「2017マルキユーM-1カップ全国へら鮒釣り選手権大会 全国決勝」リポート 羽生市・椎の木湖

M-1_shugou

7月29日(土)、30日(日)の二日間にわたり埼玉県羽生市にある椎の木湖で、2017マルキユーM-1CUP 全国へら鮒釣り選手権大会決勝が開催され、韓国代表イム・ジャンヒョンさんが優勝した。  〈本紙・髙﨑

全国の地区予選、準決勝を勝ち上がった25人と昨年上位シード3人の計28人を2号桟橋渡り奥で4ブロックに分け、29日に予選第1、2試合、30日の午前に予選第3試合が行われた。

予選の合計ポイントで競った結果、LIM JANG HYUN(イム・ジャンヒョン)、近藤健志、萩野孝之、石倉義久、時田光章、杉本智也の6人がM-1チャンプ決定戦に進出。

決勝に進んだ6人決勝は午前11時40分~午後2時40分まで3時間勝負。天候は薄曇り、2号桟橋奥の工場向きに2席空きで並び開始。杉本さんは予選と同じくチョウチン釣り、そのほかはメーターダナを選択。

予選を総合トップで通過したイムさんが開始すぐに1枚。すかさず他も釣り、イムさんを追いかける。昨年覇者の萩野さんはエサやウキを替えたりとリズムを作れない。

優勝したイム・ジャンヒョン氏どの選手もカウントを増やすが、イムさんの冷静で淡々としたペースは磐石。石倉さんが猛追するがスレもあり、イムさんに一歩先を行かれる。

石倉義久氏2時40分競技終了。結果、イムさんが41枚32.51キロで外国勢としては史上初の優勝を飾った。しかも昨年の萩野さん同様、予選3回戦ともに獲得ポイント満点通過だった。

時田光章氏イムさんは1967年生まれでヘラ釣り歴は9年目。韓国が主戦場でルック&ダクロン、ヘラウキ巧実のテスターを務める。
「昨年2位まで進めたのが自分の限界だと思っていたので、すごくうれしい。サポートしてくださったすべての方に感謝します」とコメント。

大会結果は別表の通り。M-1_resaltM-1_tackle
左から2位石倉、優勝のイム、3位の時田の各氏

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関西版 2017年11月24日号表紙
    ■今週のつり作戦 「秋磯グレ盛況」 いよいよ水温も下がりだし、秋磯のグレは盛期を迎えた…
  2. 週刊へらニュース 2017年11月24日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「利根川・横利根水門下流(佐原向地)」 朝夕はかなり冷え込むように…
  3. 週刊つりニュース西部版 2017年11月24日号表紙
    ■今週のつり作戦 「落とし込み釣り」 ヒラマサやブリ、ヒラメ、大型根魚が躍動する落とし…
  4. 週刊つりニュース関東版 2017年11月24日号表紙
    ■今週の特集 「ヒラメ」 12月1日茨城で待望の広域解禁!! 外房~茨城の最新釣況…
  5. 週刊つりニュース中部版 2017年11月24日号表紙
    ■今週のつり作戦 「狙うは10キロオーバー!! 青物ジギング激アツ」 ~フィールドは伊…
  6. 店内で開催された八百坂浩司氏の原画展01
    フィッシング遊鈴鹿店が取り組む「ヘドンストリートスズカ」の3周年を記念し、ヒロ内藤さんと釣魚画…
  7. 優勝のよろこび
    優勝の黒田さん 11月4日(土)、内房・勝山で「第7回鋸南町カワハギフェスティ…
  8. shirakobato_00
    11月5日(日)、埼玉県越谷市のしらこばと水上公園で「2017みんなで遊ぼうフィッシング祭りi…
  9. karei_taikai
    神戸市立須磨海づり公園では11月19日に「こども釣り大会」、25日まで「かれい釣り大会 1st…
  10. takatakiko
    12月3日(日)、千葉県市原市の高滝湖で「2017ワカサギ釣り大会」=養老川漁業協同組合、高滝…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る