オーナー「トーナメントフローティングベストTYPE2」

オーナー「トーナメントフローティングベストTYPE2」

オーナーから軽快かつ最高のフィット感を実現し、スタイリッシュなフォルムが磯師のハートをくすぐるフローティングベスト「トーナメントフローティングベストTYPE2」が新発売。

胸ポケット、腹部ポケットとも大容量のスペースを確保し、パーツケースやウキポーチを余裕で収納。

両脇を大きく切り開くことでロッドを振りかざしたり、繊細な操作を行いやすくした。

内側生地を立体的サークル仕様に仕上げ、より通気性を確保しムレを解消。

カラーはAV-150がブラック/ゴールド、AV151がブラック/ホワイト。サイズはM、L、LL、3L。

メーカー希望本体価格は¥3万6300。

オーナー
TEL0795(22)1433

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 神戸市立須磨海づり公園での「2016年年間大物記録賞」は次の通り(敬称略)。 【アブ…
  2. 全国各地で「2017シマノジャパンカップチヌ釣り選手権大会」の予選が行われる。 関西周辺の…
  3. 舟水シリーズ「両ウドン・グルテン底」
    埼玉県幸手市にあるつり具サトーのオリジナルヘラウキは、リーズナブルな価格と使いやすさでビギナー…
  4. 埼玉県白岡市にある隼人大池が、入釣料が割引になる平成29年の愛好会員、シルバー会員を募集してい…
  5. 茨城県笠間市にある友部湯崎湖が、毎月第一土曜に、チャレンジカップを開催している。毎回競技規定(…
  6. 埼玉県幸手市にある神扇池が、第6回底釣り大会を開催する。 要項は次の通り …
  7. 週刊つりニュース関東版 2017年1月27日号表紙
    ■今週の釣りもの 「LTアジ」 大衆魚の代表魚といえばアジ。年間を通して安定した釣果に…
  8. 週刊つりニュース関西版 2017年1月27日号表紙
    ■今週のつり作戦 「投げアブラメ痛快」 キスもカレイも渋い冬の投げ釣りの主役は、アブラ…
  9. 週刊つりニュース中部版 2017年1月27日号表紙
    【2月渓流解禁特集】 いよいよファン待望の渓流釣りシーズン開幕が近づいてきました。そこで本…
  10. 週刊へらニュース 2017年1月27日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「湊川(千葉)」 今年に入って晴天が多いうえ気温の変化も激しく、河…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る