シマノ「へらバッグXTシリーズ」リニューアル

51922_lineup

シマノの「へらバッグXTシリーズ」が完全リニューアルして好評発売中。

「へらバッグXT」は、機能性と高級感を両立しつつ、従来モデルより約15パーセント軽量化。

水や汚れに強い防水生地を採用、手入れが容易。裏生地は粉末エサの汚れが目立ちにくいグレーカラー+プリント模様。
開閉しやすい太番手ファスナーを採用。内部は丸洗いできる着脱式ハードインナー、上フタは開いた状態で固定できるステー機構付き。

ストラップ部分は滑りにくく、肩への食い込みを軽減する新形ショルダー状パッドを使用。

「へらロッドケースXT」もバッグと同仕様でリニューアル。

すっきり見えるテーパー形状。大スペース部分には竿が約13セット収納可能。側面には、従来モデルよりしっかり固定できるパラソルホルダーを装備。ストラップは肩部の滑り止めで、背負いやすく移動しやすい。

バッグとロッドケースの併用時でも、両方のパッドにある滑り止めでしっかりホールドできる。また、着脱式のショルダーベルトは位置を変えることで、2種類の背負い方(縦、横方向)が可能(左右対応)ほかにも、釣り場や状況に合わせて座面を2分割できる「へらクッションXT」(50リットルバッグの内部に収納可能)、マグネット式で素早い開閉が可能なフロップ付きのエサバッグ「へらサブバッグXT」も同時にフルリニューアルしてラインナップ。

カラーは共にサファイアブルー、カーボンブラックの2種類。

「へらバッグXT」は40リットルと50リットルの2タイプ、本体価格¥2万8700~3万1200。
「へらロッドケースXT」は2層式と3層式の2種類、本体価格¥2万3700~2万6200

▼問い合わせ
シマノ
フリーダイアル0120(86)1130

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 美しいアマゴに会いに行こう
    週刊つりニュース各版 2019年2月18日(月)発売 編集部から …
  2. 週刊つりニュース関西版 2019年2月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流釣り解禁特集」 北陸など一部ではすでに解禁済みの河川もあるが、…
  3. 週刊つりニュース関東版 2019年2月22日号表紙
    ■今週の特集 「メバル」 春告魚と呼ばれるメバルが東京湾で開幕。モエビエサやルアーでの…
  4. 週刊つりニュース中部版 2019年2月22日号表紙
    今週号は「3月渓流解禁特集」 2月1日に開幕を迎えた渓流釣り。3月からはさらに多くの河川が…
  5. 週刊へらニュース 2019年2月22日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「北本総合公園の池(埼玉)」 立春が過ぎ、ヘラ釣りのビッグイベント…
  6. 週刊つりニュース西部版 2019年2月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流解禁直前特集」 今週のつり作戦は、お待ちかねの渓流解禁直前大特…
  7. 週刊つりニュース関東版 2019年2月15日号表紙
    ■今週の特集 「ヤリイカ」 ファン待望の釣趣&食味が魅力のヤリイカが本格化。 茨城…
  8. 週刊つりニュース関西版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「フカセ釣りでチヌと勝負」 大阪湾の波止では、寒チヌがシーズン本番!…
  9. 週刊つりニュース西部版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒グロ釣り」 今週のつり作戦は、ウキ・フカセ釣りで狙うクロにスポッ…
  10. 週刊へらニュース 2019年2月15日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「道の口沼(千葉)」 一年で最も寒い季節であり、野釣りはどの釣り場…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る