「第9回クルー・オフショアゲームス東京湾タチウオラウンド」結果リポート

お気に入りのCLUEの帽子で挑んでいた鈴木さん

12月18日(日)、第9回クルー・オフショアゲームス東京湾タチウオラウンド=(株)CLUE主催=8船宿10隻が参加して行われた。東京湾深川木場の吉野屋から取材した。〈本紙・宮﨑千恵〉

本大会は大会中に釣り上げたタチウオ3尾の合計重量で競う。同重量の場合は最大魚の重量で順位を決定。

午前6時40分、大森健吾船長の操船で出船。8時に海上に全10隻が集まり、戦い前にふさわしいBGMと参加者たちの大きな掛け声で、船はポイントに向かって走り出す。

一投目で釣り上げた外山さん走水沖に到着すると「水深66メートル、下から15メートルです」のアナウンスで開始。一投目から外山桂大さんがゲット。大内尚二さんと釣友の徳山英秀さんも釣り上げる。右舷のトモでもくもくとロッチーム仲間と参加の徳山さん(左)と大内さん(右)ドを振るのは女性アングラーの鈴木利枝さん。第1回大会から、東京湾開催のときは参加していて、クルーオリジナルキャップがお気に入り。

エイやサバに邪魔されるなど、本命の食いが落ちることがあっても浦山隆幸さんは「ピンク系がよかったと思います」コンスタントに釣り上げていく。

「この大順調だった浦山さん会は「吉野屋さんから出場したい」と言う息子の竜太朗と来ました」と平岡豊さんも楽しそう。
午後1時、「これで終了になります。皆さんお疲れさまでした」とストップフィッシング。

仲のいい平岡さん親子本牧漁港に戻って、検量。その間に温かいお弁当とお茶が配られて昼食タイム。

集計が完了した3時から表彰式。栄えある優勝は蓮見勝彦さんの3315グラム(詳細は下図参照)。入賞者以外にも全員の名前が呼ばれ参加賞が配られる。さらにジャンケン大会も行われて盛り上がり、4時半に散会となった。

今回の上位入賞者本年度、最後の大会だったため年間の表彰も行われた。第1回目からの累積ポイント制で総合順位が決まり、盛大に表彰された。1位は唐鎌洋明さんで278ポイント。2位は宇津野清さんで267ポイント。3位は高橋巌さんで255ポイントだった。

crue_tashiuo_kekka

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関西版 2017年3月3日号表紙
    ■今週のつり作戦 「根魚ライトゲームに夢中」 メバルやガシラといった根魚は、手近な波止…
  2. 週刊へらニュース 2017年3月3日号表紙
    「水城公園しのぶ池」 三寒四温を繰り返し、春の足音が聞こえる季節を迎えた。やがて桜前線の北…
  3. 週刊つりニュース関東版 2017年3月3日号表紙
    ■ボートショー特集 3月2日~5日の四日間、神奈川・パシフィコ横浜と横浜ベイサイドマリーナ…
  4. 週刊つりニュース中部版 2017年3月3日号表紙
    ■今週のつり作戦 「エリアで巨大トラウトを迎え撃て」 ~興奮のサイトフィッシング(2~…
  5. SHIMANO SQUAREの入り口
    2月8日(水)、株式会社シマノは、グランフロント大阪・北館(大阪市北区)のナレッジキャピタル4…
  6. 週刊つりニュース西部版 2017年3月3日号表紙
    ■今週のつり作戦 「早春のチヌ」 今週のつり作戦は、乗っ込み前哨戦ともいえる早春のチヌ…
  7. フィッシングパラダイス「Under baitSP 200(アンダーベイトスペシャル)」
    東京都世田谷区にあるフィッシングパラダイスから玄界灘や長崎平戸、佐世保~五島沖で人気の落とし込…
  8. フォレスト「ネイティブシリー MIU 7g」
    フォレストから渓流、湖で大活躍のスプーン「ネイティブシリーズMIU」に待望の極厚7グラムが新登…
  9. アルミTP-110W 
    ホープから、バスアングラーの待望のパントボート新登場。 「テキサス・パントTP-11…
  10. サンライン「磯スペシャルフカセちぬ競技」
    サンラインから粘り強さが大型クロダイを浮かす磯釣り用ライン「磯スペシャルフカセちぬ競技」が3月…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る