「ルック&ダクロンカップ」羽生市・羽生吉沼で初開催 静野圭一さんが優勝

ルック&ダクロンカップ

11月4日(土)、ルック&ダクロンタカモト主催「ルック&ダクロンカップ」が、埼玉県羽生市にある羽生吉沼で初開催された。参加41人。前・後半戦での総重量で競った結果、静野圭一さんが優勝した。〈本紙・髙﨑〉

look_01
昨年に新体制で再始動したラインブランド「ルック&ダクロン」。その記念すべき第1回釣り大会が開催された。

韓国からはフィールドテスターのイムさん(М1カップ優勝)、シンさん(ダイワマスターズ準優勝)も来日参加。さらに中国国営テレビも取材に訪れるなど、海外での同大会への注目度は高い。
look_02
赤城桟橋を使用。ルールは、午前7時~午後2時30分まで前半と後半(途中一斉休憩後、釣り座移動)の合計総重量を競う。関東を通過した台風の影響はなく、秋晴れに恵まれた。

look_tackle7時の競技開始からポツポツと竿は曲がり、良型が顔を出す。大会途中には早掛け大会も開催され大いに盛り上がった。

競技の結果、フィールドテスターの静野圭一さんが前・後半ともにトップ釣果で、計30.67キロで初代チャンプに輝いた。釣り方は竿8尺ウドンセットのカッツケ釣り。ラインはナポレオンを使用し、ナイロンならではのしなやかさを利用し、軽いバラケで小さなアタリを狙ったという。
look_00
表彰式で上位入賞者へ優勝カップが贈られ、抽選会では参加者全員に賞品が贈られた。

look_kekka上位の成績は別表参照。

▼羽生吉沼
TEL048(565)1224

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関東版 2020年2月28日号表紙
    ■今週の特集 「渓流解禁特集」長野・湯川ほか おすすめ河川紹介 渓流解禁一覧表 …
  2. 週刊つりニュース西部版 2020年2月28日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流解禁直前特集」 今週のつり作戦は、渓流釣りファンお待ちかねの渓…
  3. 週刊へらニュース 2020年2月28日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「土浦新川(茨城)」 今年は暖冬なうえ2月13日以降は春本番のよう…
  4. 週刊つりニュース中部版 2020年2月28日号表紙
    今週号は「3月渓流解禁特集」!! 2月1日に開幕を迎えた渓流釣り。3月からさら…
  5. 週刊つりニュース関東版 2020年2月21日号表紙
    ■今週の特集 「メバル春告」 ~メバル釣れたか 桜はまだか~ エサ、ルアーで楽しむ…
  6. 週刊へらニュース 2020年2月21日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「袋のため池(千葉)」 記録的暖冬での釣りの釣況は不安定だ。暖かい…
  7. 週刊つりニュース西部版 2020年2月21日号表紙
    ■今週のつり作戦 「磯クロ釣り」 今週のつり作戦は、まだまだ厳しい寒さが続く中、ますま…
  8. 週刊つりニュース中部版 2020年2月21日号表紙
    ■今週のつり作戦 「メバルプラッギングに挑戦」 ~ハイシーズンは表層攻略!! アクショ…
  9. 週刊つりニュース関東版 2020年2月14日号表紙
    ■今週の特集 「ヤリイカ凛然」 ~凛とした冬の空気に映える水しぶき~ 相模湾・長井…
  10. 週刊つりニュース西部版 2020年2月14日号表紙
    ■今週のつり作戦 「陸っぱりエギング・アオリイカ」 今週のつり作戦は、人気の陸っぱりエ…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る