「2017第4回M-1カップ全国チヌ釣り選手権決勝大会」結果リポート 有本亮一選手が二連覇達成

表彰台縦

5月20日(土)と21日(日)の二日間、広島県大竹市沖の宮島周辺で、マルキユー主催の「2017第4回M-1カップ全国チヌ釣り選手権決勝大会」が開催された。東北から沖縄までの12会場で行われた予選には1260人が参加。その頂点に輝いたのは、昨年度と合わせて2連覇を達成した有本亮一選手だった。(本紙・谷伸一=大阪本社)

決勝戦には各予選を勝ち上がった24人にMFG(マルキユーファングループ)代表6人、昨年度上位入賞者3人(シード)の計33人が顔を並べた。競技は2~3人対戦の勝ち上がりトーナメント方式で、チヌ、キビレの9尾までの総重量で競う。

一日目は1回戦(3人=3時間)の11組、勝者による2回戦(2人=3時間)が行われ、時間ごとに釣り座を移動していく。1、2回戦での最大釣果は6660グラム(9尾選別)だった。

2回戦で各組トップになった有本亮一選手(シード)、岩成博司選手(MFG中国)、大知正人選手(九州セミファイナル)、鎌田茂夫選手(四国・今治A)、黒川岳彦選手(北陸・宮崎海岸)、多田賢一郎選手(東北・庄内)の6人が準決勝に進出した。

なお、1回戦の敗者の中で最大総重量(9尾まで)の選手にはワイルドカードが与えられ、2回戦に進める敗者復活のチャンスが設けられていた。

二日目の準決勝は2人対戦の3組で2時間競技。有本選手、岩成選手、大知選手が決勝に進出した。
決勝は宮島のスベリで行われ、大会に参加した全選手が観戦。午前8時45分に決勝スタート。エリア分けされた磯に3人が並ぶ。足元からシモリが広がり、20~30メートル沖から落ち込んで砂底になっている。各選手とも40メートル前後の沖合まで、コマセをしっかり固めて遠投してポイントを作っていく。

開始早々の8時50分、岩成選手が竿を曲げてチヌを取り込み「早掛け」をコール。釣果が同重量・同尾数の場合は「早掛け」取得の早い選手を勝者とする大会ルールがあった。

そして58分に竿を曲げたのも岩成選手だった。競技スタート前に、岩成選手のエリアでは数尾の浮き気味のチヌが目視されていたこともあり、きっちり仕留めたスタートとなった。

9時3分に有本選手がチヌを上げて追随。10分には有本選手、岩成選手がほぼ同時に竿を曲げるダブルヒット。

穏やかな海況のなかで、釣れる所を探してコマセを打ち、仕掛けを流していく。遠投した選手の勝ち…とギャラリーの目に映った。

次第に海面を風が吹き抜けて上潮がすべりだしたのか、コマセと仕掛けを同調させにくくなってきた。3人のエリア別でもその差は大きく表れている。

1時間ごとにポイントを移動していく。岩成選手が6尾仕留めて先行するなか、大知選手も4尾上げて追い上げ、2人を追う形で競技は進んでいく。風が弱まり潮が落ち着いたタイミングには、どこかで竿が曲がっていた。

終了7分前、有本選手が辛抱強く粘った末に良型の5尾目を引き出して、勝負は分からなくなってきた。

検量の結果、大知選手は2800グラム、岩成選手は3045グラム、有本選手が3385グラムで優勝に輝き、昨年度優勝に続いて二連覇達成となった。

有本選手は完全スルスル釣り。潮に乗せてゆっくり沈めていき、底で食わせるイメージで攻めて、竿先とラインの変化でアタリをとらえていく。

準決勝、決勝で支給されたエサは、くわせ丸えびイエロー、くわせオキアミスーパーハードチヌL、くわえオキアミスーパーハードL、練りエサの高集魚レッド、食い渋りイエロー、アピールホワイト。

有本選手は使い慣れたくわせオキアミスーパーハードチヌを主体に、ときどき練りエサを使用して反応を確認。仕留めたチヌはすべてくわせオキアミスーパーハードチヌだった。オキアミの頭と尻尾を取り、頭部側から腹を内側にして丸く刺して遠投に対応した。

コマセはオキアミ生とチヌパワームギスペシャルのみ。水分を少なめにしてしっかり練り込むとネバリが出て、よく飛んでシャク離れもよかったと振り返った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関東版 2020年5月29日号表紙
    ■今週の特集 「アユ香る季節」 ・アユトモ釣り名手の「タフ条件下」攻略術 小沢聡 …
  2. 週刊へらニュース 2020年5月29日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「三名湖(群馬)」 新型コロナウイルスの影響で一時休業していた三名…
  3. 週刊つりニュース西部版 2020年5月29日号表紙
    ■今週のつり作戦 「バスフィッシング」 絶大な人気を誇るバスフィッシング。手軽に楽しめ…
  4. 週刊つりニュース中部版 2020年5月29日号表紙
    ■今週のつり作戦 「イカダ&カセで狙うカカリ釣りクロダイ盛期へ」 ~梅雨の声が聞かれる…
  5. 週刊つりニュース関東版 2020年5月22日号表紙
    ■今週の特集 「やっぱり釣りが好き」 海から淡水まで各地で上昇中 ・釣…
  6. 週刊へらニュース 2020年5月22日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「水沼ダム(茨城)で陸釣りを楽しむ」 茨城県にある水沼ダムは釣り場…
  7. 週刊つりニュース西部版 2020年5月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「アユ解禁特集」 アユ釣りファンお待ちかねの解禁日がもう目の前まで迫…
  8. 週刊つりニュース中部版 2020年5月22日号表紙
    今週号は「アユ大特集」!! 今週5月22日号(5月18日発売)はアユ大特集です…
  9. 週刊つりニュース特別版「鮎2020 解禁特集」バナー
    いよいよシーズンインを迎える鮎(アユ)。毎年発売して大変好評だった「鮎2020解禁…
  10. 週刊つりニュース関東版 2020年5月15日号表紙
    ■今週の特集 「釣りに夢中」 初夏の釣りをまるっと紹介 ・あなたのタッ…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る