「第36回G杯争奪全日本がま磯(チヌ)選手権」結果リポート 岡山県倉敷市・下津井

優勝した波多瑞紀選手

9月3~5日、岡山県倉敷市・下津井で「第36回G杯争奪全日本がま磯(チヌ)選手権」=がまかつ主催=が開催された。今大会は、全国各地の予選を勝ち抜いた選手、がまかつ推薦、前年度までの成績上位シード選手の計36人で争われ、軽い仕掛けを使った苦手部分を克服するために、下津井まで足繁く通って練習していた波多瑞紀選手が初優勝を手にした。〈週刊つりニュース大阪本社・佐藤吉太朗〉

予選リーグ出場の皆さん
大会は3日に発会式、4日が予選リーグと敢闘祭、5日は決勝リーグ、決勝戦、3位決定戦、表彰式が行われた。

競技方法は、予選リーグは6人を1組として、6組に分かれて4試合を行い、最高勝ち数(規定サイズ以上のチヌの総重量によって決定)の選手が決勝リーグへと進む。

決勝リーグは予選リーグ各組1位の選手6人と、各組で2位の選手からポイントの高い上位2選手を合わせた計8人を2人1組として4組に分けて争われる。

そして、成績上位の選手1人ずつが準決勝へと進む。
予選リーグ、決勝リーグ、3位決定戦、決勝戦は1試合2時間で争われ、勝ち数が同じ場合は規定ポイントの総得点が多いほうを上位、総得点が同点の場合は総重量の多いほうを上位とするなどという大会規定のもと行われた。

決勝リーグまで進んだのは南康史選手、波多瑞紀選手、藤井夢人選手、三宅仁選手、久保野孝太郎選手、長野秀人選手、松下好博選手、川上修治選手の8人。

水温が高くチヌの活性が悪い日が続いているという状況。決勝リーグが行われた日も同じで、苦戦を強いられている選手がたびたび見られた。そのなかでも数少ないチャンスを物にして準決勝まで進んだのは波多瑞紀選手、藤井夢人選手、久保野孝太郎選手、川上修治選手。

準決勝では波多瑞紀選手以外の3人は釣果を出すことができなかったが、決勝トーナメントの結果から決勝戦は波多瑞紀選手、久保野孝太郎選手、3位決定戦は藤井夢人選手、川上修治選手で戦うこととなった。

決勝戦の舞台は福部小島。しかし、2時間が経過しても釣果はでなかったため、ここでも決勝トーナメントでいい成績を残した波多瑞紀選手が優勝を勝ち取り、久保野孝太郎選手が準優勝となった。

3位決定戦では2尾ずつの釣果となり、総重量の結果1520グラムを釣り上げた川上修治選手が、前回大会で優勝した藤井夢人選手を破り3位となった。

左から2位久保野孝太郎選手、1位波多瑞紀選手、3位川上修治選手波多瑞紀選手は、「下津井は潮の流れが速めのときがチヌの食いの上がるチャンスで、この時間は見逃さないようにした」と話し、4大会連続での表彰台となった波多瑞紀選手が悲願の初優勝を勝ち取った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関東版 2020年7月17日号表紙
    ■今週の特集 「マルイカ妙手」 繊細なアタリ、誘って掛けるゲーム性、食味がピカイチのマ…
  2. 週刊つりニュース西部版 2020年7月17日号表紙
    ■今週のつり作戦 「イカメタルゲーム」 近年、爆発的人気を呼んでいる「イカメタルゲーム…
  3. 週刊へらニュース 2020年7月17日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「粟原の溜池(茨城)」 梅雨時の釣りは何かとうっとうしく、手軽に楽…
  4. 週刊つりニュース中部版 2020年7月17日号表紙
    ■今週のつり作戦 「最盛期のアユ」 ~魅力はアタリと引きの強さ!! 瀬釣りをマスターし…
  5. 週刊つりニュース関東版 2020年7月10日号表紙
    ■今週の特集 「イサキ快竿」 梅雨といえばイサキ! 外房・大原 ニビヤ…
  6. 週刊へらニュース 2020年7月10日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「逆川(埼玉)」 新型コロナウイルスの影響で、都道府県をまたいだ移…
  7. 週刊つりニュース西部版 2020年7月10日号表紙
    ■今週のつり作戦 「海洋釣り堀」 今週のつり作戦は、夏休みにはみんなで楽しんでほしい「…
  8. 週刊つりニュース中部版 2020年7月10日号表紙
    ■今週のつり作戦 「夏色サーフへ!! 投げキス指南」 ~引きの強さに驚かされることも!…
  9. 週刊つりニュース関東版 2020年7月3日号表紙
    ■今週の特集 「マダコ絶好」 東京湾で昨年に続き、好調なマダコ。7月に解禁される地区も…
  10. 週刊つりニュース西部版 2020年7月3日号表紙
    ■今週のつり作戦 「海釣り公園特集」 今年はいつもの夏と様子が違うけれど、短くても夏休…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る