ダイワ 「アナリスターカワハギ」

ダイワ 「アナリスターカワハギ」

持ち重り感にこだわって設計された軽量ブランクスは、持った瞬間にクラスを超えたポテンシャルを感じさせる。特にカワハギ釣りにおいて、この軽さは感度と操作性に直結、釣果へと結びつく。

ブランクスには目に見えないロッドのネジレを防いで本来の性能を発揮させる「X45」構造を採用、意のままにキビキビと扱える高い操作性とリフティングパワーを備える。

穂先はダイワ独自のカーボンソリッド「メガトップ」製。視覚で捉える「目感度」と手に伝わる「手感度」の双方で繊細なアタリを逃さずキャッチし、ライバルに差をつけるハイレベルな釣りを可能にする。

7対3調子は食わせやすさを重視。スローテーパーな穂先によりアタリをはじかずオートマチックに食わせやすい調子。中オモリの様子やアタリをしなやかな穂先が大きく表現してくれる目感度にも優れている。

8対2調子はスタンダード。釣り方を選ばずバランスよく対応するオールラウンダー。穂先の適度なしなやかさと穂持ちからのパワーが食わせの間を取りやすく、誘いやすいバランスを実現。

9対1調子は操作性重視。 釣り人の狙い通りの操作をブレなく伝え、アタリに対してタイムロスなくアワせることが可能。高い手感度が宙でも底でも魚の気配を伝えてくれる。操作性重視の釣りには最適な攻め調子。

メーカー希望本体価格¥2万4000。
daiwa_spec
ダイワお客様センター
TEL0120-506204

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊へらニュース 2020年6月5日号表紙
    「本紙初登場! 白竜湖(山形)」 山形県南陽市にある白竜湖は、湿地帯の中にある周囲3.5キ…
  2. 週刊つりニュース関東版 2020年6月5日号表紙
    ■今週の特集 「やっぱ釣りだね!!」 ・華麗なるマス料理 ・トモ釣りの名手が解説 …
  3. 週刊つりニュース西部版 2020年6月5日号表紙
    ■今週のつり作戦 「梅雨グロ」 梅雨(つゆ)の季節がもう間もなくやってくる。うっとうし…
  4. 週刊つりニュース中部版 2020年6月5日号表紙
    ■今週のつり作戦 「小アユ輝く!! お手軽さが最大の魅力」 ~舞台は琵琶湖へ流入する河…
  5. 週刊つりニュース関東版 2020年5月29日号表紙
    ■今週の特集 「アユ香る季節」 ・アユトモ釣り名手の「タフ条件下」攻略術 小沢聡 …
  6. 週刊へらニュース 2020年5月29日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「三名湖(群馬)」 新型コロナウイルスの影響で一時休業していた三名…
  7. 週刊つりニュース西部版 2020年5月29日号表紙
    ■今週のつり作戦 「バスフィッシング」 絶大な人気を誇るバスフィッシング。手軽に楽しめ…
  8. 週刊つりニュース中部版 2020年5月29日号表紙
    ■今週のつり作戦 「イカダ&カセで狙うカカリ釣りクロダイ盛期へ」 ~梅雨の声が聞かれる…
  9. 週刊つりニュース関東版 2020年5月22日号表紙
    ■今週の特集 「やっぱり釣りが好き」 海から淡水まで各地で上昇中 ・釣…
  10. 週刊へらニュース 2020年5月22日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「水沼ダム(茨城)で陸釣りを楽しむ」 茨城県にある水沼ダムは釣り場…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る