「爆朝(バクモン)カップ2016」結果リポート 腰越・池田丸でLT五目

安達貴代子さん65cmのマダイ

安達貴代子さんは4キロ級マダイをゲット

12月4日(日)、FMヨコハマザバーン(毎週土曜午前5時放送)」主催の釣り大会、「爆朝(バクモン)カップ2016」が相模湾腰越の池田丸で開催された。


「ザバーン」は釣りを含むマリンスポーツなどのアウトドア情報が盛りだくさんの番組。番組初の釣り大会を開催するにあたり、私の勤め先である神奈川県相模原市にある釣具店・フィッシング相模屋が運営をお手伝い。

釣り初心者からベテランまで幅広く参加できるように企画され、釣り方はライト五目。釣り上げたアジ1尾の全長で競い、「参加者に楽しんでもらえるように」とたくさんの賞が用意された。

午前6時、薄っすら明るくなってきたころで受け付け開始。受付は港の駐車場内、FMヨコハマとアジの大漁旗が貼られたタープが目印。釣り座の抽選も行われ、番組DJの井手大介さんから参加賞(FMヨコハマのクリアファイルや番組限定ステッカーの他に相模屋限定タオルなど非売品が多数)が配られる。

参加者が全員揃った6時半すぎ、井手さんの司会で開会式。開会のあいさつ、スタッフ紹介、大会のルール説明が終わり、いよいよ乗船。

20人が参加し、右舷はペア参加者、左舷は一人参加の人で分かれて整列。右舷ミヨシに井手さん、左舷ミヨシには番組スタッフの三浦さんが入る。船釣り未経験の人もいて、相模屋が用意したレンタルタックルを使い、同店スタッフの平賀店長、川嶋さん、私が準備を手伝った。

7時10分、橋本浩平船長の操縦で出船。航程約10分で最初のポイントに到着。「反応見ますのでコマセカゴに8割詰めて落とす準備をしておいてください」と船長。

5分ほど経ち、投入の合図とともに競技開始。水深97メートル、底から80メートル付近で反応がある。開始から10分、最初に魚を掛けたのは右舷胴の間の夫婦で参加した安達敬雄さん(清瀬市)。25センチほどのアマダイを釣り上げる。


その後も右舷でアマダイが続き、本命のアジを最初に釣り上げたのは井手さん。続けてアジをゲットしたのは井手さんの隣の鹿島李央(リオ)くん(茅ヶ崎市)。今回キッズは小学5年生の李央くんだけで、お父さんとペアで参加。船に乗るのも初めてだったが、魚が釣れると笑顔で喜んでいた。

安達敬雄さんがメジナをキャッチ


朝イチは20センチ前後のアジが続いたが、8時を過ぎると30センチ超えが上がるようになった。

9時20分、井手さんが船上でアジをさばき、参加者に新鮮な刺し身を振る舞う。皆、釣りたてのアジの美味しさに感動。一層釣りに気合が入った様子だった。

9時半、右舷ミヨシでオマツリをほどいていると、胴の間の安達貴代子さん(清瀬市)の竿が大きく曲がっていることに気づいた。「ゆっくり巻き続けてください」と船長。安達貴代子さんは大きくしなった竿を支えゆっくり慎重に手で巻き続ける。10分以上かけて、やっと見えてきたのは赤く大きな魚体。上がってきたのは大きなマダイ。船長がすかさずタモ入れ。4キロはありそうだった。

競技中には早掛け大会が3回行われ、1番先にアジを釣り上げた人に賞品が贈られた。午後2時に競技終了。検量が済んだ参加者から池田丸3階へ移動。名物のしらす丼が振る舞われた。食事が済み、いよいよ表彰式。


優勝は36.6センチを釣り上げた太田さん(大和市)、第2位は36.3センチで石川さん(藤沢市)、第3位は36センチで皆川さん(練馬区)。レディース賞は西本さん(新宿区)、キッズ賞には李央くんが選ばれた。番組コーナー名にちなんだバクモン賞は、マダイを釣り上げた安達さんが受賞。その後じゃんけん大会があり、船宿から生ワカメとカレンダーが配られ、参加者みな笑顔で散会となった。

▼問い合わせ
フィッシング相模屋
〈江成千鮎〉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関東版 2019年8月23日号表紙
    ■今週の特集 「ボートハゼ」 大人も子どもも夢中になるボートハゼ。シンプルタックルで楽…
  2. 週刊つりニュース西部版 2019年8月23日号表紙
    ■今週のつり作戦 「イカメタルゲーム」 近年、爆発的人気を呼んでいる「イカメタルゲーム…
  3. 週刊へらニュース 2019年8月23日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「小櫃川(千葉)」 梅雨明け以降、連日のように真夏日が続いている。…
  4. 週刊つりニュース中部版 2019年8月23日号表紙
    ■今週のつり作戦 「日本海イカメタルゲーム熱気充満」 ~ターゲットはマイカ(ケンサキイ…
  5. 週刊つりニュース関東版 2019年8月16日号表紙
    ■今週の特集 「イシナギ激釣」 アブラボウズ、カンナギ、モロコなどと肩を並べる大型魚イ…
  6. 週刊つりニュース西部版 2019年8月16日号表紙
    ■今週のつり作戦 「晩夏の船釣り」 海の中はまだまだ夏模様! 日中の日差しに釣行に二の…
  7. 週刊へらニュース 2019年8月16日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「泪川(千葉)」 異常なほど日照時間の少ない梅雨が明けて、夏日の続…
  8. 週刊つりニュース中部版 2019年8月16日号表紙
    ■今週のつり作戦 「イカダ&カセで狙う真夏のカカリ釣りクロダイ佳境」 ~ハイシーズン!…
  9. 週刊つりニュース関東版 2019年8月9日号表紙
    ■今週の特集 「夜釣り」 強い日差しにクラクラする夏がやってきた! 暑さを避けるために…
  10. 週刊へらニュース 2019年8月9日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「松原湖(長野)」 関東甲信地方の梅雨明けが発表された。明けたと同…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る