「2017サンラインカップ磯 和歌山串本大会」開催 和歌山・串本地区 12月2日

サンラインCUP磯

「2017サンラインカップ磯 和歌山串本大会」が、和歌山県の串本地区で開催される。
要項は次の通り 

  • 日時…12月2日(土)※予備日なし
  • 開催場所…和歌山県・串本地区
  • 集合場所…しょらさん渡船乗り場(和歌山県・串本町須江・白野港)
  • 募集人数…100人(先着順)
  • 参加資格…サンライン製品の愛好者であること。ただし20歳未満は保護者の承諾書が必要
  • 参加費…6000円(渡船代、保険代、参加賞代含む)※エサと昼食は各自で用意
  • 募集期間…9月19日(火)~11月19日(日)
  • 審査方法…対象魚はグレ。25センチ以上のグレ5匹の総重量(キーパーサイズは変更もある)。同量の場合は1匹長寸で決定。検量時等で不正が認められた場合は失格
  • 競技規定…サンラインのミチイトやハリスを使用。ウキのフカセ釣りに限る(ミャク釣り、カゴ釣りは禁止)。使用ザオは1本、予備ザオの携行はOK。仕掛けは自由(ハリは1本)。エサは自由。詳細は当日発表
  • 申し込み方法…大会名(2017サンラインカップ磯和歌山串本大会)、郵便番号、住所、氏名、年齢、性別、電話番号、本人以外の緊急連絡先電話番号、メールアドレス、よく利用する釣具店を記入してFAX(06-6947-7645)。同社ホームページ内の大会エントリーフォームからも可能
  • その他…規定寸法に満たない魚は釣り場でリリース。ライフジャケットと磯靴は必ず着用し、安全な装備で参加する

▼問い合わせ
サンライン関西支店
TEL06(6947)7636
ホームページ http://www.sunline.co.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関東版 2020年7月17日号表紙
    ■今週の特集 「マルイカ妙手」 繊細なアタリ、誘って掛けるゲーム性、食味がピカイチのマ…
  2. 週刊つりニュース西部版 2020年7月17日号表紙
    ■今週のつり作戦 「イカメタルゲーム」 近年、爆発的人気を呼んでいる「イカメタルゲーム…
  3. 週刊へらニュース 2020年7月17日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「粟原の溜池(茨城)」 梅雨時の釣りは何かとうっとうしく、手軽に楽…
  4. 週刊つりニュース中部版 2020年7月17日号表紙
    ■今週のつり作戦 「最盛期のアユ」 ~魅力はアタリと引きの強さ!! 瀬釣りをマスターし…
  5. 週刊つりニュース関東版 2020年7月10日号表紙
    ■今週の特集 「イサキ快竿」 梅雨といえばイサキ! 外房・大原 ニビヤ…
  6. 週刊へらニュース 2020年7月10日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「逆川(埼玉)」 新型コロナウイルスの影響で、都道府県をまたいだ移…
  7. 週刊つりニュース西部版 2020年7月10日号表紙
    ■今週のつり作戦 「海洋釣り堀」 今週のつり作戦は、夏休みにはみんなで楽しんでほしい「…
  8. 週刊つりニュース中部版 2020年7月10日号表紙
    ■今週のつり作戦 「夏色サーフへ!! 投げキス指南」 ~引きの強さに驚かされることも!…
  9. 週刊つりニュース関東版 2020年7月3日号表紙
    ■今週の特集 「マダコ絶好」 東京湾で昨年に続き、好調なマダコ。7月に解禁される地区も…
  10. 週刊つりニュース西部版 2020年7月3日号表紙
    ■今週のつり作戦 「海釣り公園特集」 今年はいつもの夏と様子が違うけれど、短くても夏休…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る