「第28回釣研FGクロ釣り選手権大会(釣研FG主催)」結果リポート

%e5%8f%82%e5%8a%a0%e8%80%85%e4%b8%80%e5%90%8c%e3%81%a7%e8%a8%98%e5%bf%b5%e6%92%ae%e5%bd%b1

11月5~6日、釣研FG(ファングループ)在籍者による「第28回釣研FGクロ釣り選手権大会(釣研FG主催)」が長崎・平戸一帯を舞台に開催された。

同大会は、釣研ウキを使用して釣り上げたクロ2尾の合計重量で競い、5日深夜に平戸大橋公園で受け付けを済ませた後、翌6日の検量時間まで間に合う釣り場(一部を除く)なら自由という大会。クロ釣り場が数多く点在する長崎一帯とあって、好成績が期待された。
次々と順位が入れ替わる

次々と順位が入れ替わる


6日午後1時、平戸大橋公園に参加者は続々と釣果を持ち込んで検量開始。入れ替わる順位に一喜一憂しながら検量は進み、2時30分すぎから成績発表。1位は電輝円錐を使用し、3230グラムを検量した牧村祥吾さん、2位はLFエキスパートを使用し、3200グラムを検量した小田年浩さん、3位はスーパーエキスパートUEを使用し、3150グラムを検量した池永祐二さ
五島で釣った大型クロを検量して優勝した牧村祥吾さん

五島で釣った大型クロを検量して優勝した牧村祥吾さん

ん、大物賞は松本勉さんがフリクションDを使用して釣った49.8センチ3000グラムとなった。なお、釣り場はいずれも五島だった。

表彰式後は抽選会やジャンケン大会などで盛り上がり、大会は無事に終了した。

上位成績者は次の通り(敬称略、検量重量グラム、釣り場)

個人賞
(1)牧村祥吾3230五島、(2)小田年浩3200五島、(3)池永祐二3150五島、(4)寺田泰隆3110的山、(5)松本勉3000五島、(6)松枝大介2990五島、(7)原義幸2890生月、(8)中元哲範2890五島、(9)上田信勝2880五島、(10)桒原将太2830宮ノ浦

飛び賞
入江勇一、岸本富士夫、加藤直、畠山仁志、木下英之

大物賞
松本勉

〈本紙・村松剛〉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 神戸市立須磨海づり公園での「2016年年間大物記録賞」は次の通り(敬称略)。 【アブ…
  2. 全国各地で「2017シマノジャパンカップチヌ釣り選手権大会」の予選が行われる。 関西周辺の…
  3. 舟水シリーズ「両ウドン・グルテン底」
    埼玉県幸手市にあるつり具サトーのオリジナルヘラウキは、リーズナブルな価格と使いやすさでビギナー…
  4. 埼玉県白岡市にある隼人大池が、入釣料が割引になる平成29年の愛好会員、シルバー会員を募集してい…
  5. 茨城県笠間市にある友部湯崎湖が、毎月第一土曜に、チャレンジカップを開催している。毎回競技規定(…
  6. 埼玉県幸手市にある神扇池が、第6回底釣り大会を開催する。 要項は次の通り …
  7. 週刊つりニュース関東版 2017年1月27日号表紙
    ■今週の釣りもの 「LTアジ」 大衆魚の代表魚といえばアジ。年間を通して安定した釣果に…
  8. 週刊つりニュース関西版 2017年1月27日号表紙
    ■今週のつり作戦 「投げアブラメ痛快」 キスもカレイも渋い冬の投げ釣りの主役は、アブラ…
  9. 週刊つりニュース中部版 2017年1月27日号表紙
    【2月渓流解禁特集】 いよいよファン待望の渓流釣りシーズン開幕が近づいてきました。そこで本…
  10. 週刊へらニュース 2017年1月27日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「湊川(千葉)」 今年に入って晴天が多いうえ気温の変化も激しく、河…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る