「水辺感謝の日」水中清掃実施 三重・尾鷲漁港 ゴミ総重量は100キロと大幅減

ダイバーなど35人が参加

ダイバーなど35人が参加

公益財団法人・日本釣振興会三重県支部は10月19日、三重県尾鷲市の尾鷲漁港(天満浦堤防の外海側約250メートル)で、同港3回目(年1回)の水中&陸上清掃を実施した。

自然への感謝を忘れず、少しでも楽しく気持ちのいい釣り場作りを目標に、公益社団法人・日本レジャーダイビング協会、NPO・Earth530、尾鷲漁業協同組合の協力により、ダイバー14人、陸上16人、巡視船・搬送船5人の計35人が参加。当日は「水辺感謝の日」とし、朝は漁港周辺の陸上清掃、昼から水中清掃を行った。

回収されたゴミは、釣具や空き缶、瓶、携帯電話など約100キロ。前年の清掃で回収されたタイヤや椅子等の粗大ゴミは見られず、380キロ程度だった量も大幅減。着実に環境美化の成果を上げていることを証明する形となった。

また、釣りが趣味で三重県を頻繁に訪れるという元プロ野球選手の和田一浩さんが清掃活動に参加。「釣りは子供のころから大好き」と話し、「尾鷲は魚種が多く、きれいで魅力的。最低限、ゴミは自分で持って帰るという意識が大事。自分自身も気をつけていきたい」と述べた。

和田さんは西部ライオンズや中日ドラゴンズで活躍し、2千本安打の大記録を達成した名打者。昨年引退したが、囲み取材に堂々とさわやかに答える姿に名選手たる風格があった。

日本釣振興会三重県支部では、今後も活動を通じて積極的に環境美化作りに貢献していく方針だ。

〈編集部〉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関東版 2019年7月19日号表紙
    ■今週の特集 「海の釣り堀」 悪天候に強く、初心者やファミリーも気軽に楽しめる海の釣り…
  2. 週刊へらニュース 2019年7月19日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「袋のため池(千葉)」 長引く梅雨で、釣行をためらう人も多いはず。…
  3. 週刊つりニュース中部版 2019年7月19日号表紙
    ■今週のつり作戦 「始めよう!! エリアトラウト」 ~子供からシニアまで&初心者からベ…
  4. 週刊つりニュース西部版 2019年7月19日号表紙
    ■今週のつり作戦 「イカメタルゲーム」 いよいよ本格的なシーズンを迎えた船のイカ釣り。…
  5. 週刊つりニュース西部版 2019年7月12日号表紙
    ■今週のつり作戦 「海洋釣り堀」 釣りの経験がない、家族や友人に手軽に釣りの楽しみを教…
  6. 週刊つりニュース関東版 2019年7月12日号表紙
    ■今週の特集 「夏ビラメ」 外房・外川や飯岡で6月から解禁しているヒラメ。今期は数、型…
  7. 週刊へらニュース 2019年7月12日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「田貫湖」 静岡県富士宮市にある田貫湖がトップシーズンを迎えている…
  8. 週刊つりニュース中部版 2019年7月12日号表紙
    ■今週のつり作戦 「スイミングで狙うハタゲーム」 ~2大主役のオオモンハタ&アカハタ!…
  9. 週刊つりニュース西部版 2019年7月5日号表紙
    ■今週のつり作戦 「夏休み海釣り公園特集」 ようやく梅雨に突入…もちろん…
  10. 週刊へらニュース 2019年7月5日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「亀山湖(千葉)」 日本広しといえども舟釣り・長竿・チョウチン・マ…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る