シマノ「SHIMANO SQUARE」オープン グランフロント大阪・北館

SHIMANO SQUAREの入り口

2月8日(水)、株式会社シマノは、グランフロント大阪・北館(大阪市北区)のナレッジキャピタル4階にて、SHIMANO SQUAREをオープンした。

シマノの商品の魅力を伝えるとともに、釣り、自転車を通して新しいアーバンスポーツライフを提案・形成することを目的としている。

フィッシングギャラリーで展示品の説明をしている様子7日のプレオープンでは、バイシクルコンポーネンツ事業部企画部長・神保正彦さんが、報道陣に対してプレゼンテーションを行い、「釣りと自転車の楽しさを多くの人に伝えたい」と語った。

SHIMANO SQUAREは、釣りや自転車に関する情報を提供するラボスペースと、くつろげるカフェスペースを設けており、ラボスペースは6つの区画に分けられる。

シマノの歴代商品が並ぶそのうちの1つ、シマノフィッシングギャラリーでは、竿やリールなど、シマノの知恵と技術を終結した歴代商品が展示されている。

訪れた人たちは商品をじっくり観賞でき、性能やその形状の美しさ、そして商品に込められた想いを感じとることができる展示様式となっている。

自転車も展示ギャラリーには、釣りや自転車の楽しみ方を熟知したコンシェルジュが常駐しており、展示してある商品に対しての質問ができることはもちろん、釣具や自転車の選び方、さらに要望に合わせた釣り場情報やサイクリングコースの提案などを受け取ることができる。

店内にはカフェがありゆっくりくつろげるまた、ラボスペースには釣り、自転車に関するワークショップなどを開催するイベントブースがあり、これからどのような企画が行われるのか楽しみだ。

ラボスペースをじっくり見て回った後は、カフェスペースでゆっくりとくつろぎたい。ブックライブラリーが備えられており、釣りや自転車に関する本を自由に読むことができる。特別な時間を過ごせるだろう。
関東在住の人も大阪に行くことがあれば、ぜひ立ち寄ってみてほしい。

〈週刊つりニュース大阪本社・光吉佑馬〉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関西版 2018年6月1日号表紙
    ■今週のつり作戦 「タラジギングに挑戦」 マダラといえば冬のイメージが強いが、釣りのタ…
  2. 週刊へらニュース 2018年6月1日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「芦ノ湖(神奈川)」 神奈川県箱根町にある芦ノ湖が面白くなってきた…
  3. 週刊つりニュース西部版 2018年6月1日号表紙
    ■今週のつり作戦 「初夏のブラックバス」 今週のつり作戦は、大人気のブラックバスゲーム…
  4. 週刊つりニュース中部版 2018年6月1日号表紙
    ■今週のつり作戦 「工夫を重ねてスキルアップを目指せ!! ムギイカメタル」 ~日本海初…
  5. 週刊つりニュース関東版 2018年6月1日号表紙
    ■今週の特集 「コマセ釣り」(2~5面) 釣り物が多彩なコマセ釣り。東京湾剣崎松輪・あ…
  6. enagyokyou
    岐阜県中津川市の恵那漁業協同組合では、中津支部の理解と協力もあって「中津川あゆビギナーズエリア…
  7. 釣りと環境保全を学ぶ「子どもかんきょう釣り教室」〈主催・認定NPO法人日本釣り環境保全連盟、東…
  8. urugi
    長野県下伊那郡売木村を流れる売木川で、今年も「南信州うるぎ村渓流釣り祭り」が開催される。 …
  9. amagasaki
    兵庫・尼崎市立魚つり公園で6月2日、「レディース魚つり大会」が実施される。 詳細は次の通り…
  10. orland
    6月、7月にオーランド(大島製作所)主催の「黒鯛(チヌ)落とし込み初心者講習会」、「黒鯛(チヌ…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る