「第30回尾鷲磯釣大会」開催 2017年1月7日~2月5日

三重県尾鷲の磯で尾鷲市観光釣協会主催の「第30回尾鷲磯釣大会」が次の要領で開催される。

  • 日程…Ⅰ部は1月7日(土)~2月5日(日)。Ⅱ部は2月19日(日)。※Ⅲ部は総合グレの部(Ⅰ部、Ⅱ部の各1匹長寸の合算)
  • 場所…尾鷲市各磯(須賀利、尾鷲、九鬼、早田、三木浦、三木里、賀田、梶賀)
  • 参加費…無料(ただし渡船代、エサ代は各自負担)
  • 参加渡船…尾鷲市観光釣協会組合店
  • 競技方法…期間中の1匹長寸で判定。参加回数は自由で1人1賞までとし、魚種部門別での重複受賞は認めない。ただしⅠ部、Ⅱ部、Ⅲ部間の賞の重複は認める。※Ⅲ部総合グレの部については、Ⅰ部(45センチ以上)とⅡ部(制限なし)の各1匹長寸を合算した数値で判定
  • 申込方法…協賛エサ店、釣具店で審査カードを受けて各自参加渡船店へ。その後、所定の計測所で計測
  • 対象魚…グレ、チヌ(クロダイ)、他魚(マダイ、イシダイ、ブダイ、コロダイ、イシガキダイ、イサキ)限定
  • 計測所…おわせ魚センターおとと(尾鷲市古戸野町)。Ⅱ部はすべて熊野古道センターで計測(午後1時15分まで)
  • 賞…Ⅰ部グレの部=優勝賞金10万円、Ⅱ部グレの部=優勝賞金5万円、Ⅲ部総合グレの部=優勝賞金3万円。そのほかデジタルカメラなど豪華賞品が盛りだくさん
  • 表彰式…2月19日(日)午後2時から熊野古道センターで※会場ラッキー賞として、表彰式当日に会場での抽選を行い、20人に特産品をプレゼント。

▼問い合わせ
尾鷲磯釣大会事務局
電話0597(23)8223

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関東版 2020年1月24日号表紙
    ■今週の特集 「陸っぱり盛況」 好期を迎えているメジナやクロダイ、ファミリーに最適なア…
  2. 週刊つりニュース西部版 2020年1月24日号表紙
    ■今週のつり作戦 「冬の船釣り」 今週のつり作戦は趣向を変えて、船エサ釣り、オフショア…
  3. 週刊へらニュース 2020年1月24日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「手賀川(千葉)」 千葉県柏市~我孫子市を流れる手賀川は東西に長く…
  4. 週刊つりニュース中部版 2020年1月24日号表紙
    ■今週のつり作戦 「沖釣り!! 泳がせで狙う高級根魚五目」 ~魅力は食味と青物並みの馬…
  5. 週刊つりニュース関東版 2020年1月17日号表紙
    ■今週の特集 「釣りフェスティバル」特集 1月17~19日にパシフィコ横浜で開催される…
  6. 週刊へらニュース 2020年1月17日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「長島新堀(千葉)」 野釣りではアタリオデコも珍しくない、過酷な季…
  7. 週刊つりニュース西部版 2020年1月17日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒グロ釣り」 今週のつり作戦は、いよいよ本格的なシーズンに突入した…
  8. 週刊つりニュース中部版 2020年1月17日号表紙
    ■今週のつり作戦 「波止釣り!! 名古屋港クロダイ攻略戦」 ~ハワセ釣りで冬の難敵に挑…
  9. 週刊つりニュース関東版 2020年1月10日号表紙
    ■今週の特集 「初釣り」特集 東京湾初タチ会心 令和2年祝いダイ乱れ咲き 清流…
  10. 週刊へらニュース 2020年1月10日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「門池(静岡)」 長年の放流継続が実を結び、真冬でもウキが動く釣り…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る