「2017シマノジャパンカップ鮎釣り選手権大会」予選 関西周辺日程

シマノ主催の「2017シマノジャパンカップ鮎釣り選手権大会」の予選が全国各地で行われる。関西周辺の大会は次の通り。

【関西A大会】

  • 会場…和歌山・日高川
  • 日時…6月3日(土)、予備日は6月10日(土)
  • 定員…150人
  • 申込締切…4月13日まで
  • 参加費…3000円

【中四国A大会】

  • 会場…鳥取・日野川
  • 日時…6月10日(土)、予備日は6月17日(土)
  • 定員…100人
  • 申込期間…4月19日まで
  • 参加費…3000円

【中四国B大会】

  • 会場…高知・仁淀川
  • 日時…6月11日(日)、予備日は7月2日(日)
  • 定員…130人
  • 申込期間…4月19日まで
  • 参加費…3000円

【募集要項】

  • 申込方法…シマノホームページ上で申し込む。シマノエントリーセンター宛に電話もしくはFAXでの申込もできるが、別途申込手数料(1大会1000円)が必要となる。直接シマノの営業所や釣具店に申し込むことはできない。定員を超えた場合は抽選となる。FAXでの申込の場合、申込書はシマノホームページから印刷可能
  • 審査方法…釣り上げたアユの総匹数(オトリ含む)で決定
  • 競技規定…タックルはどのメーカーのものでも構わない。サオの使用は1本のみ(予備ザオの持ち込みは認める)。トモ釣りに限る。オトリは主催者支給の養殖アユ2匹に限り、追加は認めない
  • その他の事項…上記の地区大会には重複して参加可能。参加費は参加記念品代と保険料、オトリ代などを含む。20歳未満は保護者の承諾が必要

▼申込先電話、FAXでの申込先は
シマノエントリーセンター(大会申込専用)
TEL0120(200)160、FAX0120(122)220

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関西版 2019年2月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流釣り解禁特集」 北陸など一部ではすでに解禁済みの河川もあるが、…
  2. 週刊つりニュース関東版 2019年2月22日号表紙
    ■今週の特集 「メバル」 春告魚と呼ばれるメバルが東京湾で開幕。モエビエサやルアーでの…
  3. 週刊つりニュース中部版 2019年2月22日号表紙
    今週号は「3月渓流解禁特集」 2月1日に開幕を迎えた渓流釣り。3月からはさらに多くの河川が…
  4. 週刊へらニュース 2019年2月22日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「北本総合公園の池(埼玉)」 立春が過ぎ、ヘラ釣りのビッグイベント…
  5. 週刊つりニュース西部版 2019年2月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流解禁直前特集」 今週のつり作戦は、お待ちかねの渓流解禁直前大特…
  6. 週刊つりニュース関東版 2019年2月15日号表紙
    ■今週の特集 「ヤリイカ」 ファン待望の釣趣&食味が魅力のヤリイカが本格化。 茨城…
  7. 週刊つりニュース関西版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「フカセ釣りでチヌと勝負」 大阪湾の波止では、寒チヌがシーズン本番!…
  8. 週刊つりニュース西部版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒グロ釣り」 今週のつり作戦は、ウキ・フカセ釣りで狙うクロにスポッ…
  9. 週刊へらニュース 2019年2月15日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「道の口沼(千葉)」 一年で最も寒い季節であり、野釣りはどの釣り場…
  10. 週刊つりニュース中部版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「船メバル開花宣言」 ~伊勢湾に「春告魚」の季節到来(2~3面) …

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る