「第5回うみんぐ大島釣り大会」結果リポート

%e3%82%a2%e3%82%b8%e3%81%af%e3%81%93%e3%81%ae%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba%e3%81%8c%e4%b8%bb%e4%bd%93

11月6日、福岡県宗像市・大島の大型海洋体験施設うみんぐ大島で「第5回うみんぐ大島釣り大会」が開催された。

行楽シーズン真っただ中の当日は、強風が吹き荒れる厳しい状況。予定されていた船釣りの部(タイラバ・ひとつテンヤ)はシケの影響で中止となった。しかし、防波堤の部には県内外から多くのファミリーが集結。約80人の参加者が秋晴れの下、釣技を競った。
%e9%a0%91%e5%bc%b5%e3%81%a3%e3%81%a6%e9%87%a3%e3%81%a3%e3%81%9f%e9%ad%9a%e3%82%92%e6%89%8b%e3%81%ab%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%b3%e3%83%aa
%e3%83%8f%e3%82%ae%e3%82%82%e3%83%90%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%aa午前8時30分、釣り開始。大規模な防波堤の有力ポイントをおさえようと、参加者らは急ぎ足で釣り場へ向かう。白波が立っているが大型が期待できる外海側か、比較的穏やかで釣りやすさが魅力の内海側か、各々が期待を込めてサオを出す。
%e5%86%85%e6%b5%b7%e5%81%b4%e3%81%a7%e5%a4%9a%e3%81%8f%e3%81%ae%e5%8f%82%e5%8a%a0%e8%80%85%e3%81%8c%e3%82%b5%e3%82%aa%e5%87%ba%e3%81%97
開始1時間ほどすると、内海側でアジがぽつぽつ釣れだした。サビキ仕掛けに掛かっている。遠めにも良型と分かるそれは、20~25センチほどのナイスサイズだ。そんなアジを数釣っていた藤﨑さん親子らは、防波堤の付け根で入れ食い状態に。アミカゴ2個を仕掛けの上下に付けていることで集魚効果が格段に良く、周囲が唖然とするほど良型をハイペースで追加する。

%e3%82%a2%e3%82%aa%e3%83%aa%e3%82%82%e3%83%92%e3%83%83%e3%83%88防波堤手前付近では添田晃弘さんが、きれいなアオリイカを見事にキャッチ。2.5号のエギで開始直後に即ヒットしたとのこと。

正午に近づくにつれてアジ、アオリイカ、クロ、カワハギ、アコウ、アラカブと全体的に釣果も賑やかになりだした。アジが数釣れることもあり、アジを泳がせてヒラメを狙う人もいたのだが、残念ながらこの日は姿を見ることはできなかった。しかし、スタッフの話によると「前日、前々日と防波堤突端で40センチ級のヒラメが釣れていました」とのこと。今後、釣行予定の人は狙ってみると面白い釣果が上がるかもしれない。

%e3%83%9c%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%a2%e3%81%a7%e8%a8%aa%e3%82%8c%e3%81%9f%e3%83%92%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%a2%e3%82%ab%e3%83%87%e3%83%9f%e3%83%bc%e3%81%ae%e7%94%9f午後1時、検量が始まると持ち込まれる魚は、やはりアジがメーン。用意された検量用のザルに入りきれない釣果が続出し、ネットに小分けして検量することになったほど。

2時からは(公財)日本釣振興会・福岡県支部によるアラカブの稚魚9000尾の放流が行われ、子どもたちは「大きくなーれ!」の掛け声とともに一斉に稚魚が入れられたバケツを傾けた。%e5%8d%88%e5%be%8c2%e6%99%82%e3%81%8b%e3%82%89%e3%81%af%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%ab%e3%83%96%e3%81%ae%e7%a8%9a%e9%ad%9a9000%e5%b0%be%e3%82%92%e6%94%be%e6%b5%81

その後は、表彰式に移行し、参加者たちはお楽しみ抽選会やじゃんけん大会でサオ、クーラー、ライ%e3%81%98%e3%82%83%e3%82%93%e3%81%91%e3%82%93%e5%a4%a7%e4%bc%9a%e3%81%ae%e6%a7%98%e5%ad%90フジャケット、地元の特産品などの豪華賞品をゲット。これにはやや疲れ気味だった子どもたちも、まだまだ釣りができると言わんばかりに一気に活気を取り戻した。

自然豊かな大島で釣った新鮮な魚とそれらのお土産を手に、参加者たちは晴れ晴れとした表情で帰りのフェリーへと乗り込んだ。
%e3%80%8c%e9%81%93%e3%81%ae%e9%a7%85%e3%82%80%e3%81%aa%e3%81%8b%e3%81%9f%e3%80%8d%e3%81%8b%e3%82%89%e8%b4%88%e3%82%89%e3%82%8c%e3%81%9f%e9%a3%be%e3%82%8a%e3%81%8b%e3%81%be%e3%81%bc%e3%81%93
▼問い合わせ
うみんぐ大島
TEL0940-72-2361

〈本紙・西岡宏祐〉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関東版 2019年7月26日号表紙
    ■今週の特集 「LTアジ&シロギス」 夏休み特集第一弾として、気軽に楽しめる東京湾の2…
  2. 週刊へらニュース 2019年7月26日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「群馬の水郷」 梅雨明けが秒読み段階に入り、夏ベラ釣りが本番を迎え…
  3. 週刊つりニュース西部版 2019年7月26日号表紙
    ■今週のつり作戦 「夏のタイ五目釣り」 胴突き仕掛けで楽しめるタイ五目釣りは人気の釣り…
  4. 週刊つりニュース中部版 2019年7月26日号表紙
    ■今週のつり作戦 「真夏のアユ」 ~梅雨が明けるとトモ釣り最盛期(2~3面) 8月…
  5. 週刊つりニュース関東版 2019年7月19日号表紙
    ■今週の特集 「海の釣り堀」 悪天候に強く、初心者やファミリーも気軽に楽しめる海の釣り…
  6. 週刊へらニュース 2019年7月19日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「袋のため池(千葉)」 長引く梅雨で、釣行をためらう人も多いはず。…
  7. 週刊つりニュース中部版 2019年7月19日号表紙
    ■今週のつり作戦 「始めよう!! エリアトラウト」 ~子供からシニアまで&初心者からベ…
  8. 週刊つりニュース西部版 2019年7月19日号表紙
    ■今週のつり作戦 「イカメタルゲーム」 いよいよ本格的なシーズンを迎えた船のイカ釣り。…
  9. 週刊つりニュース西部版 2019年7月12日号表紙
    ■今週のつり作戦 「海洋釣り堀」 釣りの経験がない、家族や友人に手軽に釣りの楽しみを教…
  10. 週刊つりニュース関東版 2019年7月12日号表紙
    ■今週の特集 「夏ビラメ」 外房・外川や飯岡で6月から解禁しているヒラメ。今期は数、型…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る