「第38回G杯争奪全日本がま投キス選手権」結果リポート 愛知県田原市の堀切海岸で渡辺慎二選手が初優勝

「第38回G杯争奪全日本がま投キス選手権」決勝大会

10月2日(月)、第38回G杯争奪全日本がま投キス選手権=主催がまかつ=が、愛知県田原市の堀切海岸で開催された。全国6会場での予選を勝ち上がった27選手とシード3選手の合計30選手が出場。予選3試合を勝ち抜いた選手6人による決勝戦では、渡辺慎二選手(宗像市)が、2位に1尾差という混戦を制して見事初優勝を果たした。

当日は朝から風速7メートルの強風と雨で最悪なコンディション。予選は抽選で10人ずつA、B、Cの3組に分かれる。午前5時50分スタート。各ブロックで90分、3試合の総匹数で各組上位2選手が決勝に進む。全国の兵(つわもの)たちが予選から熱い戦いを繰り広げた。

Ghai_kisu_kessyouA組は米田和人選手が13尾、本間剛選手が10尾。B組は渡辺慎二選手が9尾、駒澤之也選手が8尾。C組は高橋明男選手が11尾、真木志郎選手、上井哲男選手、大野正浩選手が9尾で並び、総重量差で真木選手が予選を突破した。

午後12時30分決勝戦開始。午後も強風と2メートルはあろう大波が選手を苦しめる。そのなかでも決勝に上がった歴戦の達人たちはキスを掛けていった。

午後2時、決勝戦終了。渡辺慎二選手が、後半怒とうの追い上げで、合計6尾を上げ見事優勝した。

渡辺選手は第36回大会2位、第37回大会3位という好成績を残しており、今回で3大会連続表彰台を達成。今回の初優勝が決まった瞬間は「やったー」と両手を天高く上げ、表情は感極まっていた。
Ghai_kisu_jyoui
決勝戦では4色(1色25メートル)を投げ、3色を重点的に攻める。流れが緩むポイントでキスのアタリを待った。前日には孫の南帆(みなほ)ちゃんと詩月(しずき)ちゃんからスマートフォンに「じいじ頑張れー!」と激励の動画が届いて、優勝の原動力になったとのことだ。

なお2位は5尾で本間剛選手。3位は4尾で駒沢之也選手だった。

〈週刊つりニュース中部本社・鈴木〉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 重要なお知らせ
  2. 週刊へらニュース 2021年3月5日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「間瀬湖(埼玉)」 春とは名ばかりで今だ厳しい釣りを強いられる埼玉…
  3. 週刊つりニュース関東版 2021年3月5日号表紙
    ■今週の特集 「ヤリイカ端麗」 繊細なアプローチでイカの女王に接近! …
  4. 週刊つりニュース西部版 2021年3月5日号表紙
    ■今週のつり作戦 「クロ釣り」 陸上では春の日差しも感じられる日も増え始めたが、海中は…
  5. 週刊つりニュース中部版 2021年3月5日号表紙
    ■今週のつり作戦 「ジャンボヒガンを狙い撃て」 ~カットウフグ大型狙いの季節! 食わせ…
  6. 週刊つりニュース関東版 2021年2月26日号表紙
    ■今週の特集 「渓流解禁特集」 寒い冬が終わり、春の足音が聞こえてきた。いよいよ各地で…
  7. 週刊つりニュース西部版 2021年2月26日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流解禁直前特集」 今週のつり作戦は、渓流釣りファン春の一大イベン…
  8. 週刊へらニュース 2021年2月26日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「作田川(千葉)」 立春を過ぎても寒い日が続いているが、常連が足し…
  9. 週刊つりニュース中部版 2021年2月26日号表紙
    今週号は「3月渓流解禁特集」 2月1日に開幕を迎えた渓流釣り。3月からはさらに多くの河川が…
  10. 週刊つりニュース関東版 2021年2月19日号表紙
    ■今週の特集 「沖釣り元気」 コロナ禍も魚たちには無関係。春に向かって元気なターゲット…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る