「第21回紫川・市民ハゼ釣り大会」結果リポート

お父さんと協力してゲットした石松海麗ちゃんと丈くん

お父さんと協力してゲットした石松海麗ちゃんと丈くん

10月30日、北九州市主催の「第21回紫川・市民ハゼ釣り大会」が開催された。大会の舞台となったのは紫川の豊前橋~常盤橋の間。当日は快晴の釣り日和で、紫川沿いには約600人という大勢の参加者が大物ハゼを狙ってサオを振った。(本紙・防野孝之)

紫川・市民ハゼ釣り大会は今年で21回目。北九州市では定番となった釣り大会だ。今回はハゼ2尾の長さで競い「小学生以下の部」「中高生の部」「一般男性の部」「一般女性の部」の各部門上位3人が表彰される。

紫川沿いには、参加者がズラリと並んでおり、今年もやはりファミリーでの参加が目立ち、家族で楽しそうにハゼを釣っていた。

当日の釣果は順調で、足下についているハゼがよく釣れていた。サイズは全体的に小型で、サイズアップがむずかしいようだったが、足下の見えるハゼが釣れるので子どもたちはハゼに夢中。エサをつけてもらい、仕掛けを投入。ゆっくりと巻いて、ハゼが釣れると「釣れたよー!」と親に持っていく姿は実にほほえましいシーンだった。

検量は午後1時から45分間行われ、釣ったハゼを持ち参加者が続々と

検量場所に集合。検量は部門ごとに分かれており、スムーズに検量が行われた。

そして午後2時、いよいよ結果発表。各部門の上位3人が決定し、表彰式が行われた。小学生以下の部で優勝した、木原汐音くんは、前日からハゼ釣りの練習をしていたようで、昨年優勝を逃してしまい、リベン

ジに燃えていたという。そして今大会では、見事に優勝。「嬉しかった、来年も優勝する」とコメントしてくれた。3位の木原茂華ちゃんは汐音くんの妹で兄妹そろっての受賞となった。
表彰式のあとは、お米やサオなど豪華賞品が当たるラッキー抽選会も行われた。本部前は、参加者たちの歓声で大いに盛り上がり、午後3時に無事、大会は幕を閉じた。

各部門の順位は次の通り(2尾長寸センチ、敬称略)


【小学生以下の部】

  1. 木原汐音38.6
  2. 盛快吏36.5
  3. 木原茂華35.8

【中高生の部】

  1. 河村健斗38.2
  2. 折本廉36.9
  3. 櫛野涼太郎35.8

【一般男性の部】

  1. 熊谷明春40
  2. 岩本昇39
  3. 川上伊豆夫37.4

【一般女性の部】

  1. 清水百合子38.3
  2. 工藤綾子37.9
  3. 馬崎蘭36

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. モーリス 「アバニ・シーバスPE・スーパーセンシティブ LS8・フルキャスト」
    8本よりの超低伸度PEアバニシーバス(スーパーセンシティブ)にロングディスタンス対応の200メ…
  2. ウエルエフ 「エコギア熟成アクア・活アジコムシ」
    ルアーとエサの概念を破壊した「エコギア・アクア」を、よりエサに近いポジションで、さらなる釣果を…
  3. PP-130PX4 001
    普通ワゴン車やミニバンなどの荷室にすっぽり積み込めるFRP4分割組み立て式のスモールボート20…
  4. 快晴で絶好の釣日和
    「震災復興第4回日立沖真鯛釣り大会」は先月開催予定だったがシケのため順延。10月9日(月・祝)…
  5. 天龍
    長野県・平谷村の平谷湖フィッシングスポットでは、ロッドメーカー天龍による「トラウトロッド、フラ…
  6. getyu
    愛知県北名古屋市にある室内コイ釣り堀のフィッシングポイントげっちゅーでは「げっちゅー釣り大会」…
  7. 今年も「ダイワへらバトル2017インひだ池」〈主催・グローブライド〉が開催される。 秋恒例…
  8. 集合写真
    10月8日、愛知県犬山市の入鹿池を舞台に、ズイール元代表でトップの重鎮として名をはせた柏木重孝…
  9. 第16回カワハギ釣り大会 上州屋&TORAY cup
    10月1日(日)、東京湾久比里の船宿で第16回カワハギ釣り大会 上州屋&TORAY c…
  10. 10月1日(日)、MFG東日本(マルキユーファングループ)主催の第71回東日本復興親善海釣り大…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る