「2017マルキユーM-1カップ全国へら鮒釣り選手権大会 全国決勝」リポート 羽生市・椎の木湖

M-1_shugou

7月29日(土)、30日(日)の二日間にわたり埼玉県羽生市にある椎の木湖で、2017マルキユーM-1CUP 全国へら鮒釣り選手権大会決勝が開催され、韓国代表イム・ジャンヒョンさんが優勝した。  〈本紙・髙﨑

全国の地区予選、準決勝を勝ち上がった25人と昨年上位シード3人の計28人を2号桟橋渡り奥で4ブロックに分け、29日に予選第1、2試合、30日の午前に予選第3試合が行われた。

予選の合計ポイントで競った結果、LIM JANG HYUN(イム・ジャンヒョン)、近藤健志、萩野孝之、石倉義久、時田光章、杉本智也の6人がM-1チャンプ決定戦に進出。

決勝に進んだ6人決勝は午前11時40分~午後2時40分まで3時間勝負。天候は薄曇り、2号桟橋奥の工場向きに2席空きで並び開始。杉本さんは予選と同じくチョウチン釣り、そのほかはメーターダナを選択。

予選を総合トップで通過したイムさんが開始すぐに1枚。すかさず他も釣り、イムさんを追いかける。昨年覇者の萩野さんはエサやウキを替えたりとリズムを作れない。

優勝したイム・ジャンヒョン氏どの選手もカウントを増やすが、イムさんの冷静で淡々としたペースは磐石。石倉さんが猛追するがスレもあり、イムさんに一歩先を行かれる。

石倉義久氏2時40分競技終了。結果、イムさんが41枚32.51キロで外国勢としては史上初の優勝を飾った。しかも昨年の萩野さん同様、予選3回戦ともに獲得ポイント満点通過だった。

時田光章氏イムさんは1967年生まれでヘラ釣り歴は9年目。韓国が主戦場でルック&ダクロン、ヘラウキ巧実のテスターを務める。
「昨年2位まで進めたのが自分の限界だと思っていたので、すごくうれしい。サポートしてくださったすべての方に感謝します」とコメント。

大会結果は別表の通り。M-1_resaltM-1_tackle
左から2位石倉、優勝のイム、3位の時田の各氏

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. sasame
    2月25日、大阪・堺出島の夢フィッシングを利用して、チームヤイバ関西・大阪支部主催の「第1回チ…
  2. ebisudai_taikai
    1月10~31日の期間、神戸市立須磨・平磯海づり公園で「エビスダイ(コブダイ)釣り大会」が開催…
  3. shimanoJChera2018
    (株)シマノが、2018年シマノジャパンカップへら釣り選手権大会を開催する。 各地区予選・…
  4. 01_PHzebraglow_2
    多くのアングラーの意見で誕生したスローピッチジャークジギングに特化したメタルジグ。表裏・上下か…
  5. フォレスト
    エリアトラウト用ルアー「フィックス」はロッドの角度を固定したまま巻き速度で泳層を調整して釣るこ…
  6. モリースP
    探究者に贈る究極のソルトウォーターフィネスPEライン。ソルトウォーターフィネスの探究をコンセプ…
  7. 週刊つりニュース関西版 2018年1月26日号表紙
    ■今週のつり作戦 「魅惑のクロムツゲーム」 おいしい高級魚がザクザク! 中深海スロージ…
  8. 週刊つりニュース西部版 2018年1月26日号表紙
    ■今週のつり作戦 「冬の船釣り」 今週のつり作戦は、最新釣果情報と併せて、冬の船釣りに…
  9. 週刊へらニュース 2018年1月26日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「上大島ファミリー釣り場(神奈川)」 春夏秋冬を通して楽しめるヘラ…
  10. 週刊つりニュース関東版 2018年1月26日号表紙
    ■今週の特集 「ヤリイカ」 茨城~静岡まで幅広いエリアで釣れているヤリイカに注目。2面…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る