フィッシング相模屋「銀閣フェスタ2017へら鮒釣り大会」結果リポート 相模川水系・弁天のジャリ穴

相模川水系・弁天のジャリ穴で

神奈川県相模原市にあるフィッシング相模屋が、6月11日(日)、同県相模原市にある相模川水系・弁天のジャリ穴で銀閣フェスタ2017へら鮒釣り大会を開催した。参加38人。  〈本紙・髙﨑〉

38人が楽しんだ
銀閣の釣り台を使用し、1枚長寸で競技。今年もダイワフィールドテスターの生井澤聡さんがゲスト参加。

午前5時、受け付けのあと、各自思い思いのポイントに入って競技開始。同池は水深が浅く風の影響を受けやすいので、ドボン釣りを選択する人が多いなか、器用に宙を狙う人も。
銀閣のカスタムを展示
大会本部テント前では様ざまな銀閣のカスタム見本&アフターパーツを展示。さらに、貸出用のダイワ製ヘラ竿がズラリと並ぶ。

全体にアタリが少ないなか、開始1時間ほどで検寸する人が出始める。8時ごろ、本流側の中央に入っていた生井澤さんが38.8センチ(なんと当日最長寸)を釣り上げる。タックルは竿がHERA-F15尺でグルテンセットの底釣り(食わせは激グルテン単品)。
愛知から参加の小尾氏(左)
遠く名古屋から参加の小尾圭太郎さんは36.4センチをゲットして生井澤さんと笑顔。

午後0時に競技終了。集計を待つ間に相模屋特製の豚汁がふるまわれた。結果は、37.9センチを釣った神山忠士さんが優勝。ガケ側の中央付近で、竿16尺両グルテンのドボンで計3枚を釣り上げた。
右から3位阿部氏、優勝の神山氏、2位の須合氏
表彰式では主催のフィッシング相模屋社長・江成さんが参加者へ感謝のあいさつを述べた。表彰の後、ジャンケン大会で協賛品や銀閣パーツなど多数の賞品が贈られた。

銀閣大会結果上位の成績は別表の通り。

▼問い合わせ
フィッシング相模屋
TEL042(778)4991

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 美しいアマゴに会いに行こう
    週刊つりニュース各版 2019年2月18日(月)発売 編集部から …
  2. 週刊つりニュース関西版 2019年2月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流釣り解禁特集」 北陸など一部ではすでに解禁済みの河川もあるが、…
  3. 週刊つりニュース関東版 2019年2月22日号表紙
    ■今週の特集 「メバル」 春告魚と呼ばれるメバルが東京湾で開幕。モエビエサやルアーでの…
  4. 週刊つりニュース中部版 2019年2月22日号表紙
    今週号は「3月渓流解禁特集」 2月1日に開幕を迎えた渓流釣り。3月からはさらに多くの河川が…
  5. 週刊へらニュース 2019年2月22日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「北本総合公園の池(埼玉)」 立春が過ぎ、ヘラ釣りのビッグイベント…
  6. 週刊つりニュース西部版 2019年2月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流解禁直前特集」 今週のつり作戦は、お待ちかねの渓流解禁直前大特…
  7. 週刊つりニュース関東版 2019年2月15日号表紙
    ■今週の特集 「ヤリイカ」 ファン待望の釣趣&食味が魅力のヤリイカが本格化。 茨城…
  8. 週刊つりニュース関西版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「フカセ釣りでチヌと勝負」 大阪湾の波止では、寒チヌがシーズン本番!…
  9. 週刊つりニュース西部版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒グロ釣り」 今週のつり作戦は、ウキ・フカセ釣りで狙うクロにスポッ…
  10. 週刊へらニュース 2019年2月15日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「道の口沼(千葉)」 一年で最も寒い季節であり、野釣りはどの釣り場…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る