「第26回ペアへら鮒釣り大会上州屋&バリバスカップ」リポート 羽生市・つり処椎の木湖

★土井あかね

9月23日(土・祝)、埼玉県羽生市にあるつり処椎の木湖で「第26回ペアへら鮒釣り大会上州屋&バリバスカップ」が開催された。総重量部門と5回検量部門とに64組128人が参加。桟橋には終始笑顔があふれた。〈本紙・髙﨑〉

参加者一同
午前6時から受け付けを済ませた参加者は3、5号桟橋にペアで並んで入釣。前夜から早朝まで雨は残ったが、開始2時間ほどでやんだ。

★小見山美穂さん7時に開始。優勝を狙って一生懸命に釣りに集中するペアや、わきあいあいと楽しむペアもいて、参加スタイルは様ざま。

★岡田ファミリー&霧舟氏大会途中には、桟橋をエリアごとに区切ってのミニ早掛け大会を開催。この時ばかりは真剣にウキを見つめ、空振りやスレのたびに残念がる声があがった。

★山井豊&こず枝さん夫婦午後1時に競技終了。検量の結果、総重量部門は、小林恭之&宮沢明子ペアが合計73.85★植木魁人くんキロで優勝した。5回検量部門は、藤田祐司&藤田利恵子ペアが合計10.71キロで優勝した。

表彰式では上位賞、飛び賞にバリバス大会限定カラーのバッグ、上州屋商品券をはじめ多数の豪華賞品が贈られた。さらに当日賞は、ヘラウキ「霧舟」を作者自ら贈呈。

そして最後は恒例お楽しみ抽選会&ジャンケン大会が行われ盛況のうちに閉会した。

上位成績は別表の通り。
総重量部門五回検量部門
jyoui
★酒井崇太郎くん大会と並行して初心者対象の「へら鮒釣り教室」が同時開催された。午前7時から事務所2階でヘラ釣りの基本、仕掛けを勉強していざ桟橋へ。上州屋スタッフをはじめ、モーリスフィールドテスターの橋本幸一さん、伊藤宏二さんも先生に加わる。
★宮崎健太くん
実釣しながらの指導は初心者に最適で、受講者全員がメキメキと上達。昨年教室に参加した酒井崇太郎君は今回ペア大会の方へ参加。橋本先生の好指導のおかげで大型をゲットしていた。
釣り教室の道具一式
なお、釣り教室で使用した用品一式は終了後持ち帰ることができる。ぜひ次回の開催には、読者の皆さんの家族や友人のヘラ釣り初心者を連れて一緒に参加してみてはいかが。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関東版 2020年7月10日号表紙
    ■今週の特集 「イサキ快竿」 梅雨といえばイサキ! 外房・大原 ニビヤ…
  2. 週刊へらニュース 2020年7月10日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「逆川(埼玉)」 新型コロナウイルスの影響で、都道府県をまたいだ移…
  3. 週刊つりニュース西部版 2020年7月10日号表紙
    ■今週のつり作戦 「海洋釣り堀」 今週のつり作戦は、夏休みにはみんなで楽しんでほしい「…
  4. 週刊つりニュース中部版 2020年7月10日号表紙
    ■今週のつり作戦 「夏色サーフへ!! 投げキス指南」 ~引きの強さに驚かされることも!…
  5. 週刊つりニュース関東版 2020年7月3日号表紙
    ■今週の特集 「マダコ絶好」 東京湾で昨年に続き、好調なマダコ。7月に解禁される地区も…
  6. 週刊つりニュース西部版 2020年7月3日号表紙
    ■今週のつり作戦 「海釣り公園特集」 今年はいつもの夏と様子が違うけれど、短くても夏休…
  7. 週刊へらニュース 2020年7月3日号表紙
    「三名湖(群馬)」 水位がほぼ満水状態まで回復した群馬県藤岡市にある三名湖。二の入江ロープ…
  8. 週刊つりニュース中部版表紙
    ■今週のつり作戦 「テナガエビ&ハゼ楽釣」 ~どちらもこれから最盛期!! 木曽川で遊ぼ…
  9. 週刊へらニュース 2020年6月26日号表紙
    「水元小合内溜(東京)」 東京都葛飾区の水元公園にある水元小合内溜は数よりも型が魅力。両ダ…
  10. 週刊つりニュース関東版 2020年6月26日号表紙
    ■今週の特集 「梅雨こそ狙いめ」 【特別企画】 ・短期連載 人生最高フィッシング …

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る