「第91回照楽園カワハギ釣り会」結果リポート 和竿で31尾釣った桃井さん優勝 久比里夫婦橋出船

高校1年生の曽根さん

11月26日(日)、東京湾久比里夫婦橋の船宿で、「平成29年度第91回照楽園カワハギ釣り会」が開催された。主催はフィッシングショップ照楽園、協賛はがまかつ横浜竿の汐よし

午前6時ごろから各自エサのアサリを剥くなど準備をし、24人が乗船して7時30分に河岸払い。天候は晴れだが南西の強風でポイントは限られ、浦賀~久里浜沖の水深20~23メートルを集中的に狙う。

10メートルを超える風で船が揺れるなか、8時前にスタート。イトがフケないように気を付けながら底を取っていると、すぐにアタリ。15~18センチが連発する。
小型が多い中、中村重治さんが一荷左舷トモ2番の中村重治さんは「小ぶりが多いので枝スは2号。これより太いと食いが悪いね。でも大きいのがきたらハリス切れ…。悩みどころですね。ハリはフックの4.5号です」と一荷を披露。
三宅さん一荷三宅健治さんも照楽カワハギSP215で一荷。11時ごろ満潮の上げ潮で、活性は高くそれまでに10尾以上の人も。

潮止まりは一時食い渋ったが、正午をすぎたころから再び活発化。あいにく風は13メートルほどと強まり波が高くなったが、パターンがつかめると連釣ペースに。

舟べりが高く釣づらそうだった左舷ミヨシの松岡豊さんは「午前中は6尾。下バリばかりに掛かっていたの後半は中オモリ3号を使い、はわせて狙ったら入れ掛かりの7連発。ハリは鬼攻のませタイプの4号です」とトータル27尾で2位に。ウネリが高くなった時間に一人勝ちしている様子は注目の的だった。

手塚さんも一荷左舷3番の手塚由起雄さんは「底ベタがよかったです。照楽園の特製仕掛けで、広速4号にしたら一荷できました」。前半12尾、後半13尾の計25尾で3位に。

高校1年の曽根匠馬さんは4回目ながら22尾で6位と将来が期待される腕前。

優勝した桃井さん終日、汐よしの和竿を使っていた桃井利直さんは正午過ぎから一荷を2回交えて追い上げ、31尾で1位となった。

納竿の午後2時30分まで風がやむことはなかったが終始本命が上がる大会だった。

風が強いなか24人が楽しんだ3時に帰着し、3時30分から表彰式。全員に賞品が贈られ散会した。成績は以下の通り(敬称略)。

  1. 桃井利直 31尾
  2. 松岡豊 27尾
  3. 手塚由起雄 25尾
  4. 中村忠男 25尾
  5. 中村重治 23尾
  6. 曽根匠馬 22尾
  7. 小山紀美 20尾
  8. 前橋賢治 20尾
  9. 佐々木広幸 19尾
  10. 三宅健治 19尾

総計350尾、平均14.58尾

光野さんが連チャン泉田さんの一荷▼問い合わせ
フィッシングショップ照楽園

〈本紙・青砥一生〉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース中部版 2018年12月14日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒グレ攻略!! 難易度変わる期間ごとに徹底解説」 ~水温変動する初…
  2. 週刊つりニュース西部版 2018年12月14日号表紙
    ■今週のつり作戦 「ボート・メバル(ルアー)」 近年、ソルトゲームターゲットの中でも人…
  3. 週刊へらニュース 2018年12月14日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「横利根川網外(佐原向地)」 寒さが増し各釣り場の釣果が下降気味に…
  4. 週刊つりニュース関西版 2018年12月14日号表紙
    ■今週のつり作戦 「船・ボートでカワハギ絶好」 エサ取り名人と言われれば、どんな魚を思…
  5. 週刊つりニュース関東版 2018年12月14日号表紙
    ■今週の特集 「ヤリイカ」 上品な食味で人気のヤリイカ。相模湾をホームグラウンドにして…
  6. 週刊つりニュース西部版 2018年12月7日号表紙
    ■今週のつり作戦 「海洋釣り堀特集」 街中ではクリスマスソングが流れる季節、すぐに大晦…
  7. 週刊つりニュース関東版 2018年12月7日号表紙
    ■今週の特集 「タチウオ」 エサ、ルアーなどさまざまな方法で楽しめ、テクニカルな釣趣で…
  8. 週刊つりニュース関西版 2018年12月7日号表紙
    ■今週のつり作戦 「海上釣り堀へいざ」 年末年始でマダイの需要が高まるこの時期、海上釣…
  9. 週刊つりニュース中部版 2018年12月7日号表紙
    ■今週のつり作戦 「投げカレイ!! 重量感あふれる冬の使者を狙え」 ~本格シーズン突入…
  10. 週刊へらニュース 2018年12月7日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「大堀川(千葉)」 千葉県柏市を流れる大堀川が面白い。マブナや半ベ…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る