子どもも気軽に楽しめる コイ&キンギョの釣り堀 千葉・三村園 リニューアルオープン!!

蓮斗くんがコイに笑顔

千葉県松戸市にある釣り堀・三村園は、3カ月のリニューアル工事が一段落し、5月から営業を再開している。

以前は水深の深い池が3つあり、ヘラブナとコイ、キンギョだったが、現在はコイ池が4つとキンギョ池が1つ。大きさは4メートル四方程度。小さい子どもも気軽に楽しめるようにと、水深を浅くしたので、親が目を離してしまっても危険に陥るようなことはほぼない。竿を持つのがやっとの2~3歳児なら、オケ型の釣り場が3つ別にあり、こちらでもキンギョ釣りができるようになっている。つまり釣り場としてはトータル8カ所。
以前より水深を浅くした
水は、以前同様に地下水を利用しているため、水温が低めで安定しており、魚の活性はいつも高い。特にキンギョは、すぐにエサを捕食する状態なのでパターンにハマれば入れパクで引きを楽しめる。美しい魚体で20センチ級の大型も。
5月21日(日)の日中は晴天。今年一番の暑さを記録した日でもある。午後3時、それぞれの池で1~3人ずつ竿を出している。周囲にある造成中の個人住宅の隙間から、心地いい風が吹いてくる。
小さな子ども向けにオケ型のキンギョ釣り場あり
家族で来た蓮斗くん(小3)は初めてながら元気のいいコイの引きを満喫。40センチ級に笑みがあふれる。コイもキンギョもすこぶる活性が高く、5歳の子どももしきりに魚を掛けて楽しんでいる。

貸し竿・エサ込みで1人1時間¥500なので、買い物ついでに、とか仕事の合間になど、気軽に来やすい。当日も家族連れや友だちグループがひっきりなしに竿を振っていた。
たくさん釣って菓子を貰おう
子どもと行って一番楽しい点は終了後に釣果を報告した際、その数に応じて菓子をくれること。コイが2尾で1点、キンギョが1尾で1点。1点につき、うまい棒1本。ほかの菓子やジュースとも交換でき、ゲーム感覚があって大人も夢中になってしまう。

無料駐車場完備。電車は常磐線馬橋駅下車し、徒歩15分。バスなら新松戸行きで3つ目の停留所の「三村新町」で下車、徒歩1分。時間帯によっては1時間に1本なので予定を立てて釣行しよう。

▼問い合わせ
三村園
TEL090-3332-0604

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. モーリス「ハードトップTiNICKS」
    チタンコーティングとスーパータフコーティングのW処理で、強さと超耐摩耗性能を兼ね備えた進化系高…
  2. ティムコ 「ジョイントワックス」
    ロッドのジョイント部をしっかりフィットさせ、緩みやガタつきを抑える。スピゴット(印籠継ぎ)・フ…
  3. ヒロキュー 「めっちゃ喰う!」シリーズ
    【トウモロコシ】 コーンペーストをたっぷり配合したアピール力抜群のトウモロコシイエロー。中…
  4. 週刊つりニュース関西版 2017年12月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒ベラ期待大」 水温がグッと下がり、管理池や釣り堀でもヘラブナの食…
  5. 週刊つりニュース西部版 2017年12月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒グロ序盤戦」 北西風が威力を増してくると、クロ釣り師にとっては待…
  6. 週刊つりニュース関東版 2017年12月15日号表紙
    ■今週の特集 「コマセマダイ」 そろそろ年末年始の釣行準備! 祝魚・マ…
  7. 週刊へらニュース 2017年12月15日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「大落古利根川(埼玉)」 日ごとに寒さが厳しくなり、止水域は苦戦す…
  8. 週刊つりニュース中部版 2017年12月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「沖釣り!! 寒ビラメ躍る季節」 ~人気上昇中の泳がせ釣りでトライ(…
  9. 最年少チャンピオンになった佐々木選手
    11月25日(土)、東京湾・久比里で開催された「ダイワカワハギオープン(DKO)2017」決勝…
  10. フィッシング遊
    フィッシング遊主催の「ファミリー&カップルトラウト釣り大会」が愛知県一宮市の北方・川釣…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る