東京湾遊漁船業協同組合「メバルの稚魚約1万3000尾」羽田沖浅場海域に放流

放流7放流B

11月7日(火)、東京湾遊漁船業協同組合(飯島正宏理事長)は、メバルの稚魚約1万3000尾を羽田沖浅場海域などに放流した。この放流は、東京港埠頭(株)の委託を受けて、同協同組合が放流事業として毎年実施しているもの。

当日は、放流するメバルの稚魚を輸送してきたトラックが午前8時前に大森のまる八桟橋に到着。組合員が、放流する1万3000尾のうち、2500尾にタグ打ちを行った。タグ打ちは、その後の追跡調査などで、生育状況等を確認するために行われるもので、今年は「赤色」で年号が記入されている。

午前9時、総合学習、社会体験の一環として、大田区立開桜小学校の4年生100人が桟橋に到着。組合員から、メバルや放流についての説明を受け、メバルのタグ打ち作業、水槽内の稚魚観察などを行った。その後、生徒全員で、バケツリレーにより、放流するメバルの稚魚を、トラックから船に運び込んだ。

この日、桟橋に集結した釣り船は3艘。それぞれに、放流魚を積み込み、小学生も分乗して出船。羽田沖へ。合図を受けて一斉にメバルの稚魚を放流した。

桟橋に戻った子どもたちは、「東京湾にメバルを放すことができるなんて、こんな貴重なことができて、ありがとうございます」、「船に乗れて楽しかった」などと感想を述べた。

同協同組合の飯島理事長は「こうした機会に身近にある東京湾についての理解も深めてもらい、豊かな東京湾を守り、育てていくという意識をもってもらえればうれしい」とあいさつして、放流事業は無事終了した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. モーリス「ハードトップTiNICKS」
    チタンコーティングとスーパータフコーティングのW処理で、強さと超耐摩耗性能を兼ね備えた進化系高…
  2. ティムコ 「ジョイントワックス」
    ロッドのジョイント部をしっかりフィットさせ、緩みやガタつきを抑える。スピゴット(印籠継ぎ)・フ…
  3. ヒロキュー 「めっちゃ喰う!」シリーズ
    【トウモロコシ】 コーンペーストをたっぷり配合したアピール力抜群のトウモロコシイエロー。中…
  4. 週刊つりニュース関西版 2017年12月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒ベラ期待大」 水温がグッと下がり、管理池や釣り堀でもヘラブナの食…
  5. 週刊つりニュース西部版 2017年12月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒グロ序盤戦」 北西風が威力を増してくると、クロ釣り師にとっては待…
  6. 週刊つりニュース関東版 2017年12月15日号表紙
    ■今週の特集 「コマセマダイ」 そろそろ年末年始の釣行準備! 祝魚・マ…
  7. 週刊へらニュース 2017年12月15日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「大落古利根川(埼玉)」 日ごとに寒さが厳しくなり、止水域は苦戦す…
  8. 週刊つりニュース中部版 2017年12月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「沖釣り!! 寒ビラメ躍る季節」 ~人気上昇中の泳がせ釣りでトライ(…
  9. 最年少チャンピオンになった佐々木選手
    11月25日(土)、東京湾・久比里で開催された「ダイワカワハギオープン(DKO)2017」決勝…
  10. フィッシング遊
    フィッシング遊主催の「ファミリー&カップルトラウト釣り大会」が愛知県一宮市の北方・川釣…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る