「第47回ジュニアへら鮒釣大会(日研主催)」結果リポート

武蔵の池中高生の部優勝の田山君

8月5日(土)、第47回ジュニアへら鮒釣大会(日本へら鮒研究会主催)が関東の4カ所の釣り場で開催され、計72人が参加した。

前山の池では、小学生の部23人。中高生の部2人。計25人が参加。
待ち焦がれていたジュニアがお父さんお母さん同伴で集まってくる。今年も中・高生の部に相田兄弟、近藤君が参加。相田晃大君の道具を見せてもらったらウキは「たち風」を使っていた。道具は小遣いで買っていると言う。近藤君と相田(兄)君は同重量だったのでジャンケンで近藤君が優勝に。
-前山の池小学生上位-前山の池中高生の部上位
小学生の部で優勝した前田君は幼稚園の年長組(6歳)で当日の最年少。2位の中山裕貴君は岡崎一誠さんの孫でトロ巻きセットの宙釣り。途中でパン、ジュースが配られ、ネバーギブアップでみんな最後まで頑張った。持ちきれないほどの賞品にジュニア達は大喜び。夏休みの思い出になったと思われる。

武蔵の池では一時薄日は差したが曇り。定刻の正午まで競技を開催。参加者は小学生の部はダブル登録があり16人。
-武蔵の池小学生上位-武蔵の池中高生上位
中・高生の部は3人の計19人。事務所内で開会式。成田副理事長が「暑さには気をつけてください。飲み物は冷やしたものが用意してあるので遠慮なく飲んでください。途中でパンとアイスを配ります」と普段では見られない姿で語りかけた。

小学生の部で優勝(昨年2位)した岡野昴征君と中・高生の部優勝の田山陽君、3位になった中島大輔君の3人は支度からエサ作り、取り込みまですべて自分で行っていた。手慣れた手つきで見事なもの。今回も女の子の参加が多かったが、将来自分でもやるかもしれないが、伴侶が釣りをする場合にはよき理解者になることだろう。

小貝川吉野は小学生の部12人+中高生の部3人の計15人。竿は7~9尺が多い。仕掛けは8割が下ハリス30~40センチの角麸セット。2割が短バリスのトロ巻きセット。
-小貝川吉野 集合写真
昔は保護者が釣って子に竿を手渡すケースが散見されたものだが、最近は小さな子でも竿を握り、真剣にウキを見つめている。広大な水面に短竿で「果たしてアタるのか?」の不安を打ち消すように、どのウキもいい動きを見せている。魚の活性はよく、竿を持っていかれたり、穂先を抜かれたり、そのたびに日研のオジサンは舟を出して回収にあたった。

小学生の部、中・高生の部ともに優勝は女子。中・高生の部の佐竹里穂さん(蕨支部・佐竹喜仁さんのご息女)は連続優勝。「将来は釣女を目指します」とのこと。

-長熊小学生上位-長熊中高生上位長熊釣堀センターは午前7時に北林総務部長が開会のあいさつ。5号桟橋を貸し切りにして両面を使う。短竿チョウチンか1メートルの浅ダナがほとんどで、エサは両ダンゴかトロ巻きセットが多数。

成績は小学生の部は激戦で上位4位までが1キロ程度の差しかなかった。一方、中・高生の部は5号桟橋の4号向き奥に入った林君が22.4キロのブッチギリで優勝した。今年は参加人数が少ない分、一人あたりの賞品はとても多かった。さらに抽選会でも全員に賞品が当たった。あずま支部の石毛さんがカブト虫とクワガタ虫のツガイを13ペア寄贈、ちょうど13人の参加で全員がゲット。高橋経理部長の閉会のあいさつで、無事終了した。
KEKKA
成績は別図参照。
〈日研広報部=報〉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 相模屋
    神奈川・相模原のフィッシング相模屋は12月31日まで歳末セールを開催している。 今年…
  2. はまぐりまつり
    12月17日(日)、鹿島灘はまぐり祭り実行委員会主催の第11回はまぐり祭りが鹿島灘漁業協同組合…
  3. 手ぶらタチウオ釣り大会
    12月22日、大阪・泉佐野のブルーマックスでは、「手ぶらで船釣りタチウオ釣り大会」を開催する。…
  4. フィッシングイチバン池田
    大阪・池田市にあるフィッシングイチバン池田では、12月18日、釣研×釣武者&tim…
  5. 浜野HC
    千葉県市原市にある浜野HCが第3回大型5枚検量大会を開催する。 要項は次の通り …
  6. 栃木県小山市にある吉森へら鮒センターが、ミニ賞金大会を開催する。 要項は次の通り …
  7. モーリス「ハードトップTiNICKS」
    チタンコーティングとスーパータフコーティングのW処理で、強さと超耐摩耗性能を兼ね備えた進化系高…
  8. ティムコ 「ジョイントワックス」
    ロッドのジョイント部をしっかりフィットさせ、緩みやガタつきを抑える。スピゴット(印籠継ぎ)・フ…
  9. ヒロキュー 「めっちゃ喰う!」シリーズ
    【トウモロコシ】 コーンペーストをたっぷり配合したアピール力抜群のトウモロコシイエロー。中…
  10. 週刊つりニュース関西版 2017年12月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒ベラ期待大」 水温がグッと下がり、管理池や釣り堀でもヘラブナの食…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る