フィッシングショップ照楽園「第1回照楽園シロキス会」結果リポート 

shorakuen_kisu02

東京荻窪にあるフィッシングショップ照楽園は定期的に釣り大会を開催している。6月18日(日)は金沢八景(漁港内)の船宿で「第1回照楽園シロキス会」が行われた。
shorakuen_kisu01釣り上げたシロギス5尾の総重量で競う。大会といっても店の常連やその友人らを集めた気軽に参加できるライトなもの。当日は船釣り初心者の姿が多く見られた。
shorakuen_kisu03
集まった37人は2隻の船に分かれて乗り込む。午前7時半ごろ出船すると、30分ほど走ってポイントへ。曇りで涼しいが風はあり、波が立っている。

エサは青イソメ。仕掛けは天ビン2本バリ。慣れない人が多いので、上級者が指導に回る。
shorakuen_kisu04
風を避けられるナダ寄りでスタート。陰になっており、波はなく穏やかだが魚影は薄い。ぽつぽつ取り込まれる程度で、型は小型主体。

しばらく我慢の釣りを続けるが、「ちょっと沖へ出してみます」と船長。風が強く、波っ気があり船は揺れるが魚信は多くなる。25センチ程度の良型が交じるようになり型も上向く。

shorakuen_kisu05その後は、沖のポイントで釣り続ける。後半になると風は弱まり釣りやすくなる。シロギスの機嫌は悪く、入れ掛かりの時合いはないがぽつぽつ釣れ続けて午後1時前に沖上がり。

港に戻って検量。接戦になったが、合計590グラムで勝利したのは木川貴暁さん。25センチ級の良型をそろえていた。
強い雨が降り始めたため、急いで表彰式を行う。最後には全員で記念撮影を行い、笑顔で散会となった。

なお、照楽園では今後もカワハギなどで大会を開催予定。気軽に参加して、新しい釣友を探してみては。

フィッシングショップ照楽園

〈週刊つりニュース東京本社・大谷俊夫〉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関西版 2019年2月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流釣り解禁特集」 北陸など一部ではすでに解禁済みの河川もあるが、…
  2. 週刊つりニュース関東版 2019年2月22日号表紙
    ■今週の特集 「メバル」 春告魚と呼ばれるメバルが東京湾で開幕。モエビエサやルアーでの…
  3. 週刊つりニュース中部版 2019年2月22日号表紙
    今週号は「3月渓流解禁特集」 2月1日に開幕を迎えた渓流釣り。3月からはさらに多くの河川が…
  4. 週刊へらニュース 2019年2月22日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「北本総合公園の池(埼玉)」 立春が過ぎ、ヘラ釣りのビッグイベント…
  5. 週刊つりニュース西部版 2019年2月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流解禁直前特集」 今週のつり作戦は、お待ちかねの渓流解禁直前大特…
  6. 週刊つりニュース関東版 2019年2月15日号表紙
    ■今週の特集 「ヤリイカ」 ファン待望の釣趣&食味が魅力のヤリイカが本格化。 茨城…
  7. 週刊つりニュース関西版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「フカセ釣りでチヌと勝負」 大阪湾の波止では、寒チヌがシーズン本番!…
  8. 週刊つりニュース西部版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒グロ釣り」 今週のつり作戦は、ウキ・フカセ釣りで狙うクロにスポッ…
  9. 週刊へらニュース 2019年2月15日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「道の口沼(千葉)」 一年で最も寒い季節であり、野釣りはどの釣り場…
  10. 週刊つりニュース中部版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「船メバル開花宣言」 ~伊勢湾に「春告魚」の季節到来(2~3面) …

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る