう

西島さんは5.1キロ仕留めて2位に入った

西島さんは5.1キロ仕留めて2位に入った

10月10日(月・祝)、茨城日立港久慈漁港で〝震災復興第3回日立沖真鯛釣り大会〟が開催され、25隻が出船、306人が参加。釣り上げた1尾の重量で競うこの大会で、6.15キロを仕留めて優勝したのは安藤啓祐さんだった。〈本紙・大谷俊夫〉

今大会は9月に予定されていたが、台風の影響がありこの日に延期になった。前日も強い雨で、出船を取りやめたり早上がりしたりする船はあったが、当日は薄曇りで雨の心配はなさそう。肌寒く、暖かい上着が必要な時季になってきた。
%e5%8f%82%e5%8a%a0%e8%80%85306%e4%ba%ba%e3%81%a7%e7%9b%9b%e3%82%8a%e4%b8%8a%e3%81%8c%e3%81%a3%e3%81%9f
乗船取材したのは大萬丸。大貫定男船長は「風が強いな。沖では10メートルくらい吹いているかも」と少し心配そう。

出船する午前5時前に10人が両舷に分かれて乗り込み、「一発大物狙いだ」と〝崖下〟と言われる北のポイントを目指し1時間ほど走る。水深は25~30メートルほどで、数は上がらないが大型の実績が高い場所だ。

スタートするが、風速は8メートルほどで潮も速く釣りづらい。ほとんどの人が重めのテンヤを選択するが、反対舷とオマツリするシーンも。

そんななか、坂本達さんが1キロ弱の綺麗な本命をゲット。隣で竿を出す西島千里さんと近々結婚の予定というおめでたいカップルだ。

%e5%9d%82%e6%9c%ac%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%ab2%e3%82%ad%e3%83%ad%e3%81%8c%e3%83%92%e3%83%83%e3%83%88海底は岩盤のようで、船長から「根掛かりに注意して」のアドバイス。しかし、マダイは底付近にいるようで、攻め方が難しい。坂本さんは2キロを追釣。

8時ごろ、西島さんに大きなアタリ。ドラグが鳴り、かなり大きそうだ。上がってきたのは、「大ダイだ!」と船長が声を上げた5.1キロ。持ち上げると小柄な西島さんの胴が隠れるほどのサイズ。

無線で情報を聞いた、ほかの船も集まってくる。しかし、そのころから風がナギ、潮は止まる。本命からのコンタクトはなくなり、ショ%e5%b0%8f%e5%b3%b6%e3%81%95%e3%82%93%e3%82%82%e3%82%b2%e3%83%83%e3%83%88ウサイフグやウマヅラといったゲストばかりが顔を出す。小島信二さんが500グラムほどの食べごろサイズを取り込むが、再び大ダ
イが現れることなく、11時にタイムアップ。西島さんは本検量へ進み、船中優勝は坂本さんだった。

%e3%83%9e%e3%83%80%e3%82%b3%e3%81%ae%e5%88%ba%e3%81%97%e8%ba%ab%e3%81%aa%e3%81%a9%e6%8c%af%e3%82%8b%e8%88%9e%e3%82%8f%e3%82%8c%e3%81%9f表彰式の会場では弁当や、名産のシラスとマダコの刺し身などが配られ、ゲストの北本茂照さんや晴山由梨さん、石川文菜さんのトークなどを聞きながら談笑。

%e5%a4%a7%e3%81%95%e3%82%93%e5%bc%98%e6%bc%81%e4%b8%b8%e3%81%ae%e5%b0%8f%e6%b3%89%e5%a4%a7%e8%bc%94%e8%88%b9%e9%95%b7%e3%81%8c%e6%99%af%e5%93%81%e3%81%ae%e3%82%a4%e3%82%bb%e3%82%a8%e3%83%93%e3%82%92優勝は安藤啓祐さんで6.15キロ。2位は西島千里さんで5.1キロ。3位は菊池功さんで4.25キロ。レディース賞は1.3キロで村上てるみさん、大物賞は3.4キロのヒラメを上げた佐々木圭一さん。

表彰に続いて、イセエビやクーラーなどが当たるくじ引き大会などが行われ、笑顔のなか、散会となった。
%e8%a1%a8%e5%bd%b0%e5%8f%b0%e3%81%ae%e6%a7%98%e5%ad%90
▼問い合わせ
大萬丸

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. owase
    尾鷲市観光釣協会主催の「第31回尾鷲磯釣大会」〈共催・尾鷲市〉が下記の要領で開催される。 …
  2. 放流7放流B
    11月7日(火)、東京湾遊漁船業協同組合(飯島正宏理事長)は、メバルの稚魚約1万3000尾を羽…
  3. ishigoro
    愛知県・静岡県の釣り人を中心に釣具と情報を提供している釣具のイシグロ(24店舗)では、12月1…
  4. sioyoshi
    東京湾の海釣りの歴史とともに進化し続ける海釣り用和竿「横浜竿」で知られる汐よしでは、12月9日…
  5. 横浜横須賀道路では第42回よこすかシーサイドマラソン開催及び道路工事のため、一部通行止めとなる…
  6. 第10回いすみ市大原港ふぐカットウ釣り大会
    12月3日(日)、外房大原で「第10回いすみ市大原港ふぐカットウ釣り大会」=夷隅東部漁協大原遊…
  7. FH5
    11月26日、神戸市立須磨・平磯海づり公園で魚釣り大会「フィッシングハード5」が開催される。 …
  8. じゃのひれフィッシングパーク
    兵庫・南あわじ市にある「じゃのひれフィッシングパーク」は、きたる12月1日から営業時間を変更す…
  9. ルック&ダクロンカップ
    11月4日(土)、ルック&ダクロンタカモト主催「ルック&ダクロンカップ」が、埼…
  10. saisyu
    東京都江戸川区にあるへら鮒専門店柴舟で、至連、世志彦の両さんが無料で火入れ・込み調整サービスを…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る