「第5回南伊勢町フィッシングフェスティバル」開催 10月7日

「第5回南伊勢町フィッシングフェスティバル」

「第5回南伊勢町フィッシングフェスティバル2017堤防釣り大会&初心者向け釣り教室」〈主催・南伊勢町観光協会、日本釣振興会、後援・五ケ所湾釣船会など)が今年も開催される。
当日は、みえまぐろ養殖場見学(一般の人も当日参加可能)や解体ショー&試食、特産品販売など、たくさんのイベントが企画されており、昼食には南勢おかみの会のお弁当、マグロの刺し身やあおさのみそ汁などが振る舞われる予定だ。

  • とき…10月7日(土)
  • 集合場所…宿田曽地方卸売市場(三重県・南伊勢町宿浦1114-1)
  • 募集人数…150人※定員になり次第締切
  • 参加費…大人(中学生以上)2000円、小学生以下1000円
  • 競技方法…1匹長寸(タコ・イカは重量)
  • 対象魚…(1)キス・コチ・ハゼ、(2)クロダイ・マダイ、(3)カサゴ・メバル、(4)ハギ・グレ、(5)アジ・サバ、(6)イカ・タコ
  • 賞…6魚種+審査委員長賞。参加者全員に〝たいみー〟のマフラータオルプレゼント
  • 日程…受付・7時~8時/競技時間・受付後~12時/検寸・12時~13時/まぐろ解体・12時30分~13時/昼食・13時~14時/閉会式・14時~15時【

【その他のイベント】

  1. 釣り教室…受付後~10時。定員50人。事前に参加希望を伝える
  2. みえまぐろ養殖場見学…参加者は11時30分~12時。一般(500円)は12時出船、11時30分までに受け付けを行う
  3. 特産品販売…11時~
  • 申込方法…参加申し込み用紙に記入後、FAXかメール、郵送で連絡。持参してもOK。ホームページからも申し込み可能(http://www.minami-ise.jp)

▼申込・問い合わせ
〒516-0101三重県度会郡南伊勢町五ケ所浦3917
南伊勢町観光協会
TEL0599(66)1717、FAX0599(66)2477
メールinfo@minami-ise.jp

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. sasame
    2月25日、大阪・堺出島の夢フィッシングを利用して、チームヤイバ関西・大阪支部主催の「第1回チ…
  2. ebisudai_taikai
    1月10~31日の期間、神戸市立須磨・平磯海づり公園で「エビスダイ(コブダイ)釣り大会」が開催…
  3. shimanoJChera2018
    (株)シマノが、2018年シマノジャパンカップへら釣り選手権大会を開催する。 各地区予選・…
  4. 01_PHzebraglow_2
    多くのアングラーの意見で誕生したスローピッチジャークジギングに特化したメタルジグ。表裏・上下か…
  5. フォレスト
    エリアトラウト用ルアー「フィックス」はロッドの角度を固定したまま巻き速度で泳層を調整して釣るこ…
  6. モリースP
    探究者に贈る究極のソルトウォーターフィネスPEライン。ソルトウォーターフィネスの探究をコンセプ…
  7. 週刊つりニュース関西版 2018年1月26日号表紙
    ■今週のつり作戦 「魅惑のクロムツゲーム」 おいしい高級魚がザクザク! 中深海スロージ…
  8. 週刊つりニュース西部版 2018年1月26日号表紙
    ■今週のつり作戦 「冬の船釣り」 今週のつり作戦は、最新釣果情報と併せて、冬の船釣りに…
  9. 週刊へらニュース 2018年1月26日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「上大島ファミリー釣り場(神奈川)」 春夏秋冬を通して楽しめるヘラ…
  10. 週刊つりニュース関東版 2018年1月26日号表紙
    ■今週の特集 「ヤリイカ」 茨城~静岡まで幅広いエリアで釣れているヤリイカに注目。2面…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る