「第21回椎の木湖杯」207人が競う 齋藤英昌氏が優勝

shiinoki_saitou00

4月22日(土)、埼玉県羽生市にあるつり処・椎の木湖で、第21回椎の木湖杯が開催された。参加207人。午前中の予選を勝ち抜いた21人で決勝戦を行い、齋藤英昌さんが初優勝した。

同池のナンバーワンを決める恒例の一大イベント。今年は、群馬県伊勢崎市の齋藤英昌さんが第21代目のチャンピオンとなった。
shiinoki_saitou01
2、3、5号桟橋で全員をA~Gの7組に分け午前7~11時まで予選競技。各ブロック上位3人が決勝戦に進出するシビアなルールは健在。齋藤さんはE組に入り17.58キロでブロック2位通過。
shiinoki_00
決勝は5号桟橋渡り手前に並び午後0~3時まで競技。南東から風が吹きつけるなか、多くの選手がチョウチンウドンセットを選択。奥から2番目に入った齋藤さんは予選と同じく短竿で浅ダナ狙い。チョウチン組はヒットは多いがスレが目立つなか、テンポよくヒットを重ねていった。齋藤さんが中盤までリードを保っていたが、奥村達明さんがラスト1時間で猛追。しかし、その勢いをギリギリ抑えて1.18キロ差で接戦を制した。
shiinoki_saitou02
タックルは竿8尺ウドンセットのタナ1メートル。土日がメーンのいわゆるサンデーアングラーで、同大会には何度目かの出場。今回、初めての決勝進出にして初優勝を果たした。

実は、齋藤さんは前週に同池で行われたメーカー主催の大会で2位に入賞をしていて、まさに流れがきていた。

shiinoki_resalt準優勝の奥村さんとは昔からの仲間で盟友、さん製作のウキ「達明」を愛用している。本来は冬場のような渋い時期の釣りが得意だという同さん。勝因は試釣でヒットパターンをつかみ、当日の風流れをうまく克服できたこと。

優勝名物の大量豪華賞品とは別に今年は、副賞として各メーカー主催のトーナメントに自由に参加できる権利(参加費を椎の木湖が負担)が与えられた。
決勝戦成績は別表の通り。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 重要なお知らせ
  2. 週刊つりニュース関東版 2021年1月29日号表紙
    ■今週の特集 「タナゴ満喫」 タナゴ推薦釣り場 茨城・西谷田川周辺、茨城・霞ヶ浦周…
  3. 週刊へらニュース 2021年1月29日号
    ■今週の推薦釣り場 「上大島ファミリー釣り場(神奈川)」 年明けから冷え込みが厳しくな…
  4. 週刊つりニュース西部版 2021年1月29日号表紙
    ■今週のつり作戦 「オフショアゲーム」 今週のつり作戦は、通常のつり作戦とは趣向を変え…
  5. 週刊つりニュース中部版 2021年1月29日号表紙
    ◎今週は「2月渓流解禁特集」!! いよいよファン待望の渓流釣りシーズン開幕が近…
  6. 週刊つりニュース関東版 2021年1月22日号表紙
    ■今週の特集 「タコ&イカ熱視線」 いよいよヤリイカが本格的にシーズンイン。各地から釣…
  7. 週刊へらニュース 2021年1月22日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「道の口沼(千葉)」 相次ぐ寒波でどこの釣り場も苦戦が続く。オデコ…
  8. 週刊つりニュース西部版 2021年1月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒グロ釣り」 今週のつり作戦は、注目度ナンバー1の寒グロを特集。水…
  9. 週刊つりニュース中部版 2021年1月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「ロックフィッシュと遊ぼう」 ~冬のベイエリアの人気者たち(2~3面…
  10. 週刊へらニュース 2021年1月15日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「早霧湖(静岡)」 冬は底釣りが面白い。さらに長竿不要とくれば、初…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る