高級ロッドプレゼント! アリゲーター技研「25th Anniversary STANDING GILL 14-175」マグロの夢をつかみとろう!

メーン

大物・超大物釣りのファンに愛されて続けているロッド&リールメーカーのアリゲーター技研が、6月で創業25周年を迎えた。同社は「持つ人ひとりひとりの感性を刺激し、誇りを持ってもらえるような道具を作りたい」という言葉をコンセプトに、長年に渡り実釣テストを重ね、一切妥協を許さず独自の素材による独自の製品を作り続けてきた。

堅牢なガイド

堅牢なガイド

STANDING GILL14-175

STANDING GILL 14-175


パワフルなロッドには同社独自のテクノロジー(技術)が惜しげもなく詰め込まれている。研究を重ねて開発したムク素材を使用し、オールソリッドのパワーを最大限に発揮できる性能が全モデルに備わっている。また、オーダーシステムにより世界で1本だけのロッドを作製することができるため、これまで夢に思い描いた最強のロッドを手に入れることが可能だ。


そんなアリゲーター技研から泳がせ釣りや落とし込み、相模湾~駿河湾で活況のコマセキハダ・カツオまで使用できるオールマイティーなロッド・STANDING GILL 14-175を1人オリジナル記念タンブラーを5人にプレゼント。ロッド・タンブラーともに〝25thAnniversary〟ロゴが入った特別仕様、ロッドにはガイド下とガイド止めにはゴールドカラーで2本線のライン(オプション)が入っているため豪華な仕上がりとなっている。

このバットなら巨大マグロも仕留められそう

このバットなら巨大マグロも仕留められそう

オリジナル記念タンブラー

オリジナル記念タンブラー

【応募方法】
官製はがきに、応募券()を貼付し、郵便番号・住所・氏名・電話番号及び、(1)マグロ釣りへの意気込み、(2)お勧めしたい船宿とその理由、(3)新聞を購入した場所(店舗名など)を書いて郵送。締め切りは9月1日(金)必着。
※応募券は、週刊つりニュース関東版8月25日号(8月21日発売)の4面にあります。コピーは不可。電子版からの応募はできません。

▼応募先
〒160-0005東京都新宿区愛住町18-7
(株)週刊つりニュース東京本社「アリゲーター技研プレゼント係」まで

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 美しいアマゴに会いに行こう
    週刊つりニュース各版 2019年2月18日(月)発売 編集部から …
  2. 週刊つりニュース関西版 2019年2月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流釣り解禁特集」 北陸など一部ではすでに解禁済みの河川もあるが、…
  3. 週刊つりニュース関東版 2019年2月22日号表紙
    ■今週の特集 「メバル」 春告魚と呼ばれるメバルが東京湾で開幕。モエビエサやルアーでの…
  4. 週刊つりニュース中部版 2019年2月22日号表紙
    今週号は「3月渓流解禁特集」 2月1日に開幕を迎えた渓流釣り。3月からはさらに多くの河川が…
  5. 週刊へらニュース 2019年2月22日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「北本総合公園の池(埼玉)」 立春が過ぎ、ヘラ釣りのビッグイベント…
  6. 週刊つりニュース西部版 2019年2月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流解禁直前特集」 今週のつり作戦は、お待ちかねの渓流解禁直前大特…
  7. 週刊つりニュース関東版 2019年2月15日号表紙
    ■今週の特集 「ヤリイカ」 ファン待望の釣趣&食味が魅力のヤリイカが本格化。 茨城…
  8. 週刊つりニュース関西版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「フカセ釣りでチヌと勝負」 大阪湾の波止では、寒チヌがシーズン本番!…
  9. 週刊つりニュース西部版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒グロ釣り」 今週のつり作戦は、ウキ・フカセ釣りで狙うクロにスポッ…
  10. 週刊へらニュース 2019年2月15日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「道の口沼(千葉)」 一年で最も寒い季節であり、野釣りはどの釣り場…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る