「D.Y.F.Cトラウトスクールin大分県九重フィッシングリゾート」ルアーを学びながら楽しく

九重1

3月4日、大分県玖珠郡九重町の管理釣り場・九重フィッシングリゾートを会場にD.Y.F.C(ダイワ・ヤング・フィッシング・クラブ)の「トラウトスクール」が開催された。

D.Y.F.Cは釣具メーカー・ダイワが主催する子どもたちを対象にした釣りクラブで、事前に参加登録していたクラブ会員の子どもたち50人が参加した。
集合 九重4 九重3 九重2
トラウトスクールではラインの結び方、正確なキャスティング方法、ルアーの泳がせ方、ルアーローテーションの考え方など実釣しながら学んだ。

ロッドやリールなどは主催者が用意しており、コーチを務めるのはダイワのテスターやモニター陣。トラウトテスターの高田達也さん、ソルトルアーの佐々木修さん、磯釣りの岡田建治さん、九州では本紙でおなじみの郷原未来さん、金子新さんらもコーチとなった。

午前8時40分から開始されたトラウトスクールはグループに分かれてコーチが同伴。もともと釣り方がわかっている子どもたちも参加しており、各所でぽつりぽつりと25~30センチ前後のニジマスがコーチたちの差し出すネットに収まっていく。

しばらくすると熱心なコーチたちの指導でトラウト釣りに慣れてきた子どもたちによって各所でニジマスが取り込まれる。それによって人的プレッシャーが高まるため、施設スタッフがこまめにニジマスを追加放流する。1人5尾まで持ち帰りでき、持ち帰らない場合はコーチが意思確認後に魚に触れることなくルアーを持ってハリを外して池に戻す。魚に触れると魚が低温やけどで弱ることもアドバイスした。

子どもたちが釣りに夢中になっている姿を保護者たちは池の目前の丘から見学していたが、11時にはいったん休憩、グループ毎に昼食タイムに。食べ終わるとすぐに釣りを始める子どもたちも。

正午から「ミニトーナメント」が行われ、午後1時30分に終了すると閉講式が行われた。

会場となった九重フィッシングリゾートは昨年の熊本地震の影響と夏の大雨によって、施設へ隣接する道路が通行止めになり4か月ほど休業したが、施設には幸い被害がなく、現在は通常通り営業中。釣り用の池は2か所あり、ニジマスが放流されている。

九重フィッシングリゾート
TEL0973(79)3617
大分県玖珠郡九重町後野上2487=3月まで午前8時~午後5時、4月から午前7時~午後6時の営業。料金は実釣時間で選べる

〈週刊つりニュース西部本社・立石寿栄〉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. つり具のまるきん資料
    資料提供:つり具のまるきん …
  2. ピュア・フィッシング・ジャパン 「ロックスイーパー」
    登場以来数多くの実績を残したロックスイーパーの強靭さ、タフさをそのままに最新スペックを搭載。ス…
  3. ホープ 「RAIJIN500CB」
    17フィート6人乗りのフィッシングボート「RAIJIN500CB」が発売中。 17フ…
  4. ウエルエフ「エコギア熟成アクア 活アジストレート」
    ルアーとエサの概念を破壊した「エコギア アクア」をよりエサに近いポジションで、さらなる釣果を徹…
  5. 週刊へらニュース 2017年9月22日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「薬師沼(埼玉)」 埼玉県はヘラ釣り熱が高く、手軽に楽しめる公園釣…
  6. 週刊つりニュース中部版 2017年9月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「秋のイカダ五目快釣」 ~初心者もお手軽、簡単にアジ、サバ、コノシロ…
  7. 週刊つりニュース関西版 2017年9月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「落とし込みチャンス」 秋は各地に大型の青物の回遊が見られる季節。太…
  8. 週刊つりニュース関東版 2017年9月22日号表紙
    ■今週の特集 「カワハギ特集第2弾」 チームステファーノ鈴木孝さん&中園智晴さ…
  9. 週刊つりニュース西部版 2017年9月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「秋のタイラバゲーム」 シンプルさゆえに奥深いタイラバゲーム。今週号…
  10. 優勝カップを掲げる浅見選手
    8月20日(日)、シマノが主催する第33回シマノジャパンカップ鮎釣り選手権大会の決勝戦が、岐阜…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る