「2016マルキユーM-1カップ全国決勝大会」結果リポート

m-1_01

10月30日(日)、31日(月)の二日間にわたり埼玉県羽生市にあるつり処椎の木湖で、2016マルキユーM-1カップ全国決勝大会が開催された。昨年チャンプの萩野孝之さんが連覇を達成した。〈本紙・髙﨑〉

m-1_00A~Dの4ブロックに6人ずつ分かれ、30日に予選第1.2試合、31日の午前中に第3試合が行われた。計3試合のポイントで競った結果、萩野孝之、LIMJANGHYUN(イム・ジャンヒョン)、天笠充、LEEYONGUK(イ・ヨンク)、時田光章、錦織裕一の6さんがM-1チャンプ決定戦ファイナルに進出。
m-1_03
午前11時30分、天候薄曇り、無風のなか2号桟橋奥の工場向きで決勝スタート。イさんはチョウチンウドンセット、時田さんはメーター両ダンゴ、それ以外はメーターウドンセットを選択。

予選で総合トップだった萩野さんが開始直後に1枚目。ほかは竿は曲がるものの、スレや引っかきが多くカウントがなかなか伸びない。それを横目に萩野さんは的確に枚数を伸ばしていく。どの選手も時合いを一瞬つかんでは、数枚釣ると崩れてしまう状況のなか、萩野さんだけは崩れない。一人だけ一定のペースで釣果を重ねていく。
m-1_02
午後2時30分に競技終了。萩野さんが58枚48.06キロを釣り優勝した。平日とはいえ時間約20枚のペースで釣られては、誰も追いつくことができなかった。また、予選3回戦ともにトップ釣果という史上初の完全優勝。

「魚をはしゃがせないように、あえてエサ打ちのテンポをスロー気味にした。釣り方は試行錯誤しながらだったが、予選でトップ釣果だったので自信をもって決勝に望めたこともよかった」とコメント。

大会結果は別表の通り。

M-1チャンプ決定戦結果
順位 氏名(敬称略) 釣果(kg)
優勝 萩野孝之 48.06
2位 LIM JANG HYUN 38.14
3位 錦織裕一 34.72
4位 時田光章 33.27
5位 LEE YONGUK 25.72
6位 天笠充 25.56
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関東版 2019年7月26日号表紙
    ■今週の特集 「LTアジ&シロギス」 夏休み特集第一弾として、気軽に楽しめる東京湾の2…
  2. 週刊へらニュース 2019年7月26日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「群馬の水郷」 梅雨明けが秒読み段階に入り、夏ベラ釣りが本番を迎え…
  3. 週刊つりニュース西部版 2019年7月26日号表紙
    ■今週のつり作戦 「夏のタイ五目釣り」 胴突き仕掛けで楽しめるタイ五目釣りは人気の釣り…
  4. 週刊つりニュース中部版 2019年7月26日号表紙
    ■今週のつり作戦 「真夏のアユ」 ~梅雨が明けるとトモ釣り最盛期(2~3面) 8月…
  5. 週刊つりニュース関東版 2019年7月19日号表紙
    ■今週の特集 「海の釣り堀」 悪天候に強く、初心者やファミリーも気軽に楽しめる海の釣り…
  6. 週刊へらニュース 2019年7月19日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「袋のため池(千葉)」 長引く梅雨で、釣行をためらう人も多いはず。…
  7. 週刊つりニュース中部版 2019年7月19日号表紙
    ■今週のつり作戦 「始めよう!! エリアトラウト」 ~子供からシニアまで&初心者からベ…
  8. 週刊つりニュース西部版 2019年7月19日号表紙
    ■今週のつり作戦 「イカメタルゲーム」 いよいよ本格的なシーズンを迎えた船のイカ釣り。…
  9. 週刊つりニュース西部版 2019年7月12日号表紙
    ■今週のつり作戦 「海洋釣り堀」 釣りの経験がない、家族や友人に手軽に釣りの楽しみを教…
  10. 週刊つりニュース関東版 2019年7月12日号表紙
    ■今週の特集 「夏ビラメ」 外房・外川や飯岡で6月から解禁しているヒラメ。今期は数、型…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る