「第13回江戸前釣り大会~カレイ釣り・2017~」結果リポート

上位入賞者

2月19日(日)、「第13回江戸前釣り大会~カレイ釣り・2017~」=東京湾遊漁船協同組合主催=が開催。平和島のまる八から取材した。

マコガレイ1尾の長寸を競う内容で、参加は同組合に所属する川崎~船橋までの船宿。14隻に243人が乗船した。

午前7時、くじ引きで釣り座を決め、まる八の2号船は15人を乗せて伊藤仲二船長の舵で出船。8時すぎに全船が海上に揃い、ポイントへ向かう。

8時40分、木更津沖でスタート。水深は12~15メートル。配布された青イソメや持参のエサを付けて各自仕掛けを投入する。使える竿は2本までで、軽くキャストしてサビいてくるか、船下を狙う待ち主体の釣り。

20分後、船中1尾目にして40.5センチの良型を手にしたのは右舷ミヨシ2番目の山崎吉晴さん。7回目の参加で、青イソメと持参したオレンジゴールドイソメをミックスして使っていた。

根岸悠記さん船中2尾目は右舷トモから3番目の根岸悠記さんで36センチ。11時30分には毎週同宿に通う木村泰洋さんが「先週は36センチを釣ったんだけどなあ」と30センチをゲット。下げ潮が効いて時合いになったのかカケアガリのポイントで、「大会は4回参加していて、うち2回はいい賞吉田新一さん品をもらっています。この釣りは運が80パーセントだね」と話す吉田新一さんが32センチ。根岸さんの職場仲間の斉藤純さんにも33センチが掛かった。斉藤純さん

右舷でのヒットが続いていたが、左舷の佐藤道也さんも本命ゲット。終了5分前の午後1時55分、船酔いから復活した佐藤榛名さんが締めの1尾を上げて納竿となった。

3時にまる八の桟橋に全船佐藤道也さんが集まり、ゲストのあべなぎささんがプレゼンターとなって表彰式。優勝は橋本千加士さん44.2センチ。そのほか入賞者は別表の通り。終了間近まで風が強くウネリがあり、アタ佐藤榛名さんリが取りづらい状況だったが、トップは6尾と健闘。入賞者には豪華賞品が贈られ、抽選会も行われ、盛況のうちに散会した。

▼問い合わせ
まる八

〈週刊つりニュース東京本社・宮﨑千恵〉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関東版 2019年12月13日号表紙
    ■今週の特集 「LTアジ活発」 東京湾で一番人気と言ってもいいほど馴染み深いアジ。一日…
  2. 週刊つりニュース西部版 2019年12月13日号表紙
    ■今週のつり作戦 「ライトロックフィッシュゲーム」 近くの波止や岸壁、地磯から手軽に楽…
  3. 週刊へらニュース 2019年12月13日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「城沼(群馬)」 春の乗っ込みに毎年大勢の釣り人が訪れる群馬県館林…
  4. 週刊つりニュース中部版 2019年12月13日号表紙
    ■今週のつり作戦 「磯釣り!! 寒グレ攻略」 ~ヒットすればデカイ!! それが一番の魅…
  5. 週刊つりニュース関東版 2019年12月6日号表紙
    ■今週の特集 「和竿で遊ぶ」 タナゴほか釣行記からポイント、専門ショップを紹介する特集…
  6. 週刊へらニュース 2019年12月6日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「大落古利根川(埼玉)」 紅葉前線が南下し水温が下がってくると、食…
  7. 週刊つりニュース西部版 2019年12月6日号表紙
    ■今週のつり作戦 「海洋釣り堀特集」 さあ、師走に突入! すぐにクリスマス、大晦日、正…
  8. 週刊つりニュース中部版 2019年12月6日号表紙
    ■今週のつり作戦 「エリアトラウト指南!! 一日10匹をクリアするために」 ~レンジの…
  9. 週刊つりニュース関東版 2019年11月29日号表紙
    ■今週の特集 「テンヤマダイ」 ひとつテンヤマダイの基本から茨城・房総の概況、取材・釣…
  10. 週刊へらニュース 2019年11月29日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「片倉ダム(千葉)」 「大型狙いは春だけ」などと勘違いをしてはいな…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る