ダイワ 「アナリスターカワハギ」

ダイワ 「アナリスターカワハギ」

持ち重り感にこだわって設計された軽量ブランクスは、持った瞬間にクラスを超えたポテンシャルを感じさせる。特にカワハギ釣りにおいて、この軽さは感度と操作性に直結、釣果へと結びつく。

ブランクスには目に見えないロッドのネジレを防いで本来の性能を発揮させる「X45」構造を採用、意のままにキビキビと扱える高い操作性とリフティングパワーを備える。

穂先はダイワ独自のカーボンソリッド「メガトップ」製。視覚で捉える「目感度」と手に伝わる「手感度」の双方で繊細なアタリを逃さずキャッチし、ライバルに差をつけるハイレベルな釣りを可能にする。

7対3調子は食わせやすさを重視。スローテーパーな穂先によりアタリをはじかずオートマチックに食わせやすい調子。中オモリの様子やアタリをしなやかな穂先が大きく表現してくれる目感度にも優れている。

8対2調子はスタンダード。釣り方を選ばずバランスよく対応するオールラウンダー。穂先の適度なしなやかさと穂持ちからのパワーが食わせの間を取りやすく、誘いやすいバランスを実現。

9対1調子は操作性重視。 釣り人の狙い通りの操作をブレなく伝え、アタリに対してタイムロスなくアワせることが可能。高い手感度が宙でも底でも魚の気配を伝えてくれる。操作性重視の釣りには最適な攻め調子。

メーカー希望本体価格¥2万4000。
daiwa_spec
ダイワお客様センター
TEL0120-506204

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 美しいアマゴに会いに行こう
    週刊つりニュース各版 2019年2月18日(月)発売 編集部から …
  2. 週刊つりニュース関西版 2019年2月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流釣り解禁特集」 北陸など一部ではすでに解禁済みの河川もあるが、…
  3. 週刊つりニュース関東版 2019年2月22日号表紙
    ■今週の特集 「メバル」 春告魚と呼ばれるメバルが東京湾で開幕。モエビエサやルアーでの…
  4. 週刊つりニュース中部版 2019年2月22日号表紙
    今週号は「3月渓流解禁特集」 2月1日に開幕を迎えた渓流釣り。3月からはさらに多くの河川が…
  5. 週刊へらニュース 2019年2月22日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「北本総合公園の池(埼玉)」 立春が過ぎ、ヘラ釣りのビッグイベント…
  6. 週刊つりニュース西部版 2019年2月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流解禁直前特集」 今週のつり作戦は、お待ちかねの渓流解禁直前大特…
  7. 週刊つりニュース関東版 2019年2月15日号表紙
    ■今週の特集 「ヤリイカ」 ファン待望の釣趣&食味が魅力のヤリイカが本格化。 茨城…
  8. 週刊つりニュース関西版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「フカセ釣りでチヌと勝負」 大阪湾の波止では、寒チヌがシーズン本番!…
  9. 週刊つりニュース西部版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒グロ釣り」 今週のつり作戦は、ウキ・フカセ釣りで狙うクロにスポッ…
  10. 週刊へらニュース 2019年2月15日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「道の口沼(千葉)」 一年で最も寒い季節であり、野釣りはどの釣り場…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る