「ヘドンストリートスズカマツリ」開催 フィッシング遊 鈴鹿店・名古屋北店

店内で開催された八百坂浩司氏の原画展01

フィッシング遊鈴鹿店が取り組む「ヘドンストリートスズカ」の3周年を記念し、ヒロ内藤さんと釣魚画家の八百板浩司さんを迎え、10月27日は鈴鹿店、28日は名古屋北店で「ヘドンストリートスズカマツリ」を開催した。
ヒロ内藤氏と八百坂浩司氏を迎え開催
ヘドンストリートスズカのテーマは「原点回帰」。ルアーの歴史に始まり、特徴、性能、使い方まで、バスアングラーだけでなく、すべてのルアーフィッシャーマンに本当のルアーフィッシングの楽しさを伝えたいという考えから生まれ、ヒロ内藤さんの協力のもと、アメリカンルアーを軸に今のルアーフィッシャーマンに提案し続けている。

ヘドンストリートマツリのメーンは、八百板浩司さんがヒロ内藤さんから預かった、ヘドン創設者ジェームス・ヘドンさんの子息ウィル・ヘドンさんが亡くなる前まで使用していたラッキー13が収められた、八百板さん作成のアートボックスの展示だ。
店内で開催された八百坂浩司氏の原画展02
歴史のなかでも博物館級の大変貴重なルアー。この秋、持ち主のヘドンさんに返却されるので、日本で見るのはこれが最後のチャンスとなる。ルアーを直に見た人たちは、その歴史、重みに思いを馳せたことだろう。

また、全国の釣具店では初めて八百板浩司さんの原画も複数展示。その生の迫力・緻密さ、絵が訴えかける情熱に、来場者は足を止めずにはいられない様子だった。

八百板浩司さんのグッズ販売、28日はヒロ内藤さんが全国5カ所で行っている「ヒロ内藤流ルアー塾」も開催され、ヘドンストリートスズカマツリはたくさんの来場者の笑顔で幕を閉じた。

ルアーや絵画を見る真剣なまなざし、そして帰るときの満足感ただよう笑顔。老若男女を問わず、歴史や絵画など釣りの文化としての側面を提案できたと思っている。アサヒレジャーは、今後もヘドンストリートスズカを通じ、新たな提案にチャレンジしていきたい。

(アサヒレジャー=報)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. sasame
    2月25日、大阪・堺出島の夢フィッシングを利用して、チームヤイバ関西・大阪支部主催の「第1回チ…
  2. ebisudai_taikai
    1月10~31日の期間、神戸市立須磨・平磯海づり公園で「エビスダイ(コブダイ)釣り大会」が開催…
  3. shimanoJChera2018
    (株)シマノが、2018年シマノジャパンカップへら釣り選手権大会を開催する。 各地区予選・…
  4. 01_PHzebraglow_2
    多くのアングラーの意見で誕生したスローピッチジャークジギングに特化したメタルジグ。表裏・上下か…
  5. フォレスト
    エリアトラウト用ルアー「フィックス」はロッドの角度を固定したまま巻き速度で泳層を調整して釣るこ…
  6. モリースP
    探究者に贈る究極のソルトウォーターフィネスPEライン。ソルトウォーターフィネスの探究をコンセプ…
  7. 週刊つりニュース関西版 2018年1月26日号表紙
    ■今週のつり作戦 「魅惑のクロムツゲーム」 おいしい高級魚がザクザク! 中深海スロージ…
  8. 週刊つりニュース西部版 2018年1月26日号表紙
    ■今週のつり作戦 「冬の船釣り」 今週のつり作戦は、最新釣果情報と併せて、冬の船釣りに…
  9. 週刊へらニュース 2018年1月26日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「上大島ファミリー釣り場(神奈川)」 春夏秋冬を通して楽しめるヘラ…
  10. 週刊つりニュース関東版 2018年1月26日号表紙
    ■今週の特集 「ヤリイカ」 茨城~静岡まで幅広いエリアで釣れているヤリイカに注目。2面…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る