「へら浮子「霧舟」50周年記念へら釣り大会」結果リポート 埼玉県羽生市・つり処・椎の木湖 

50位には50周年記念ウキ額が贈られた

11月23日(水・祝)、埼玉県羽生市にあるつり処・椎の木湖で、へら浮子「霧舟」50周年記念へら釣り大会が開催された。参加67人。小学生から大ベテランまで、ヘラウキ霧舟の愛好者たちが一堂に会して思い思いの釣りを楽しんだ。
〈本紙・髙﨑〉

今年、ウキ制作50周年を迎えた「霧舟」こと山川松男さんは83歳。師匠を持たず、ただ釣り人のためだけに実直にウキを作り続けてきた。そんなヘラウキ霧舟を愛用する人たちが5年ぶりに椎の木湖に集結した。

大会は2号桟橋を貸切りで使用。競技は午前7時から午後2時までの総重量制、釣り方は池の規定に準じウキは「霧舟」を使用。
当日は曇天で肌寒いながらも桟橋には、普段顔を合わせることのない人同士の間にも笑顔があふれる。霧舟さんも短時間だが竿を出し、大好きな長竿の底釣りで良型を釣り上げてご満悦。

午後2時に納竿。検量の結果、今年のマルキユーペア大会を制した山井豊さんが48枚42.05キロで優勝した。釣り方は竿9尺メーターウドンセット、ウキは霧舟・攻グラスムク1番を使用。2位は佐藤紀征さん、3位には山井豊さんの妻である山井こず枝さんが入賞した。

成績発表とともに、賞品と参加賞50周年記念ウキが手渡される。大型賞には、2081グラムを釣り上げた鎌田孝一さん。大会の目玉である50周年を記念した50位の金子修一さんには、へら浮き霧舟の記念額装が贈られた。
大人顔負けの竿さばきを見せる小学生の岡田剣くん

大人顔負けの竿さばきを見せる小学生の岡田剣くん


最後は全員で霧舟さんのますますの活躍と再会を願いつつ笑顔で散会した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 重要なお知らせ
  2. 週刊つりニュース関東版 2021年1月29日号表紙
    ■今週の特集 「タナゴ満喫」 タナゴ推薦釣り場 茨城・西谷田川周辺、茨城・霞ヶ浦周…
  3. 週刊へらニュース 2021年1月29日号
    ■今週の推薦釣り場 「上大島ファミリー釣り場(神奈川)」 年明けから冷え込みが厳しくな…
  4. 週刊つりニュース西部版 2021年1月29日号表紙
    ■今週のつり作戦 「オフショアゲーム」 今週のつり作戦は、通常のつり作戦とは趣向を変え…
  5. 週刊つりニュース中部版 2021年1月29日号表紙
    ◎今週は「2月渓流解禁特集」!! いよいよファン待望の渓流釣りシーズン開幕が近…
  6. 週刊つりニュース関東版 2021年1月22日号表紙
    ■今週の特集 「タコ&イカ熱視線」 いよいよヤリイカが本格的にシーズンイン。各地から釣…
  7. 週刊へらニュース 2021年1月22日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「道の口沼(千葉)」 相次ぐ寒波でどこの釣り場も苦戦が続く。オデコ…
  8. 週刊つりニュース西部版 2021年1月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒グロ釣り」 今週のつり作戦は、注目度ナンバー1の寒グロを特集。水…
  9. 週刊つりニュース中部版 2021年1月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「ロックフィッシュと遊ぼう」 ~冬のベイエリアの人気者たち(2~3面…
  10. 週刊へらニュース 2021年1月15日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「早霧湖(静岡)」 冬は底釣りが面白い。さらに長竿不要とくれば、初…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る