「第38 回G杯争奪全日本ヘラブナ釣り選手権」結果リポート

左から宮森氏、天笠氏が一進一退の攻防をみせる

左から宮森氏、天笠氏が一進一退の攻防をみせる

(株)がまかつ主催・第38 回G杯争奪全日本ヘラブナ釣り選手権が10月16日(日)と17日(月)の二日間、茨城県筑西市にある筑波湖で行われた。地区予選を通過した27人とシード3人の計30人で競い合った結果、宮森大一さんが初優勝した。  〈本紙・高崎〉

4、5号桟橋を使用し全選手を5組(各6人)に分け、予選3回戦を競技。その各組上位3人を再び5組に分け、計15 人で準決勝。最終的に、その各組1位と、各組2位のなかの最高釣果者をワイルドカードに加えた計6人で王者を決める。競技はすべて2時間30分。


2日目は、早朝から雨。冷え込みが厳しいなか、午前9時35分から準決勝スタート。優勝経験者の天笠さんが得意のメーターセットで釣果を伸ばす。午後0時に終了。結果、天笠充、佐藤勝、宮森大一、奥貴至、松元茂行、時田光章(ワイルドカード)の6人が決勝戦に進出。

決勝は4号桟橋を使用、1時に競技開始。宮森、奥の2人がチョウチンウドンセット、他はメーターウドンセットを選択。天笠、時田が先行しつつ、ほかの選手もポツポツとだが確実に釣果を伸ばしていく。1時間が経過したころから、宮森が天笠の独走を阻止するように、小さな誘いを駆使し好ペースを築いていく。最後まで天笠&宮森のカウントは進み続けた。


3時30分競技終了。宮森が2位の天笠に1枚差をつけ28.2キロで優勝した。宮森は予選敗退の岩泉和斗と、がまかつチーム対抗戦の優勝経験があり、今回初の個人での戴冠となった。

「予選で順調に釣果を伸ばせたので、自信を持って決勝戦に臨めた。天笠さんが先行していたことで、かえって自分の釣りに集中することができた」とコメント。大会結果は別表参照。(敬称略)

 

G杯争奪全日本ヘラブナ釣り選手権《決勝大会結果》
順位 氏名(敬称略) 釣果(kg)
優勝 宮森大一 28.2
2位 天笠充 26.4
3位 時田光章 20.2
4位 佐藤勝 17
5位 奥貴至 15.8
6位 松元茂行 14.4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊へらニュース 2020年6月5日号表紙
    「本紙初登場! 白竜湖(山形)」 山形県南陽市にある白竜湖は、湿地帯の中にある周囲3.5キ…
  2. 週刊つりニュース関東版 2020年6月5日号表紙
    ■今週の特集 「やっぱ釣りだね!!」 ・華麗なるマス料理 ・トモ釣りの名手が解説 …
  3. 週刊つりニュース西部版 2020年6月5日号表紙
    ■今週のつり作戦 「梅雨グロ」 梅雨(つゆ)の季節がもう間もなくやってくる。うっとうし…
  4. 週刊つりニュース中部版 2020年6月5日号表紙
    ■今週のつり作戦 「小アユ輝く!! お手軽さが最大の魅力」 ~舞台は琵琶湖へ流入する河…
  5. 週刊つりニュース関東版 2020年5月29日号表紙
    ■今週の特集 「アユ香る季節」 ・アユトモ釣り名手の「タフ条件下」攻略術 小沢聡 …
  6. 週刊へらニュース 2020年5月29日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「三名湖(群馬)」 新型コロナウイルスの影響で一時休業していた三名…
  7. 週刊つりニュース西部版 2020年5月29日号表紙
    ■今週のつり作戦 「バスフィッシング」 絶大な人気を誇るバスフィッシング。手軽に楽しめ…
  8. 週刊つりニュース中部版 2020年5月29日号表紙
    ■今週のつり作戦 「イカダ&カセで狙うカカリ釣りクロダイ盛期へ」 ~梅雨の声が聞かれる…
  9. 週刊つりニュース関東版 2020年5月22日号表紙
    ■今週の特集 「やっぱり釣りが好き」 海から淡水まで各地で上昇中 ・釣…
  10. 週刊へらニュース 2020年5月22日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「水沼ダム(茨城)で陸釣りを楽しむ」 茨城県にある水沼ダムは釣り場…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る