「第35回G杯争奪全日本がま磯(チヌ)選手権」結果リポート 岡山県倉敷市・下津井 初出場の藤井夢人選手に栄冠

決勝リーグでどんどん掛けていく藤井夢人選手

4月23日(日)~25日(火)に岡山県倉敷市下津井で「第35回G杯争奪全日本がま磯(チヌ)選手権」(がまかつ主催)の決勝大会が開催された。各予選を勝ち抜いた選手、がまかつ推薦、シード選手の計48人で争われ、藤井夢人選手が初出場で優勝を手にした。〈本紙・佐藤吉太朗=大阪〉


大会日程は23日は発会式、24日は予選リーグ、敢闘祭、25日は決勝リーグ、決勝戦、3位決定戦、表彰式。競技方法は、予選リーグは6人を1組として、8組に分かれて4試合を行い、最高勝ち数の選手1人が決勝リーグへと進む。決勝リーグは8人を2組に分けて3試合を行い、最高勝ち数を獲得した各組の選手1人が決勝戦、次に勝ち数を多く獲得した選手は3位決定戦に出場する。決勝戦と3位決定戦は1試合で争われる。

1試合2時間。勝ち数が同じ場合は、規定ポイントの総得点が多いほうを上位、総得点が同点の場合は総重量の多いほうを上位とするという大会規定のもとで行われた。

決勝戦で1匹目を掛けた波多瑞紀選手決勝リーグに進んだのは藤井孝男選手、酒井田定浩選手、利光健一選手、波多瑞紀選手、工藤政博選手、藤井夢人選手、西尾光治選手、片山欣也選手の8人。決勝リーグが始まると、お互いが釣り争う場面がたびたび見られるほど、壮絶な戦いを目のアタリにすることができた。

結果的に決勝リーグ1組では、波多選手や利光選手が2勝1敗20ポイントとなり、総重量8440グラムを上げた波多選手が決勝へと進んだ。利光選手は総重量3800グラムで、3位決定戦へ進んだ。

決勝リーグ2組では工藤選手、藤井夢人選手、西尾選手の3選手とも2勝1敗となり22ポイントを獲得し、総重量9700グラムを上げた藤井夢人選手が決勝戦。20ポイントを獲得し、総重量9160グラムを上げた西尾選手が3位決定戦へと進んだ。

3位の西尾光治選手3位決定戦は、西尾選手、利光選手ともに釣果なしだったため、決勝リーグの釣果総重量により、西尾選手が3位を手にした。

決勝戦が始まると、約50分間釣果の出ないなか、波多選手が35センチ前後をキャッチ。するとその約10分後には藤井選手も35センチ前後をヒットさせた。ここから藤井選手は終了までの約1時間で2尾を追釣し、見事初優勝を勝ち取った。

藤井選手は「ヨレを見つけてポイントを移動し、撒きエをしっかり効かせられたことが正解だった。2週間前に練習で来たときに一番釣れた仕掛けで成功することができた。今回はできすぎの結果だった」と語った。2位・波多瑞紀選手、優勝・藤井夢人選手、3位・西尾光治選手

がまかつ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース中部版 2018年12月14日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒グレ攻略!! 難易度変わる期間ごとに徹底解説」 ~水温変動する初…
  2. 週刊つりニュース西部版 2018年12月14日号表紙
    ■今週のつり作戦 「ボート・メバル(ルアー)」 近年、ソルトゲームターゲットの中でも人…
  3. 週刊へらニュース 2018年12月14日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「横利根川網外(佐原向地)」 寒さが増し各釣り場の釣果が下降気味に…
  4. 週刊つりニュース関西版 2018年12月14日号表紙
    ■今週のつり作戦 「船・ボートでカワハギ絶好」 エサ取り名人と言われれば、どんな魚を思…
  5. 週刊つりニュース関東版 2018年12月14日号表紙
    ■今週の特集 「ヤリイカ」 上品な食味で人気のヤリイカ。相模湾をホームグラウンドにして…
  6. 週刊つりニュース西部版 2018年12月7日号表紙
    ■今週のつり作戦 「海洋釣り堀特集」 街中ではクリスマスソングが流れる季節、すぐに大晦…
  7. 週刊つりニュース関東版 2018年12月7日号表紙
    ■今週の特集 「タチウオ」 エサ、ルアーなどさまざまな方法で楽しめ、テクニカルな釣趣で…
  8. 週刊つりニュース関西版 2018年12月7日号表紙
    ■今週のつり作戦 「海上釣り堀へいざ」 年末年始でマダイの需要が高まるこの時期、海上釣…
  9. 週刊つりニュース中部版 2018年12月7日号表紙
    ■今週のつり作戦 「投げカレイ!! 重量感あふれる冬の使者を狙え」 ~本格シーズン突入…
  10. 週刊へらニュース 2018年12月7日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「大堀川(千葉)」 千葉県柏市を流れる大堀川が面白い。マブナや半ベ…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る