「第4回マルキユーM-1CUP全国グレ釣り選手権大会決勝戦」結果リポート

決勝2ラウンド終了直前、寺田選手が取り込んだ良型尾長グロ

決勝2ラウンド終了直前、寺田選手が取り込んだ良型尾長グロ

11月26日、27日、大分県南・米水津一帯を舞台に「第4回マルキユーM-1CUP全国グレ釣り選手権大会決勝戦」(マルキユー主催)が開催された。各地の予選を勝ち抜いた22選手、シード3選手、MFG枠代表6選手がハイレベルな釣技を競った結果、九州代表の寺田泰隆選手(宮崎県東臼杵郡門川町)が激戦を制して頂点に立った。〈本紙・村松剛〉

26日、各組3人ずつで磯へと渡り、1回戦を開始。各組から1人が勝ち上がり、2回戦はマンツーマンで翌日の準決勝戦のイスを争った。競技規定は25センチ以上のクロ9尾以内の総重量勝負、まきエやつけエはマルキユーから支給されたものを使用する。

いよいよ本格的な磯クロシーズンを迎えた大分県南の磯。初日から好釣果が期待されたが、やや食いムラを見せるクロに苦戦する組も少なくなかった。そんな状況下、準決勝へ駒を進めたのは、林幸広(四国)、鳥井義弘(北陸・関西)、寺田泰隆(九州)、森川智之(北陸・関西)、宮原浩(シード)、有田達也(シード)各選手。

翌27日は朝から雨が降る状況下、前夜に抽選で決まった組み合わせ林-鳥井組が横島1番、寺田-森川組が横島4番、宮原-有田組が沖の観音で決勝へ進む3選手を決める。しかし、この日は一段とクロが食い渋り、1尾をキープするのがやっとという状況下、林選手、寺田選手、そして前回の準優勝者・有田選手が決勝戦へと勝ち名乗りをあげた。

決勝の舞台は名礁「横島3番」。1ラウンド60分、釣座交替しながら3ラウンドを戦う。沖に向かって左から有田、林、寺田選手と並び、午前10時30分、試合開始の笛が鳴り響いた。

3時間に及ぶ戦いとなると、刻々と変わる潮状況に合わせ、どのタイミングで最も良い釣座に入るかも勝敗を分ける。1ラウンド目からペースをつかみたかった有田選手だが魚信は遠く、結局、寺田選手が3尾、林選手が1尾、有田選手が2尾キープして時計回りに釣座交替。2ラウンド目に入ってもクロの反応は鈍く、各選手が2尾キ

ープするのみ。そんな中、終了5分前に寺田選手に明らかに分かる良型のアタリ。慎重なやり取りで取り込んだのは43センチ超えの尾長(オナガ)グロ。

釣座を再び交替し、3ラウンド目へ。すると、今までの沈黙がウソのように左端に入った林選手が順調に掛けていく。横目でその様子を見なが

ら寺田選手も離されないようクロを取り込んでいく。一方、右端の有田選手はキープできないまま時間が過ぎていく。

そして、3時間の激闘を終えて終了の笛。数で追い上げた林選手は9尾5070グラムを検量、寺田選手も9尾を検量し、5700グラムをマーク。この瞬間、新王者が誕生、ギャラリーたちからも祝福の拍手が鳴り響いた。

優勝した寺田選手のコメント&タックルデータ
「大会中は浅ダナを意識して釣りました。正直、まだ優勝したという実感がありませんが、(大会直前に亡くなった)釣友に良い報告ができます」。
サオ=アテンダーⅡ1.25号5メートル、リール=BB-X2500DXG、ミチイト=銀鱗スーパーストロングネオ1.25号、ウキ=エイジアマスターピース01、ハリス=トヨフロン・ハイパーガイアXX1.2号、ハリ=掛りすぎ口太5号など。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関東版 2019年9月27日号表紙
    ■今週の特集 「カワハギ特集第二弾」 名手たちの釣行取材や最新アイテム 本紙お勧め…
  2. 週刊つりニュース西部版 2019年9月27日号表紙
    ■今週のつり作戦 「大分沖・船タチウオ」 ギラリと光を反射させながらファイトするその正…
  3. 週刊へらニュース 2019年9月27日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「鳥羽井沼自然公園の池」 台風の影響などで気温の高い日はあるものの…
  4. 週刊つりニュース中部版 2019年9月27日号表紙
    ■今週のつり作戦 「お手軽&低予算で楽しもう!! 堤防型釣り堀」 ~マダイやハマチに加…
  5. 2020_つり手帳
    2020年版『つり手帳』好評発売中→http://tsurinews.co.jp/p…
  6. 週刊つりニュース関東版 2019年9月20日号表紙
    ■今週の特集 「カワハギ特集第一弾」 名手たちの釣行取材や最新アイテムなどを紹介 …
  7. 週刊へらニュース 2019年9月20日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「新木水路」 朝晩は秋の気配を感じるようになり、猛暑に泣かされてい…
  8. 週刊つりニュース中部版 2019年9月20日号表紙
    ■今週のつり作戦 「多彩なターゲット魅力!! ウタセ五目の季節」 ~お手軽・釣って良し…
  9. 週刊つりニュース西部版 2019年9月20日号表紙
    ■今週のつり作戦 「秋アオリイカのエギング」 ずばり、秋アオリイカは数狙い。港や波止、…
  10. 週刊つりニュース関東版 2019年9月13日号表紙
    ■今週の特集 「キハダ・カツオ」 先月、コマセでの釣り方が解禁になった相模湾のキハダ・…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る