東京湾遊漁船協同組合「マコガレイ稚魚放流」東京水域で初

組合員の手で放流された

マコガレイは江戸前の貴重な資源、また冬の風物詩とうたわれた昔からある釣りもの。往年のカレイ釣りファンから子どもまで多く参加する、江戸前カレイ釣り大会が毎冬実施されている。これを主催する、東京湾遊漁船協同組合が初めてマコガレイ稚魚放流をおこなった。

小指サイズの稚魚4月4日(火)、羽田沖拡張部周辺の水域で稚魚1万尾を放流した。これは公益財団法人神奈川県栽培漁業協会で100日ほどかけて育てられたもの。7尾のサイズを測ると35~43ミリで平均39.1ミリ。採寸中、計測器の上でピッチピチと元気に跳ねていた。

カレイの生態は不明な点が多く、捕食するエサによって育ちは違うが、1年で10センチほど、3年で20センチくらいになると産卵するそうだ。

東京湾の干潟は9割が消滅。環境改善のため、人工的に砂を入れ浅くした場所がある。ここではマゴチやシロギス釣りで荒食いがあり、産卵に来ていることがうかがえる。環境が整ってきたということで、当日の放流場所になった。

今回は急きょ稚魚の入手が決まったことと、稚魚が小さすぎたため、そのサイズに合う調査用タグの用意が間に合わずそのままの放流となったた。しかし、次回からはタグを付け、生態調査をしていくという。

「稚魚の入手が困難だったが、〝やっと〟手に入れることができた。念願かなって、東京湾の東京水域では初めて実施できました。毎年開催されている、江戸前カレイ釣り大会は、釣れなくても続けてきました。一時期減ったハゼやアナゴは最近増えてきているので、カレイも復活してほしい。道ができたら来年、再来年とやっていきたい。育てていくことが必要ですね」と理事長の飯島正宏さんは、将来江戸前カレイが増えることに期待を込めて話していた。

〈週刊つりニュース東京本社・宮﨑千恵〉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関東版 2020年7月10日号表紙
    ■今週の特集 「イサキ快竿」 梅雨といえばイサキ! 外房・大原 ニビヤ…
  2. 週刊へらニュース 2020年7月10日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「逆川(埼玉)」 新型コロナウイルスの影響で、都道府県をまたいだ移…
  3. 週刊つりニュース西部版 2020年7月10日号表紙
    ■今週のつり作戦 「海洋釣り堀」 今週のつり作戦は、夏休みにはみんなで楽しんでほしい「…
  4. 週刊つりニュース中部版 2020年7月10日号表紙
    ■今週のつり作戦 「夏色サーフへ!! 投げキス指南」 ~引きの強さに驚かされることも!…
  5. 週刊つりニュース関東版 2020年7月3日号表紙
    ■今週の特集 「マダコ絶好」 東京湾で昨年に続き、好調なマダコ。7月に解禁される地区も…
  6. 週刊つりニュース西部版 2020年7月3日号表紙
    ■今週のつり作戦 「海釣り公園特集」 今年はいつもの夏と様子が違うけれど、短くても夏休…
  7. 週刊へらニュース 2020年7月3日号表紙
    「三名湖(群馬)」 水位がほぼ満水状態まで回復した群馬県藤岡市にある三名湖。二の入江ロープ…
  8. 週刊つりニュース中部版表紙
    ■今週のつり作戦 「テナガエビ&ハゼ楽釣」 ~どちらもこれから最盛期!! 木曽川で遊ぼ…
  9. 週刊へらニュース 2020年6月26日号表紙
    「水元小合内溜(東京)」 東京都葛飾区の水元公園にある水元小合内溜は数よりも型が魅力。両ダ…
  10. 週刊つりニュース関東版 2020年6月26日号表紙
    ■今週の特集 「梅雨こそ狙いめ」 【特別企画】 ・短期連載 人生最高フィッシング …

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る